BEER


街往く人波を眺めていると、この間までダークなトーンのコートを羽織って寒そうな赤ら顔だった人々が、
少しずつ柔らかな彩りを含んだ春の装いへと変わり始めていることに気づく春。
街路樹にもペールカラーが目立ち始めております。
 meeee
僕自身好んで飲むのも、どっしりとした赤ワインや、申し訳程度に氷を浮かべただけのバーボンなんてものから、
飲み口の軽いハイボールや各国の個性の現れたビールへ変わって行くのを季節の変わり目の訪れと共に感じつつあります。
さて、FSC – RESTAURANTでは4種類のビールを提供しております。
今回は2019年3月4月時点で提供している4種類それぞれのビールの特徴と、
それと合わせていただきたいフードメニューのご紹介をさせて頂きます。
集合
①HEARTLAND
はとらんど
FSC – RESTAURANTでビールをご注文をいただくとまずはこちらを提供しております。
そもそもHEARTLANDって名前の由来、、
ビールラバーの心の止まり木でありたいという意味の「HEART」と、
瓶にも描かれている象徴的な『大地に根を張る大樹』からイメージされる「LAND」からつけられたってご存知でしたか?
麦とホップと水だけを使用したシンプルな製法だからか、
優しく朗らかな甘さがビールの持つ特性、特徴として仕上がっております。
合わせていただきたいのが今年1月より新メニューとして登場して以来、ご好評頂いている「FSC Clubhouse Sandwich」です。
heartlandclubhouse
自家製のロースハム、コールスローをふんだんに使用し、ぎっしりと詰まったボリューム感溢れる一皿と、HEARTLAND。
当店自慢のテラス席で陽光を浴びながら召し上がっていただければこの上なくチルなこと請け合いです。
②BLUEMOON
ぶるむん
「Once in a Blue moon!!」
このビールがまだBLUEMOONという名前を冠する前、女性が試飲会で叫んだ言葉だそうです。
それだけ出来が良かったからか、現在では「全米ナンバーワンビール」なんて紹介のされ方をしていますが、
特筆すべき点としてオレンジピールや、コリアンダーなどを使用する製造方法とその独特のフレーバーが挙げられるかと思います。
そのテイストを後押しするようにオレンジをぶち込んで飲むスタイルは他の追随を許しません。
九番と青月
そしてまさに柑橘とコリアンダーのフレーバーを感じるメニューがこちらの「Cuban Pork Sandwich」、、、
間違いなくスタッフ、顧客様からの人気ナンバーワンの1品です。、
数多のスパイスと柑橘とコリアンダーを使ってマリネしたパワフルな肉の旨み、こんがりとよく焼いたバゲットの香ばしい香りが食欲を刺激します。
そんなキューバンポークサンドイッチとBLUE MOONのコンビネーション。
これからやってくる夏にピッタリだと思いませんか?
③BROOKLYN LAGER
ぶるらが
「ニューヨーカーに最も愛されたビール」を思い浮かべる時、このエチケットが頭に浮かぶ方も多いんじゃないでしょうか?
鼻先をくすぐる仄かに甘い香り、普段口にするビールよりもヴィターなテクスチャーを思わせる苦味、
その両極の特長を丸く包み込むコクが琥珀色の見た目に表れています。
そもそもブルックリンラガーの誕生には、
「伝統的な手法で本物の味を蘇らせる」と目論んだニューヨーク在住の銀行マンとジャーナリストの強い思いが根底にありました。
ニューヨーカーに愛されるビールとあわせるなら、ニューヨーカーに愛されるフード、、、
是非「FSC THE BURGER{牛100%ハンバーガー}」とご一緒に召し上がっていただきたいものです。
BLtoHAMBURGERRRRR2
ふっくらとボリューム感のあるバンズに、よく焼いて肉肉しく仕上げたパテ、スパイシーなBBQソース、、
口の周りをべったり汚し、咀嚼に苦しむほど大口開けて召し上がっていただいて、
ブルックリンラガーで流し込む。
これ以上の幸せをまだ私は知りません。
④PUNK IPA
ぱんく
上記3種類のビールはグランドメニューで大幅なメニュー変更でもない限りスタメンなのですが、
こちらのPUNK IPAは本数限定の仕入れでお出ししているリミテッドビールになります。
云わずと知れたBREWDOGの看板商品 PUNK IPA。
グラスに注ぐとこみ上げるフルーティな柑橘の香り、
口に入れた瞬間にアタックで感じる強すぎない苦味を押しのけて現れる旨みの濃さ。
IPAと聞くと敬遠される方もいらっしゃるかと思いますが、是非そんな方に飲んでいただきたいIPAです。
本当はもっと長々と魅力を述べたいところなのですが、今回はお食事とのペアリングがテーマなのでこの辺で。
day punk to niku
もうルックスで分かる暴力的な旨さ。
肉を食うならIPA!IPA飲むなら肉!を断然お勧めいたします。
punk to niku
瓶のまま男らしく飲み語らうも良し、
ビアグラスに注いで見た目にも美味しく楽しむも良し、
はたまたワインのテイスティンググラスに入れて数種のビールを飲み比べてみるも良し。
ご希望に応じてビールのグラスもチョイスしていただけますので、
そちらも併せてスタッフまでお声掛け下さいませ。
うえからしゅうご
もちろんビール以外にも前回ご紹介いたしましたカクテルや、
こだわりのワインなんかも沢山ご用意しております。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。
Text By Hideaki Fukui