FSC GW用イラストカラー長方形

7月の1日より夏の間、FREEMANS SPORING CLUB TOKYO 3階テラスにてGWに大好評だったあのルーフトップバーを常時再開いたします。

Every Friday  17:00 ~23:00       L/O 22:30

Every Saturday 15:00 ~23:00   L/O 22:30

 

7月からはフード類を前回より充実させてよりお客様に喜んでいただけるような内容でお届けいたします。

また、適時ではありますがルーフトップスペースを使ったイベント等も現在考案中でございますのでその際にもスタッフ一同お客様のご来店を心よりお待ちしております。

 

この夏の思い出に。友人との大切な時間に。FREEMANS SPORTING CLUB TOKYOのルーフトップバーをぜひご利用下さい。

 

texted by YUKI YAMADA FROM RESTAURANT

 

RESTAURANT: 03-6805-0494

※雨天時はB1Fレストランのテラススペースにて開催いたします。

bg1

 

FREEMANS SPORTING CLUB は今シーズン、ブルックリンのアーティスト BRAIAN MONTUORI とのコラボレーション T シャツを製作。

BRAIAN MONTUORI(ブライアン・モンテュオリ)は、ニューヨークを中心に世界中で活躍し、本能的に描かれた大きなスケールの絵画と、タトゥーのデザインで知られています。

また、彼は白黒の小さなインク画の制作もおり、その特徴的なグラッフィックや洞察力・鋭い感性は、映画や POP カルチャーそしてアメリカ西部 (AMERICAN WEST) の文化から影響を受けています。

 

bg7

 

ボディには良好な恊働関係であるVELVA SHEEN(ヴェルバシーン)と制作を行い、カリフォルニア州のトランスにて良質なコットン100%で 18 番手のシームレスなジャージー生地になっております。

フリーマンズスポーティングクラブは、1970 年代のロサンゼルスのスタイルにインスピレーションをうけており、コラボレーションをするにあたって『 カリフォルニアのストリートカルチャー 』をベースにしたオリジナルを依頼いたしました。

 

bg2

bg5

bg3

bg4

bg6

 

PRICE : ¥9,000 + TAX    COLOR : WHITE

 

1960年~1970年がもっとも盛んだったと言われているハンドプリントの手法を採用することで、リアルなインクの質感が浮きあがり、モンテュオリのアーティスティックなデザインタッチが鮮明に感じられる一枚となっております。

 

モンテュオリはフリーマンズが10 年にわたり賞賛してきた冒険の精神をうまく表現した作品に仕上げ、

“ AMRICAN WEST COLLECTION ” と名付けられた今回のコラボレーションは、モンテュオリの独創的なイラストが特徴のコレクションとなっております。

 

 

TEXT BY YUSUKE MATSUOKA

お問い合わせ先 :

FREEMANS SPORTING CLUB-TOKYO 03-6805-0490

FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965

instagram : freemanssportingclubtokyo

facebook : freemanssportingclub-tokyo

 

FREEMANS SPORTING CLUB TOKYO では誼みのある、Velva Sheen。

Velva Sheen(ベルバシーン)といえば1932年より、創業し、USA カットソー業界では、絶大な人気を誇っています。

元々は、スポーツウェアブランドとしてスタートしながら海兵隊やカレッジのコスチュームとしても使用されていたことも有名であり、アメリカ国民のなかでも信頼の厚いプロダクトとして、認知されている背景も人気の理由の一つです。

 

DSC_0083

 

そもそもTシャツの発祥地が実は、アメリカということを知っているヒトは少ないのではないのでしょうか。

アメリカ海軍が1932年に船乗りの為に機能性の高い衣服をと速乾に加え簡単に着脱が可能。タオルや白旗代わりにもなる収縮する丸襟のついたTシャツの前身となる下着を考案し、その機能性の高さが船乗りたちの心をつかんだそうです。後に、瞬く間にTシャツが世に出回ることになったストーリーは意外にもあまり知られていない話です。

 

先程の船乗りたちのために考案されたTシャツやゴールドラッシュ時に金鉱発掘労働者のために丈夫なパンツをと開発されたジーンズのような、機能性を意識して生まれた服装は、ヨーロッパのフォーマルなスタイルとは異なるアメリカの労働者のライフスタイルを反映したファッション。そんな私たちの知るアメリカンカジュアル・Made in USA と表記されたタグは、大きなプラス要素と共に男のロマンとして長く認知されています。また、日本人のUSA製への憧れというのは、何十年もまえから浸透している一種のカルチャーになりつつあり、現在では日本人の考えるアメカジ文化が逆に本国アメリカで注目を集めるほどになりました。

 

では、なぜMade in USA はここまで日本において人気を博しているのか。。

勿論、第二次世界大戦時での敗戦や、沖縄県にアメリカ軍基地の設置などの歴史的背景であったり、60年代後半から一世を風靡したアイビーブーム、そして映画007の歴代ジェームズボンドによる着こなしの憧れなど様々な憶測が容易に浮かんできます。しかし、根底にあるのは、やはりアメリカ製ならではの力強い縫製にあるのではないだろうか。 アメリカ製の洋服を仕立ての観点からみると、決して褒められるものではない。しかし着るとまとまり、かっこよさが生まれる。抽象的ではあるが、アメリカ製のよさというのはいい意味のアンバランスさです。アメリカ製に対して日本人は繊細さなどこれっぽっちも求めてないのでしょう。やはり大雑把ながらもがっちり縫いこんであるステッチには、どうしても自国の精密なものづくりにはないどこか惹かれるクラフトマンシップがあり、男心をくすぐる大きな付加価値がついてくるのだと思います。

 

そして、アメリカンクラフトマンシップを最も体現しているブランドの一つがVelva Sheenです。FREEMANS SPORTING CLUB TOKYO では、流行廃りのないVeva Sheen の伝統を貫いたものづくりへのこだわりに共感し、オープン当初から取り扱いさせて頂いております。

 

DSC_0079

 

看板アイテムであるシンプルな無地ポケット2枚組みセットパックTeeはサイドに縫い目のない丸胴のチューブ編みが特徴です。サイドシームレスにしかない洗濯したときにでるねじれの風合いは、昔ながらの製法ならではないのでしょうか。

私自身、Velva Sheenのファンの一人であり、これまでに何枚使い古しているか数え切れません。アメカジフリークスの中でも欠かせないアイテムの一つですね。

 

現在も全てのプロダクトにおいてアメリカ製にこだわり、当時の縫製方法、生地、デザインをモディファイし復刻を果たしています。

 

 

 

今期においてもFREEMANS SPOTING CLUB TOKYO ではVelva Sheenの商品を多数取り揃えておりますので、これから気温の上がる蒸し厚い時期にアメリカンクラフトシップを是非体感してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

TEXT BY  SHIMPEI MASUNAGA

 

 

FREEMANS SPORTING CLUB TOKYO

〒150-0001 渋谷区神宮前5-46-4イイデアネックス表参道

営業時間 11:00〜20:00

お問い合わせ先: FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

 

 

 

今回も16SS、MADE IN JAPANラインよりおすすめのアイテムをご紹介致します。

 

image

 

STYLE:LINEN CHAMBRAY CUTTER SHIRT

PRICE:¥18,000 +TAX

 

IMG_3471

 

生地は麻100%になっており、経(たて)糸に強い撚りをかけた糸、

緯(よこ)糸に白く染めた糸を使用したリネンシャンブレーという素材を使用しております。

着込んで頂くと、少しずつリネン独特の深みのあるシワとタッチを生み出します。

強い張りがあり、光沢感があるのもリネンシャンブレーの特徴です。

着心地も軽く、今の時期から真夏、そして秋口までにかけて長く使って頂けます。

 

カラーリングは、GREEN , WHITE , NAVY

IMG_3486そしてBLACK , BROWN

IMG_3483

5色の豊富なカラーバリエーションで揃えております。

シンプルなスタイリングでも爽やかな印象となり、リネン独特の光沢感で程よい上品さも演出してくれますね。

最近は梅雨にも入り、じめじめとした日が続いていますが、そんな時にさらっと羽織れるリネンシャツなんていかがでしょうか。

皆様のご来店こころよりお待ちしております。

 

※FREEMANS SPORTING CLUB TOKYO ・ FUTAKOTAMAGAWAでは店舗通販も承っております。

Blogなどで見た商品の詳細や在庫状況等につきましても、お気軽にお電話にてお問い合わせくださいませ。

●お支払い方法:現金、クレジットカードがご利用いただけます。

●発送方法:FREEMANS SPORTING CLUB TOKYO ・ FUTAKOTAMAGAWAより、ヤマトのコレクト発送(代引き発送)となります。

●お支払い金額:商品合計金額+代引き手数料324円+送料全国一律324円

※税込¥5,000円以上ご購入で、送料一律324円を無料とさせて頂いております。

TEXT BY TAKAHARU FUKUZAWA

お問い合わせ先 :

FREEMANS SPORTING CLUB-TOKYO   03-6805-0490

FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965

instagram : freemanssportingclubtokyo

facebook : freemanssportingclub-tokyo

FREEMANS SPORTING CLUB のS/Sコレクション、MADE IN JAPANラインより1アイテムを

ピックアップしご紹介致します。

bg2

mg1

STYLE : LYOCELL CHINO BOX SHIRTS SHORT-SLEEVE

PRICE : ¥17,000+TAX

COLOR : BLUE BROWN

bg3

前回のBLOGでもご紹介させていただきましたアロハシャツに続き、リヨセルを100%使用したボックスシャツとなります。

リヨセル【LYOCELL】とは…..

ナイロンやポリエステルのように石油を原料としておらず、ユーカリ(木材)を特殊な溶剤で溶かして作られる(溶剤紡糸法と呼ぶ)再生繊維。

繊維の断面が円形であることから強度が高く、また溶剤を回収して再利用するため、廃液が環境中に放出されず地球に優しいエコロジカルな天然繊維素材となっております。

ソリッドなブルー、ブラウンの2色でのバリエーションとなり、滑らかな風合いに適度な光沢感は夏らしい雰囲気をぐっと演出してくれます。

ドレープのきいたリラックスなシルエットで、じめっとしたこれからの季節でもついつい袖を通したくなります。

 

bg5

お馴染みのオープンカラーは、涼しげに肌を見せたり、インナーにお好みの色のTシャツを合わせたりと首元で遊びもきかせてはいかがでしょう。

前立てボタンは開放してラフにTシャツの上から羽織っていただいたり、夏はショーツにボックスシャツを着るなど、

着飾らないシンプルなスタイリングがフリーマンズならではの着こなしの一つです。

洗い込むほどに生地に出てくるヤレた色味は、着るたびに愛着を沸かせ、夏に欠かせない一枚になるのではないでしょうか。

 

bg4

 

下記にインスタグラムのリンクが貼ってあります。そちらではスタイリングフォトもUPしていますので、

是非ご参照していただければ嬉しいです。

 

※FREEMANS SPORTING CLUB TOKYO ・ FUTAKOTAMAGAWAでは店舗通販も承っております。

Blogなどで見た商品の詳細や在庫状況等につきましても、お気軽にお電話にてお問い合わせくださいませ。

●お支払い方法:現金、クレジットカードがご利用いただけます。

●発送方法:FREEMANS SPORTING CLUB TOKYO ・ FUTAKOTAMAGAWAより、ヤマトのコレクト発送(代引き発送)となります。

●お支払い金額:商品合計金額+代引き手数料324円+送料全国一律324円

※税込¥5,000円以上ご購入で、送料一律324円を無料とさせて頂いております。

TEXT BY YUSUKE MATSUOKA

お問い合わせ先 :

FREEMANS SPORTING CLUB-TOKYO   03-6805-0490

FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965

instagram : freemanssportingclubtokyo

facebook : freemanssportingclub-tokyo