WHICH DO YOU PREFER OIL-BASED OR WATER-BASED?


 

皆様こんにちは。

3月も中旬に入り、桜の開花が待たれる頃となりました。

この時期、卒業式や花見などイベント事も多い時期です。

大切な日は一日バシっと髪型をキープしたいものです。

本日はそのような日にお勧めの整髪料を紹介したいと思います。

当店で一番人気があるのはやはり水性のポマード。

IMG_3120

近頃良く耳にするこの”ポマード”。ポマードってそもそもなんだろうと疑問も持っている方もいらっしゃるかと思いますので簡単に説明したいと思います。

ポマードの語源はラテン語でりんご、もしくは果実を意味するPomumポムムから来ており、かつてりんごを原料とした物を髪に塗っていた事に由来しています。

ポマードは20世紀初頭より使われている歴史ある男性用整髪料です。成分や形状によって油性、水性の2つに分類されます。

油性のポマードと水性のポマードにはそれぞれ特徴があり、メリット、デメリットがあります。なので目的に合わせて上手く使い分けることをオススメします。

油性のポマードは主に1920年代から1950年代に使われ、あのエルヴィスプレスリーも油性のポマードを愛用しておりました。

IMG_3101

特徴としては何といってもツヤとホールド力の強さ。乾くことが無いので何度でもコームを使ってフィックスすることが出来ます。一番のデメリットは洗い流すことが困難な事。一回のシャンプーで洗い流すことはまず不可能でしょう。

それに対して水性ポマードは簡単に洗い流すことができます。油性に比べて形状が柔らかいものが多いので、髪に馴染み易いのも特徴です。デメリットとしては、水分が蒸発して乾いてしまうと固まってしまい手直しが難しいということです。

油性は熱に弱く、湿気に強い。それに対して水性は熱に強く、湿気に弱いというのも大きな違いの1つです。

そのことを踏まえて、目的、スタイルに合わせて整髪料を選ぶのがポイントです。

先程水性のポマードが乾いてしまうと手直しが難しいと言いましたが、言い方を変えれば、一度しっかりセットをすれば直す必要が無いということになります。なので直すのが面倒、もしくは直す時間がない、出来るだけ長い時間キープしたいという場合は水性のポマードがよろしいかと思います。もし、油性のツヤ感が欲しいという場合は水性のポマードでセットした後、油性の物を表面にのせるとツヤ感も増し、洗い流すのが簡単になります。

今の時期は気温も高くないので、暑さで油性のポマードのセット力が落ちたり、汗で水性のポマードが溶け出したりする心配はないでしょう。

ただ水性タイプは雨の日の湿気や雨に濡れてしまうと型崩れの原因になるので、雨の日は油性タイプを使ってみるのもいいかもしれません。

なので天気予報のチェックはお忘れなく。

長くなりましたがいくつか商品をご紹介したいと思います。

まずはこちら、

当店の人気商品 COOL GREASE SUPERIOR COCONUT 水性タイプ

IMG_3084

質感は柔らかく、ジェルに近い形状で髪に馴染み易くスタイリング力もあります。ツヤはミディアムと言ったところでしょうか。

続きましてこちら

FREEMANS SPORTING CLUB ORIGINAL DAILY POMADE 水性タイプ

IMG_3092

こちらは当店のオリジナル商品。スタイリング力があり、無香料なので使いやすい商品です。クラシカルなサイドパートからツヤのあるベリーショートまで使える優れものです。

上の2つでもどうしても髪が落ち着かないという方には

COCK GREASE XXTRA HARD 水性タイプ

IMG_3098

スタイリング力の強さではNo1です。水性タイプなので簡単に洗い流せます。パイナップルの香り。

IMG_3094

ジェルというのも1つの手ですね。乾くとしっかりと固まるので1ミリも動かしたくない!という方にはジェルはオススメです。

続いて

BYRD CLASSIC POMADE 油性タイプ

IMG_3116

こちら油性タイプのポマードになります。BYRDはプロサーファーの方がプロデュースしているブランドでこちらのクラシックポマードは海に入っても、落ちることがなく、再度スタイリングが可能な商品です。先程お伝えしたように雨で髪型が崩れてしまっても手直し可能です。油性ポマード特有のツヤ感も抜群です。

最後にヘアスプレーを使うとより長い間キープすることができます。

IMG_3125

 

参考になりましたでしょうか。

今回いくつか商品をご紹介させていただきましたが、人それぞれ髪質や匂いの好みが違いますのでわからないことがありましたらご来店された際、担当のバーバーにご相談ください。

因みに余談ではありますが、私春に向けて髭チェンジいたしました。皆様髭のお手入れもお忘れなく!

FullSizeRender (6)

それでは春の訪れと共にお客様のご来店、心よりお待ちしております。

 

TEXT BY YOSHIO SUYAMA

お問い合わせ先: FREEMANS SPORTING CLUB-TOKYO / BARBER   03-6805-0492