TAILOR ROOM


 

FREEMANS SPORTING CLUB TOKYOには併設のワークルームがあり、ハンドメイドのテーラー技術を生かし、FSCスーツのリサイズ(寸法直し、仕立て直し)を行っております。店頭にて専属のフィッターがお客様の体系を理解し、寸法を取りお客様のご要望を取り入れカタチにしていきます。今回のブログでは、ワークルームにあるミシンをご紹介致します。

 

「工業用直線縫いミシン」

 

IMGP0479

ほぼ全ての工程で使用し、なくてはならない存在です。針を変えれば薄いレザーなども縫え、幅広く様々な生地に対応できます。

 

「ロックミシン」

IMGP0483

 

生地の断ち端をキレイにカットしながらかがってくれるミシンです。ロックミシンのロックとはその名の通り、布の断ち端をロックする(鍵をかける)という意味になります。

 

 

「ルイスミシン(すくい縫いミシン)」

IMGP0480

 

用途としましては、パンツの裾上げなどで表にステッチを出したくない仕様(シングル)などで多く使用する事がほとんどですが、ジャケットの中に入っている毛芯と表地を止めたりと紳士服を縫製するにあたり、重要な役割を果たしてくれます。

 

FREEMANS SPORTING CLUB TOKYOではワークルームのドアをオープンにし、お客様から作業風景を見て頂けるようになっております。紳士服に関してのみならず洋服の修理の事や縫製についてなど、ワークルームに常任している職人とお話ししてみませんか?是非お待ちしております。