理髪師


久方ぶりにブログの担当がまわってきた訳なのですが、オリンピック開催の延期が決定するわ、世界中で外出禁止令が出ていたりするわ………こんな時に何を書いたら良い訳?珍しく動揺、困惑しているかも自分。

などと思いつつも、東京ではあちこちで桜が満開で、天気の良い日は本当に気持ち好く嬉しく感じる今日この頃、みなさまお変わりなく穏やかにお過ごしでいらっしゃいますか?

わたくしは、変わらずいつも通りの日常を過ごしております。今の所。

ご機嫌麗しゅう!!!!!二子玉川BARBERでございます!

 

さて、新型コロナウィルスの影響によりNY FREEMANS も例に違わず只今休業中となっているわけですが、ここ日本は未だ外出も出来ますし、お店も営業を続けております。これは、今の世界情勢の中で本当に有り難い事であり、今後も守り切りたい所であります。

「客足は減ったりしていませんか?」「コロナウィルスの影響は出ていませんか?」と、このところ毎日のようにお客様からお声掛けを頂いております。有難うございます。

お蔭様で、 FREEMANS SPORTING CLUB 各店舗いつもと変わらず営業を続けさせていただいております。もうしばらく短縮営業は続くかと思います。状況が変わり次第、インスタグラム等でもお知らせをしていきます。

 

ところで、皆様方はご存知でしょうか?

日本の理容師が公衆衛生学・消毒法を必須科目として学び、理容師法にも消毒や伝染病の拡散防止が定められていることを。

私たち理容師は昔から変わらずにこの義務を守って参りました。そして、FREEMANS SPORTING CLUB – BARBERでは消毒の徹底に日頃より力を入れております。

DSC_4363

※常時、消毒薬等備えています。

 

感染症に関して最も注意すべきことは、

 日常にあって自分たちが「慣れてしまう」こと。消毒の重要性を頭と体に叩き込み、常に実行し徹底していくこと。仮に感染者の来店があったとしても、感染拡大の防止に努めると同時に自分の身も守ること。

というFREEMANS SPORTING CLUB – BARBERの信念の基、昨年の9月にバーバースタッフ全員参加で感染症予防と消毒に関しての講習会を行った所でした。

そして今まで以上に消毒の徹底強化をしていたところに、今回の新型コロナウィルスによるパンデミック宣言がありました。こういうことを”奇しくも”と言うのでしょう…

一客ごとの道具類の消毒は勿論のこと、皮膚に直接触れるであろう可能性のあるものに関しましても全て消毒をしております。また、スタッフの毎朝の検温もし、体調の優れない日には自主的に休養をとるようにしております。幸い、体調不良のスタッフはでておりませんが。

それでも、今回に関しましては完璧はない

のだろうと分かってはおります。しかし、皆様にとっての憩いの場、癒しの場、日常にあっての非日常空間。その場所を守り切りたいとスタッフ一同、心より願い、努めております。

ですので、どうそ安心してご来店下さいませ。

状況は変動的ですし、長期戦となりそうな気配はありますが、可能な限り「いつも通り」の営業を続けて参りますので、緊急時ではありますが、可能であればどうぞ足をお運び下さい。

でも、体調が優れないような時は、ご自宅で静養して下さいね。

疲れてしまったら、不安になってしまったら、一息入れたくなったなら、心のゆとりを取り戻す為にいらっしゃって下さい。

IMG_20190413_201435_611

※写真は2019年4月かな?数名映っておりませんが…

理髪師の役割とは、ただ髪を切るだけではなく、いつどんなときでも、いつも通りの日常の中に、ちょっとした非日常を提供すること。と、私は思っております。

 

今回のコロナウィルスからは、私たちは学ぶべきことが多くあるようですが、一刻も早くこの状況が終息を迎えて、安心できるいつも通りの世界になることを強く祈りつつ、また、世界中のバーバーショップが開店して、職人たちが再び腕を振るう日をイメージしつつ、久方ぶりのブログを終えたいと思います。

 

皆様、どうぞご自愛下さいませ。またのご来店を、心よりお待ちしております。

 

WRITTEN BY FUMIE MATSUDA