NO SHAVE NOVEMBER


 

sha

2019年も残り僅かとなり、日増しに寒さが身にしみるようになりました。

慶事もあれば大きな災害も続いた10月に比べると、11月は年末に向けあっという間に過ぎていくように感じます。

 

そんな11月といえば毎年世界的に活発になる一つのトレンドがあります。

 

 

NO SHAVE NOVEMBER

 

0

11月(November)の間、男性は口ヒゲを伸ばしましょう。

そして男性特有の病気の認知度や、健康意識を高めていこう。

というものです。

 

 

そんな、単純でとてもユニークなキャンペーンは1999年にオーストラリアで始まり、その後話題を呼んでオセアニア全土からヨーロッパ諸国や北米などにも広まり、今では世界的に認知されています。

 

 

またオーストラリアではMustache(口髭)の綴りがMoustacheとなるので、

“Mo”ustache + November =Movember

 

Movember(モーベンバー)ともいわれています。

 

このキャンペーンの基本的なルールは、10月の末にヒゲを全てきれいに剃り、その後1ヶ月間かけてMustache(口髭)を伸ばすこととされています。

チャリティーイベントとして世界各地で募金活動も行われ、集まった資金は前立腺癌等の治療研究に役立てられます。

 

女性にとってのピンクリボン運動のようなものでしょうか。

社会における女性の活躍が目覚しい現代において、こうした男性向けのキャンペーンはむしろ珍しいものとなりつつあるのかもしれません。

 

“NO SHAVE NOVEMBER”は直訳すると”剃らない11月”ですが、実際に参加されている人々を見ると綺麗にお手入れされた口髭を蓄えている人が多く見られます。

 

昨今の日本では、髭を蓄える文化そのものがあまり馴染んでいませんでした。

「ヒゲを生やしてみたいけど、どう整えたら良いかわからない。」

という声もよく耳にします。

 

勿論どなたにも、毛の生え方や顔の形等によって似合うスタイルがありますし、また形によってはカットやセットを伴うものまであります。

 

私たち理容師は、髪の毛だけでなく顔剃りやヒゲのトリミングについても生業としています。

どんなスタイルが良いか、また希望の形にどうすれば近づけられるのか、当店にてご相談いただけます。

 

1AB0C105-35EA-457F-847D-1CD13E833E43

 

髭は細かな手入れを怠っていると、だらし無く見えてしまうもの。

ただ生やしているだけではもったいない。

 

ほんの少し整えるだけでもメリハリがつき、清潔感も出てきます。

そして何より慣れてくると、整える面白さも感じられるようになってくると思います。

 

 

初めてご来店頂く方はもちろん、

いつもHAIRCUTメニューでご利用頂いている方も、お時間のある際は是非一度FULLSETメニューもお試しください。

そして施術の際に担当のスタッフにご相談いただければ、形等のご提案から整える際のポイントまで何でも承ります。

 

 

お手入れに必要なアイテムも忘れずに。

unnamed

・BLIND BARBER DAILY FACE MOISTURIZER

・BLIND BARBER SHAVE CREAM

 

 

もう少し上級者の方には、日常のメンテナンスにクラシカルな1枚刃のT字剃刀などはいかがでしょう。

unnamed

・DOUBLE EDGE SAFETY RAZOR

 

 

Beard Comb(あごヒゲ用コーム)やMustache Comb(口ヒゲ用コーム)もご用意しております。

32C013C2-8696-4E75-8F09-FDCE5F921426

 

2FCD4A06-3E47-42F0-89F9-DA08B9EDE156

この他にもオイルやバームなど、ヒゲのお手入れに必要なアイテムを多数取り揃えております。

ご興味のある方は是非、ご来店の際にスタッフへお尋ねください。

 

ヘアスタイルと共にヒゲも整えることの面白さを、多くの方と共有できたらと思っています。

 

WRITTEN BY TAKAHIRO KOYAMA