12月、ようやく冬らしさが世の中を包み込み、街では防寒する人達が多くなってきました。

そして冬の寒さを実感するとともに、訪れるXmas。

親しい友人、家族、そして恋人に、

プレゼントをお考えの方もこの時期は多いではないでしょうか。

メンズブランドである私たちのお店にも、女性のお客様の御来店がいつもより多いように感じるこの頃です。

プレゼント選びはいつ選んでも慣れないもの、、、

今回は FREEMANS SPORTING CLUB がお勧め致しますプレゼントをご紹介させて頂きます。

贈り物をお探し中の方、これから探す方へお役に立てればと思います。

 

IMGP1793

IMG_1924

IMG_1916

 

【 FREEMANS SPORTING CLUB × LOOPWHEELER  CN SWEAT

PRICE:¥15,000+TAX 】

日本製のスウェット” ループウィラー “との別注シャツ、カラーも豊富にご用意しております。

柔らかな生地感は安心する着心地の良さで一度着用するとクセになるほど、、、

上質な素材、ゆるすぎない綺麗なシルエットはまさに大人な一着です。

 

 

IMGP1774

 

【 FREEMANS SPORTING CLUB × SEIKO-05

PRICE:¥40,000+TAX 】

時計は拘りの主張として身に付ける男性は多いことでしょう。

そんな男性にもきっと響くであろうセイコーのダイバーズウォッチ。

クリーンな白の文字盤は気品を感じさせ、大きすぎないフォルムがお仕事、プライベートでも使いこなせます。

確かな性能を持つセイコーの時計は、拘りのある男性にきっと響くはず。

 

IMGP1797

 

【 FREEMANS SPORTING CLUB  ORDER SHIRTS TICKET

PRICE:¥24,000+TAX 】

フリーマンズスポーティングクラブのオーダーシャツを体感して頂けるギフトチケット。

男なら誰しもが一度は憧れ、仕立ててみたいものです。日々のお仕事用に特別な一枚をぜひ。

※詳しくは店頭スタッフまでお問い合わせ下さいませ。

 

 

IMGP1758

 

プレゼントのラッピングも承っておりますので、

GINZA SIX店、TOKYO店にお気軽にお立ち寄り下さいませ。

 

御来店お待ちしております。

 

 

TEXT BY YUSUKE MATSUOKA

 

※FREEMANS SPORTING CLUB では店舗通販も承っております。 Blogなどで見た商品の詳細や在庫状況等につきましても、お気軽にお電話にて下記番号までお問い合わせくださいませ。

●お支払い方法:現金、クレジットカードがご利用頂けます。

●発送方法:FREEMANS SPORTING CLUB 各店舗より、ヤマトのコレクト発送(代引き発送)となります。

●お支払い金額:商品合計金額+代引き手数料330円+送料全国一律330円 ※税込¥5,000円以上ご購入で、送料一律330円を無料とさせて頂いております。

 

お問い合わせ先 :

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924

 

日を追う毎に寒く、そろそろ欲しくなってくるコート。

私ごとではありますが、毎年欲しいとは思いつつ、なかなか自分のイメージに合うものが見つからず手を出せず仕舞いでおります。

コートと言っても様々な物があるので迷うんですよね。

Pコート、ダッフルコート、ステンカラーコート、トレンチコート等

どうせなら、ON、OFFで使いわけられる物が良いし。

ただ、Pコート、ダッフルコートは少しカジュアルな位置づけとされており、スーツには、、、、、

学生の時着てたしなーなんて思いもあるし。

トレンチも着こなすことが出来るのかと考えてしまうし、、、結局今年も迷い中です!

 

そんなこんなで、今回はコートをご紹介させて頂きたく思います。

 

クラシックなコートの代表格として人気のステンカラーコート。

後ろの高い襟腰から、前に下がるように折り返る一枚襟が特徴的なステンカラーは

色々な説はありますがステンカラーコートの名称は和製英語で、スタンドフォールカラーというのが訛ってステンカラーになったという説もあれば、フランス語で支えるという意味のsoutienに由来するという説もあるんだとか。正式名称はバルマカーンコートとされており、
19世紀中頃、スコットランドのとある地で着用された、ラグランスリーブで七分丈程のAラインのゆったりとしたコートがオリジナルであったんだとか。

セットインスリーブも増えてきて良く見かけます。オリジナル物是非見てみたいものです。

 

話戻り、

柄が目を引く

IMG_2145

 

 

style no: C5O-2-UF97

style : BAL COLLAR REV COAT

col : BE/GCHECK , BLK/HOU

size : S,M,L

price : 69,000 + tax

qua : 表地:綿100% , 裏地 : ウール86%, ナイロン13%,ポリウレタン1%

 

最大の特徴であろうリバーシブルで着用していただけるこちらは

ON、OFF使い分け可能で、様々なスタイルに合わせていただけます。

表地には無地のコットンギャバジン、

 

IMG_2124

裏地にはガンクラブチェック柄のウール素材、

IMG_2146

お仕事の際には表で着て、休日は裏返して着たいですね。

IMG_2117

ラグランスリーブなので肩に沿う綺麗な見栄えに

クラシックな面持ちながら、少しオーバーサイズにすることで現代的なフィットに仕上げております。

また、黒は表地コットンギャバジン、裏地は千鳥格子柄

IMG_2135

また、違った印象で着こなしていただけます。

そこまで厚手ではない為、レイヤードを楽しんでいただけるかと思います。

 

こちらは、

 

IMG_2125

 

style no: C5O-1-UF97

style : BAL COLLAR COAT

col : LODEN GRN , NAVY

size : S,M,L

price : 78,000+ tax

qua : 表地:ウール96%,ナイロン4% , 裏地 : 綿100%, 袖裏 : キュプラ100%

 

柔らかなダブルメルトンのクラシカルなバルカラーコートは

上品な肉厚なボディーとは反面的に軽い着用感。

 

IMG_2130

特徴的なクラシックなスプリットラグラン袖。

前袖と肩はセットイン

IMG_2128

後ろ袖と肩はラグラン

IMG_2127

 

このアメリカやヨーロッパのヴィンテージに見られる仕様は、

フォーマルと運動性の両立を兼ね備えており、カジュアル、ドレス双方のスタイリングにマッチしてくれます。

深みある色味は釦が隠れる比翼仕立てと相まって品のある表情にしてくれます。

シンプルなデザインが魅力なステンカラーは

シンプルが故に、シルエットや襟の形などで印象が左右されると言っても良いアイテムです。

一度を袖を通してみてはいかがでしょうか?

店頭にてお待ちしております!

 

TEXT BY IBA

 

※FREEMANS SPORTING CLUB では店舗通販も承っております。 Blogなどで見た商品の詳細や在庫状況等につきましても、お気軽にお電話にて下記番号までお問い合わせくださいませ。

●お支払い方法:現金、クレジットカードがご利用頂けます。

●発送方法:FREEMANS SPORTING CLUB 各店舗より、ヤマトのコレクト発送(代引き発送)となります。

●お支払い金額:商品合計金額+代引き手数料330円+送料全国一律330円 ※税込¥5,000円以上ご購入で、送料一律330円を無料とさせて頂いております。

 

お問い合わせ先 :

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924

 

instagram : freemanssportingclubjp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

insta_mtm_patternordershirts

 

先日スタッフ関よりこちらのブログの最後に軽く触れておりますが

FREEMANS SPORTING CLUB(以下FSC)各店において、2着¥28,000(税抜)にてオーダーいただける”PATTERN ORDER SHIRTS SPECIAL OFFER”を開催致します。

期間は12月6日(金)~12月29日(月)。

約1年ぶりとなるこのフェア。

0K5A8625

※画像はイメージとなります。

一度お作りいただいたことがある方には恒例のという感じですが、このように巻かれた生地の中からお好みの生地をお選びいただきます。

無地、ストライプ、チェックとバリエーション豊かに約200種類をご用意。

定番の無地、ロンドンストライプで選んでいただいても良し、少し遊びのあるマルチストライプ、チェック柄を選んでいただいても良しとこの生地を選ぶ時間が一番楽しいかもしれません。

生地をお選びいただいた後は仕様確認、採寸となりますが

BODYは3パターン。(FSC大丸心斎橋店は2型)

襟型は17型。(FSC大丸心斎橋店は15型)

カフスは7種類ご用意しておりますので、体型、お好み、着用シーンに合わせてお選び下さい。

1枚はタイドアップ用に、もう1枚はカジュアル用にと異なるシルエットで作りたい…。という要望にもお応えしますので、お気軽にスタッフにご相談ください。

また、今回もFSC – TOKYO、FSC – GINZA限定にてSPECIAL FABRICをご用意。(※FSC大丸心斎橋店ではSPECIAL FABRICの取扱いはございません。予めご了承下さいませ)

今回は新しい試みとして、店舗によってSPECIAL FABRICが異なります。

まずはFSC – TOKYO。

シャンブレー素材になります。カジュアルライクに着こなしていただく事も出来る利便性の高い生地で、実にアメリカらしい個人的にも大好きな生地の1つです。下記写真のように首にバンダナを巻いて着ていただいてもかっこいいですね。

カジュアル表メイン

0K5A8645

※画像は出来上がりイメージとなります。

一方FSC – GINZAはリンクルフリー。カラーはWHITE、BLUEから1色お選び下さい。

綿100%の着心地でありながら着用時もシワになりにくく、家庭洗濯でアイロン掛けが楽、という正に機能性・実用性を兼ね備えた素材です。

何事にも利便性が求めらる今の時代。出張の多い方にはピッタリな素材ではないでしょうか。

フォーマル表メイン

0K5A8635

※画像は生地イメージとなります。

SPECIAL FABRICに関しては、どちらも限定数に達し次第終了となりますので、お早めに!

FREEMANS SPORTING CLUBのオーダーシステムを知ってもらう上では非常にお手頃にお作りいただけますので、入門編としてぜひこの機会をご利用下さい。

皆様のご来店心よりお待ちしております。

TEXT BY AKIRA ISHIKAWA

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【開催期間】
2019年12月6日(金)〜2019年12月29日(月)

【開催店舗】
FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO / GINZA SIX / DAIMARU SHINSAIBASHI

【価格】
PATTERN ORDER SHIRTS 2着 ¥28,000+tax (オプションは別途有料となります)

【納期】
約1ヵ月半

※ 詳しくは店頭スタッフまでお問い合わせください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

気がつくともう11月も終わりに近づき、師走の足音すら微かに聞こえる今日この頃、

 

スケジュール帳を開けば、恒例のように「今年あった嫌なこと、笑い飛ばしたいあの日の思い出」を酒で洗い流す忘年会の予定が少しずつ増えてきている方も多いのではないでしょうか?

 

 

学生時分のように質の悪い甲類をソーダで割り、コールと共に喉を鳴らし、翌朝の倦怠感を楽しむのもきっとオツなものではありますが、

 

折角なら今年はFSC – RESTAURANTで1年の疲れを癒し、楽しかった夏の思い出話に花を咲かせてみても良いかもしれません。

 

191121_fsc_sp_1760_1

 

 

FSC – RESTAURANTでは忘年会で利用くださるお客様のためにお得なプランをご用意しております。

 

https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13164589/party/111732714

 

 

 

お食事4品はもちろんボリューム満点、

 

 

191121_fsc_sp_1820

 

 

①産地直送!三浦野菜のグリルドサラダ

 

1年を通して温暖な気候の三浦半島で育てられる瑞々しい野菜を当日の仕入れ状況に応じて日替わりでグリル。

たっぶりの葉野菜と共に。

 

 

191121_fsc_sp_1787

 

 

②ロウアーイーストサイドポテト

 

フレッシュなハーブをふんだんに使ってローストしたほくほくのポテトは、冬の寒い時期にぴったり。

もちろんお酒との相性も◎

 

191121_fsc_sp_1801

 

③SPICY!バッファローチキンウイング

 

話も盛り上がってきた中盤戦、ビールのアテにぴったりのスパイシーな一皿。

今回紹介のプランなら飲み放題なので「飲みすぎてお会計が心配・・」なんてことはないのでグビグビお楽しみください。

 

191121_fsc_sp_1763

 

 

 

④アメリカンビーフステーキ

 

お得な忘年会プランでももちろんステーキはお出しします。

今年の締めくくりは是非ステーキを口いっぱいに頬張りながら。

 

 

191121_fsc_sp_1767

 

 

2時間飲み放題プランとなっておりますのでしっかり飲んで、話して、笑っていただければ幸いです。

 

 

詳細は以下食べログなどもご参照くださいませ。

 

 

https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13164589/party/111732714

 

 

 

Text by Hideaki

 

sha

2019年も残り僅かとなり、日増しに寒さが身にしみるようになりました。

慶事もあれば大きな災害も続いた10月に比べると、11月は年末に向けあっという間に過ぎていくように感じます。

 

そんな11月といえば毎年世界的に活発になる一つのトレンドがあります。

 

 

NO SHAVE NOVEMBER

 

0

11月(November)の間、男性は口ヒゲを伸ばしましょう。

そして男性特有の病気の認知度や、健康意識を高めていこう。

というものです。

 

 

そんな、単純でとてもユニークなキャンペーンは1999年にオーストラリアで始まり、その後話題を呼んでオセアニア全土からヨーロッパ諸国や北米などにも広まり、今では世界的に認知されています。

 

 

またオーストラリアではMustache(口髭)の綴りがMoustacheとなるので、

“Mo”ustache + November =Movember

 

Movember(モーベンバー)ともいわれています。

 

このキャンペーンの基本的なルールは、10月の末にヒゲを全てきれいに剃り、その後1ヶ月間かけてMustache(口髭)を伸ばすこととされています。

チャリティーイベントとして世界各地で募金活動も行われ、集まった資金は前立腺癌等の治療研究に役立てられます。

 

女性にとってのピンクリボン運動のようなものでしょうか。

社会における女性の活躍が目覚しい現代において、こうした男性向けのキャンペーンはむしろ珍しいものとなりつつあるのかもしれません。

 

“NO SHAVE NOVEMBER”は直訳すると”剃らない11月”ですが、実際に参加されている人々を見ると綺麗にお手入れされた口髭を蓄えている人が多く見られます。

 

昨今の日本では、髭を蓄える文化そのものがあまり馴染んでいませんでした。

「ヒゲを生やしてみたいけど、どう整えたら良いかわからない。」

という声もよく耳にします。

 

勿論どなたにも、毛の生え方や顔の形等によって似合うスタイルがありますし、また形によってはカットやセットを伴うものまであります。

 

私たち理容師は、髪の毛だけでなく顔剃りやヒゲのトリミングについても生業としています。

どんなスタイルが良いか、また希望の形にどうすれば近づけられるのか、当店にてご相談いただけます。

 

1AB0C105-35EA-457F-847D-1CD13E833E43

 

髭は細かな手入れを怠っていると、だらし無く見えてしまうもの。

ただ生やしているだけではもったいない。

 

ほんの少し整えるだけでもメリハリがつき、清潔感も出てきます。

そして何より慣れてくると、整える面白さも感じられるようになってくると思います。

 

 

初めてご来店頂く方はもちろん、

いつもHAIRCUTメニューでご利用頂いている方も、お時間のある際は是非一度FULLSETメニューもお試しください。

そして施術の際に担当のスタッフにご相談いただければ、形等のご提案から整える際のポイントまで何でも承ります。

 

 

お手入れに必要なアイテムも忘れずに。

unnamed

・BLIND BARBER DAILY FACE MOISTURIZER

・BLIND BARBER SHAVE CREAM

 

 

もう少し上級者の方には、日常のメンテナンスにクラシカルな1枚刃のT字剃刀などはいかがでしょう。

unnamed

・DOUBLE EDGE SAFETY RAZOR

 

 

Beard Comb(あごヒゲ用コーム)やMustache Comb(口ヒゲ用コーム)もご用意しております。

32C013C2-8696-4E75-8F09-FDCE5F921426

 

2FCD4A06-3E47-42F0-89F9-DA08B9EDE156

この他にもオイルやバームなど、ヒゲのお手入れに必要なアイテムを多数取り揃えております。

ご興味のある方は是非、ご来店の際にスタッフへお尋ねください。

 

ヘアスタイルと共にヒゲも整えることの面白さを、多くの方と共有できたらと思っています。

 

WRITTEN BY TAKAHIRO KOYAMA