秋風と共にフェアのご案内


 

 

Print

つい先日まで、目の敵にしていた酷暑も、現金なもので、近頃の秋風に、名残惜しさを感じてしまいます。

毎年のごとく、聞かされる異常気象や観測史上などのニュースにも、少し慣れっこになってしまっているのが
なんだか怖い気がしますが、すっかり日本の季節感は陰りをみせてしまいました。

とは言っても、『8月でこの暑さじゃ、12月はもっと大変だなぁ~』なんてことは無く、
やはり暖冬と言えど、徐々に寒さはやって来るようです。

テーラー業界では、年に2回ほど新しい生地が入荷してきます。
春夏物の生地が2月下旬頃から3月中旬頃にかけてと、秋冬物の生地が8月下旬から9月中旬頃にかけて。

新しい生地が入荷してからの半年間にかけて、そのシーズンのスーツを受注していくわけですから、
後になればなるほど、生地に品切れが頻発して、売れ残り感が出てしまいます。

また、受注してから出来上がって着用出来るまでには、もちろん時間がかかりますので、シーズンが進むにつれて、
そのシーズンでの着用回数も短くなってしまうのが心苦しいところなのです。

そこへいくと、オーダー慣れた御仁などは、汗を拭きながらフランネルの生地を吟味し、かじかむ手でリネンの生地で注文していくものです。

つまり、なんだかんだと言っても、暑い夏はやってくるし、寒い冬もやってくるということ。
ならば、計画的に早く作っておいて、自宅のクローゼットで寝かせておけばいいじゃないか!

などと言うのは簡単なのですが・・・。
そう手軽な値段でもないので、計画的に注文出来ないのも人間味があっていいと思っています。

今回、FREEMANS SPORTING CLUB 3店舗では、ご好評頂いているパターンオーダースーツのフェアを開催。
厳選した英国、イタリアの生地はもちろんのこと、本国、NYのFREEMANS SPORTING CLUBでも人気が高い
イタリアは、ナポリのマーチャントのARISTONのコレクションでのオーダーは全て20%OFFにてご注文可能に。

仕立てに定評のあるFREEMANS SPORTING CLUBのパターンオーダーは、熟練したスタッフが丁寧にカウンセリングと採寸を行います。
アフターケアも含め、着こなしの相談や、カジュアルとのミックスコーディネイトなど、ライフスタイルを提案するFREEMANS SPORTING CLUBだからこそ出来る、幅が広く、懐の深いサービスは必ずご満足頂けるのではないでしょうか。

秋虫の声を聞きながら、是非この機会をお見逃しなくご利用下さいませ。

フェアについての詳しいご案内は、HPのNEWSよりご覧下さいませ。

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924
FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965
FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

TEXT BY KAZUMA KAKIMOTO