HAPPY NEW YEAR 2017!


 

 

いつもFREEMANS SPORTING CLUBを御贔屓していただいている皆様

 

明けましておめでとうございます。

2017年もより一層、皆様と素敵な時間を共有できることをスタッフ一同楽しみにしております。

 

そんな2017年の最初のブログはレストランスタッフがお届けいたします。

 

皆様新年を迎えた瞬間は何をされていたでしょうか?

パーティーに行ったり、はたまた自宅や親戚の家で家族と過ごしたりと様々な新年の迎え方があったと思います。

 

筆者は3年ほど前に2年間NYへ留学をしていたのですが、NYのカウントダウンと言えばTimes Squareでのカウントダウンが有名ですよね。

人生で一度は経験してみたいと誰もが言うこのカウントダウンですが、当然私も行ってまいりました。2013年12月31日のTIMES SQUAREへ!

 

これ、経験したことがある方ならわかると思うんですが、正直言って過酷過ぎます。あれはもう正直言って拷問に近い経験でした。笑

 

当日のTIMES SQUARE近辺は午後1時を過ぎると中心から円を書くようにして道路が閉鎖されてしまいます。閉鎖されると最後、出ることは出来るのですが戻ることは出来ません。

 

そうなのです。あの有名なTIMES SQUAREのカウントダウンを見たいと思ったら正午からTIMES SQUAREにいなくてはならないのです。しかも、道路閉鎖後は人に囲まれて身動きは取れません。ようは満員の電車の中で12時間待たなくてはいけないと言うことです。食事はおろかトイレにも行くことは出来ません。行ったら最後、もうその場所には戻ることは出来ないのです…。筆者も当日はオムツを履いて参戦。これ、冗談じゃないんです。本当にみんなやってます。(当日は運よく最後まで我慢することが出来たので最悪の事態は免れました…。)

 

そんな拷問を乗り越えて迎えたカウントダウン。数字が少なくなるにつれ高まる興奮と尿意と言う複雑な気持ちを乗り越えて新年を迎えた瞬間はそれはもう言葉では表すことの出来ないくらい幻想的な世界が広がっていました。降り止まない紙ふぶきに聞こえてくるFrank Sinatraのあの歌NEW YORK,NEW YORK…。

 

もう一度やりたいか?と言われたら正直、もう二度と体験したくないと言ってしまいたくなるほど辛い待ち時間でしたが、それを越える感動となんとも言えない気持ちがこうして今でも鮮明に思い出せるほど素敵な時間でした。

 

カウントダウンが終わるとあたりは尋常ではないスピードで人がいなくなりました。

そう、トイレに目掛けて猛ダッシュです。外国の新年の迎え方はかなりあっさりしているとどこかで聞いたことがありますが、僕はこの光景を見て理由がなんだかとてもはっきり分かったような気がしました。笑

 

長くなってしまいましたが、皆様は素敵な新年を迎えられましたでしょうか?

 

FREEMANS SPORTING CLUB RESTAURANTは本日より営業しております。

1/2,3日は11:00~20:00。4日からは通常営業となります。初詣の帰り道などに是非お立ち寄り下さいませ。

 

本年もFREEMANS SPORTING CLUBをよろしくお願い致します。

RESTAURANT:03-6805-0494

 

texted by YAMADA YUKI