三寒四温、続々と届く春の便りに、
桜の花を待ち遠しく、和らぐ寒さを寂しく感じる季節。

今年の冬は、雪に悩まされた各地、より春の訪れが待ち遠しい。

そろそろ、春に向けての準備を始めてもいいかも・・・。

さて、今年はどんなスーツを作ろうか?

ここ数シーズン、スーツ業界でトレンドワードにあがっているのが、“ブークレ”と“ソラーロ”。

ブークレは、生地表面に膨らみ感のある糸のループが出来ていて、表情豊かな生地に仕上がっている、一方、ソラーロは縦糸と横糸の色を変えることで生地表面の色が独特に変化する生地に仕上がっている。

と、まあ、どちらも生地の名称なのだが、この2つの生地をバンチブック(生地コレクション)を見ても、既製品売り場のスーツを見ても、目にする機会が非常に増えた。

特に、ソラーロはテーラーの中ではスマッシュヒットを続けている生地のひとつで、シーズン終わりの頃になるとほぼ完売という状況が続いている。

まだまだ堅調な兆しのあるこのソラーロで、今シーズンは仕立ててみるのをお勧めしたい。

ソラーロ ボディ着せつけ

Solaro”ソラーロは、イタリア語で『太陽の』の意味があり、英語で“Sun Cloth”サンクロスと呼ばれているようで、もともとは、厳しい太陽の光を反射させて、涼しく快適に着られる機能性のある生地として誕生している。

イギリスの”Smith Woollens“スミス ウールンズ(日本ではスミス ウーレンとして通っている)社が作った生地で、ソラーロの名前を商標登録しているので、実際にはソラーロと言ったらスミス ウールンズのオリジナルソラーロを指すことになるのだが、現在では、雑誌を含め多くの場合、縦糸と横糸の混色生地、玉虫効果のある生地全体をソラーロと指すことが多くなってきている。

オリジナル ソラーロ

こちらが、スミス ウールンズのオリジナルソラーロの生地。
ご覧の通りオリジナルの風格があり、しっかりした打ち込みが特徴。ヘリンボーンの方が着用した際の玉虫効果は良さそうだが、ここは好みに任せたい。

ソラーロの生地で作りたいなら、先ず検討して欲しい。やはりオリジナルの持つ存在感は、他のソラーロには決して真似出来ないことを伝えておきたい。

高温多湿の日本の夏にはやや不向きではあるが、355gmsのしっかりしたウェイトで1年を通して愉しめるのがまたいい。
FREEMANS SPORTING CLUBではオーダー開始当初からシグネチャーファブリックとして、このオリジナルソラーロをプッシュし続けているので、是非ここは抑えておきたいところだ。

ソラーロ ウィリアム

英国の”William Halstead“ウィリアム ハルステッド製のソラーロは、330gmsとやや軽めの仕上がり。
英国ならではのしっかりした生地感はあるが、オリジナルに比べると打ち込みは甘めで柔らかいタッチが特徴。

価格がスミス ウールンズより小慣れているのと、夏の着用を考えるなら少しでも軽いこちらを選ばれてはいかがだろうか。
見た目の玉虫効果は、オリジナルに決して引けを取らないので、ご心配なく。

DSC_0705
DSC_0704

イタリアの”Vitale Barberis Canonico“通称カノニコのソラーロとなると、ぐっと艶っぽさが出てくる。
10%シルクをブレンドした生地は光沢に富み、玉虫効果をより引き出してくれる。ウェイトは250gmsと軽い仕上がりに。

特に魅力的なのが、10色展開とバリエーションが豊富で、縦横の色の組み合わせも実にイタリアらしい。
また、ネイビーベースのソラーロはビジネスシーンでも十分に使用出来るので、是非お試し頂きたい。

と、この他にも最近では、各マーチャントがソラーロの生地を打ち出しているので、色々比べてみるのも面白いと思う。

さらに、今月、2月23日よりFREEMANS SPORTING CLUB 3店舗で、パターンオーダースーツフェアが開催予定なので、併せてお伝えしておきたい。

今回お勧めしたソラーロ3種類を含む、全生地コレクションが期間中20%OFFと、大変お買い得な内容となっている。

スーツの他にも、ジャケット、パンツ、ベストの単品での注文も可能で、オン、オフ幅広いシーンに合わせてのオーダーが出来るのも魅力的だ。

出来上がりまでの時間を考えると、是非この機会にオーダーしておくのをお勧めする。
春の訪れと共に、取っておきの一着が出来上がってくると思うと、なんとも待ち遠しい・・・。

blog0216

TEXT BY KAZUMA KAKIMOTO

 

IMG_7220
バレンタイン。

2月14日に祝われ、世界各地でカップルの愛の誓いの日とされる日

アメリカでは、男性から女性に、或いはお互いに告白するのだそうです 渡すのもチョコレートではなくて、

薔薇やメッセージカードが定番。 キリストの宗教的なものが強く影響されているのでしょうか。

 

日本では、義理チョコ、友チョコなど様々文化が派生していますね。

商業的作戦が非常に垣間見えるものがありますがこれもまた文化形成の一興ともいえるでしょう

 

 

180208_valentine_top

アメリカでは、また「感謝の意を示す」という形でも贈り物をするそうです
FSC TOKYO では、日ごろのお客様への感謝の意を込めて、FSC ORIGINAL HOT CHOCOLATE をお配りさせて頂きます。
 
 
個人のおススメとしては甘すぎるものが苦手なためFSC オリジナルブレンデッドモルトウイスキーを少し加え、
少し大人なホットチョコレートを楽しみたい。(ウイスキーはお好みで有無をお選びください)
 
また少量ではございますが、アパレルスタッフよりハンドメイド DRY FLOWER を先着でプレゼントさせて頂きます。
IMG_7167
少し早めのヴァレンタインとはなりますが、FSC TOKYO 店にて温かくお過ごしくださいませ。
 
日時:2018年02月 10,11,12日(土)(日)(月)
※営業スタートと同時に開始、ドライフラワー、ホットチョコレート共になくなりしだい終了となります。
場所:FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO
TEXT BY SHIMPEI MASUNAGA

本日はレストランから更新いたします。

 

冬の寒さも一番厳しいこの季節、なかなか外に出るのも億劫になってしまう日々が続いていますがレストランでは新しいオリジナルカクテルやリキュールが続々と登場しています。

 

flying henry

 

一例として今日はこちらの”FLYING HENRY”をご紹介したいと思います。

 

こちらのオリジナルカクテルですが、ホワイトキュラソーとアブサンをベースにしたカクテルとなっていて口当たりはとてもマイルドですっきりしたカクテルなのですが後味はアブサンの香りが抜けるちょっと危険なカクテルに仕上がっています。製作者の意図としては、第二次世界大戦時にパイロットたちが戦闘機に乗り込む前に景気づけに豪快に飲んで出撃するような、そんな風景をイメージしてこの名前をつけました。最後に飾るオレンジピールをピンに刺して飛行機をイメージした飾りもこのカクテルを一層盛り立てます。

 

IMG_7140

レストランではこのほかにも、バレンタインに向けたカクテルやちょっと一癖あるカクテルなど、様々なお客様のご要望に見合ったオリジナルカクテルをご紹介できればと思っています。

 

バー利用でのご予約も快く承っておりますので、是非ご連絡下さいませ。

 

texted by YAMADA YUKI

RESTAURANT:03-6805-0494

グリーンがもつ本来の自然美と経年変化を魅せる、独自のスタイリングを提唱するプラントアーティスト川本諭 氏のブランド【GREENFINGERS】

自身の植物を中心としたライフスタイルショップを運営しながら、世界を飛び回り数々のブランドとコラボレーションし、見る者を魅了し続けています。

そんな川本氏とは、元々FSC NYのBARBER SHOPの内装を手掛けていたご縁があり、東京にあるFSC各店舗の内装も手掛けていただいております。

それでは、FSC青山店のご紹介と共にご覧ください。
DSC_0025
まずは、エントランス。
FSCの雰囲気を一層高めてくれるグリーンは男らしさを兼ね備えつつ繊細さが感じられます。
DSC_0004
コーヒーカウンターとも相性がいいですね。
DSC_0096
エントランスを入ると、フリーマンズな男たちが愛するスポーツであるキャンプ、狩猟、フィッシング、ツーリングなどに適したアイテムが並ぶ、カジュアルフロア。このフロアの右奥の通路を進みますと…
DSC_0141
各フロアに通ずる階段がありますので、まず地階のレストランへ。
DSC_0032
レストランのドアを開けると目に飛び込んで来るのが、壁面に飾られたヘラジカの剥製の数々。
こちらの剥製に川本氏の手が加わると、まるで絵本の中から飛び出してくるような躍動感を感じられます。
DSC_0046
独特のライトグリーンの壁が落ち着いた雰囲気のあるレストランフロア。
奥にはクラシックなバーカウンターがあり、FSC特製ウイスキーサワーを飲みながら語り合うのも一興ではないでしょうか。

DSC_0081

外にはテラス席があり、天気の良い日に見上げると青空とグリーンに癒されます。

DSC_0087

DSC_0139
2階のテーラーフロア。
男の身だしなみはすべてFREEMANS SPORTING CLUBでお任せを。

DSC_0157
3階のバーバーフロアには、我らがMr,ダンディー須山がお出迎え。
NYスタイルであるタイル張りのスタイリッシュな空間の中で男の身だしなみを整えてみてはいかがでしょうか。
DSC_0201

こちらな銀座店ですが、個性のあるグリーンがタイル張りの空間をより良く演出してくれています。
DSC_0144
こちら、青山バーバースタッフが育てているグリーン。フリーマンズな男たちはグリーンを愛しています。
実はFSC二子玉川店には、GREEN FINGERSのショップがございます。
DSC_0246
こちらがFSC二子玉川店。
DSC_0231
小ぶりのものから店内装飾でも使える大ぶりのものまで個性溢れるグリーンを揃えています。
DSC_0224DSC_0235
ドライフラワーや造花を組み合わせたブーケやドーム型のオーナメントも人気で、生花と組み合わせることにより、いつもと違う空間を演出してくれます。
また、生花と違い水やりが不要のため、忙しい方でも簡単にグリーンを取り入れることができます。
DSC_0241

グリーンと人との関わり方をより豊かに、身近に感じて欲しいという川本氏の想いから生まれるプロダクト。
初めての方は、まずは小さなグリーンから育ててみてはいかがでしょうか。

TEXT BY YOICHIRO MATSUYAMA

お問い合わせ先 :

FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924

instagram : freemanssportingclubtokyo

facebook : freemanssportingclub-tokyo

さて、昨年は桜を初夢に見たわけですが、2018年の初夢は・・・・・・

覚えていません!そんな年もありますな。皆様はどんな初夢をご覧になられましたでしょうか。

わたくし来年こそは、一富士、二鷹、三茄子を狙っていきたいと思います。

 

ご機嫌麗しゅう!!!FSC二子玉川BARBERでございます!!!!!

1月18日から!!!玉川髙島屋スペシャル4Daysでございます!!!!!

 

と言う訳で、FREEMANS SPORTING CLUB 二子玉川店もスペシャル4デイズなのでございます~☆

と言う訳で、今回はこの機に乗じて、個人的に1回やってみたかったやつを~☆

 

【STAFF STYLE 番外編】

バーバーフロアよりお届けいたします今回のモデルは、冬でも半袖シャツしか着ないので、お客様からも寒くないのか?と時々心配されている、あの、本間さん!!!!!!!

image1 (2)

本間ファンの皆様、特に必見です!もし、ブログをご覧になってからのご来店の際には、一言「ブログみたよ~」と本人に是非お伝え下さい。本間のいつも以上の素晴らしい技術と最高の笑顔のお返しがございます。それ以外は特に・・・笑

image3 (1)

FSC JP SPORTS COAT   ¥73440⇒40%OFF¥44064

格好良いですよ!!!!!

LS SHIRT  ¥30240 ⇒40%OFF¥18144

image1

IMG_0975

こちらはリバーシブルでの着用ができます。

肌触りも気持ちよいのです~

 

どちらがお好みですか?

 

REVERSIBLE JACKET

¥62640⇒40%OFF37584

 

image2

こちらのキャンプシャツは本間もお気に入り!

釣りに行こう!これを着て釣りに出かけたら、きっとお魚が釣れますよ、本間さん!

CAMP SHIRT  ¥49680⇒40%OFF¥29808

image2 (1)

パキッとした色もお似合い!

ポケットも付いていて厚手なので春先にはアウターとして羽織っても良いですね。

WOOL WAFFLE (INNER)

¥23760⇒40%OFF¥14256

 

NAPING WOOL

¥36720⇒40%OFF¥22032

 

image2 (2)

image3

こちらの2枚は、笑顔特集!

照れつつもモデルを引き受けてくれました~

久々に七三スタイルにキメテ、本人も案外まんざらではない様子でした。ナイスモデル!

参考までに本間サイズですが、身長180cm、体重TOP SECRET!でございます。

 

スペシャルデイズの4日間、セール商品2点以上のご購入で、更に10%OFF!!!ぜひこの機会にご利用下さいませ。

FSC 二子玉川店 スタッフ一同、お待ちしております。

 

19・20・21日にご来店、玉川髙島屋駐車場をご利用予定のお客様は、お時間にゆとりを持ってお出かけ下さい。

 

TEXT BY  FUMIE MATSUDA