INDIGO SASHIKO WINCHESTER


こんにちは

8月も残すとこ一週間足らずで、今年の夏は例年にはない猛暑日が続き、なにを着ても暑いといった日が多かった気がします。

 

最近は気温も落ち着きをみせ過ごしやすい日が続き、個人的には早く寒くならないかと待ちどおしいです。

 

 

FREEMANS SPORTING CLUBでは秋の身支度に相応しい商品が入荷していますのでご紹介させて頂きます。

 

 

IMG_2367 (1)

INDIGO SASHIKO WINCHESTER

SIZE 1 2 3

PRICE 24,000+TAX

 

 

FSCではすっかりおなじみの”刺し子”
日本独自の伝統的なファブリックを使用した洋服にはいつも心惹かれます。

 

 

 

これまでCAMP SHIRT.. VEST….SHACKETといった刺し子を使用したアイテムをリリースしてきましたが、FSC2018AWでは新たに刺し子地を使用したパンツをリリース致します。

 

 

 

IMG_2321

こちらの商品名をみて、お気づきの方もいらっしゃると思いますがFSCで皆様にご愛好頂いている”WINCHESTER PANTS”のディティール取り込んだ仕様になっております。

 

 

 

 

 

IMG_2351

WINCHESTER PANTSと同様にバックヨークのディティールを加えています。

腰周りに余裕を持たし刺し子の伸縮性に欠ける部分をカバーし、ヒップラインにお悩みの方でもゆとりを持って履いていただける仕様になっております。

 

 

 

 

 

IMG_2339

従来の WINCHESTER PANTSよりも太もも周りは余裕を持たせ、膝下にかけてテーパードをかけ、刺し子特有の重みのあるタフな生地感をかね添えていることにより

太ももから足先にかけて落ちるようなシルエットに仕上がっており、 スタイリングの幅広げられるようなデザインになっております。

 

 

 

 

 

ではスタイリングと合わせてディテールをご覧ください。

IMG_2348 (1)

勿論過去の刺し子シリーズとの相性も抜群です。

FREEMANS SPORTING CLUBらしいスタイリングでまとめてみました。

刺し子独特の凹凸の風合いがあるため、着用いただいても堅苦しく見えなくセットアップでのスタイリングに抵抗のある方でも

着用しやすくなっております。

 

 

 

IMG_2354

秋口などはシャツ一枚でシンプルにまとめるのもいいですね。

刺し子のタフな生地感がクラシカルさを表現し、シャツも刺し子の重みのある色味に被らないよう対照的な色味でバランスをとりました。

 

 

 

 

 

FREEMANS SPORTING CLUBではみなさまに長い時間を共にできるような洋服をお届けしています。

その中で”経年変化”というワードは切ってもきり離せません。

 

 

形や縫製などが今存在する既製服とは違い、現代の技術のが何もかも進歩してはいますが

それでも魅力を感じるヴィンテージ物だったり、年数だったり経年変化を遂げた物には他の物より一際輝きを増してみえることがあります。

当時のものを再現するのに現代の技術においては非効率でとても能力を要します。

このような生産過程を感じることでやっぱり古いものへ偉大さにも気づくことができますね。

衣類に限らず月日が過ぎるとどんどん劣化はしていくものですが、その分輝きを増すのが経年変化であり

廃れては取り戻す目まぐるしい流行とは別の魅力だと感じます。

 

 

是非店頭でお試しいただき、ご自身だけの経年変化を長い時間をかけて楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

IMG_2280

みなさまのご来店お待ちしております。

 

TEXT BY KEISUKE SASAKI

お問い合わせ先 :

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924

instagram : freemanssportingclubtokyo

facebook : freemanssportingclub-tokyo