馬具の製造から最高峰のブーツメーカーへ


ここ数年、モノの価値を改めて考えさせられることがあります。

ファストファッションが日本に台頭し、安価なモノから高価なモノまで幅広く体感した私は、個性やモノの価値についてよく考えさせられます。
それはモノ以外もそうで、サービスや体験に逐一他と比べたり、口コミサイトの評価やコメントを気にして、そこにお金を支払う価値があるのかを判断しがちです。
お客様も少なくとも心辺りはあるのではないでしょうか。
それは国内だけでなく、国外のお客様からハッキリと伝わってきます。
ありがたいことに日本製、ジャパンブランドは国外のお客様に大変人気で、改めて世界中でモノの価値が見直されているように感じます。
特に私が高価なモノを購入する場合は、この一言に尽きます。
『一生モノであり長く使えること』
この言葉を言われると、がっちり締めていたはずの財布の紐が…。
「一生モノだし、トータルで考えれば安いのでは?」と購入の理由を勝手に探し始めたり…。
また、歴史あるブランドやアメリカ製にも心が惹かれます。
いつかの雑誌で、アメリカ製に憧れを持つ日本人が多いのはなぜかという記事が掲載されていましたが、
私もその中の一人で
特にアメリカ製であり、歴史あるブランドであり、流行廃りのないデザインに目がありません…。
そんな私が、今回お勧めしたいブランドは【VIBERG】
IMGP5991
1931年、北アメリカに誕生したこちらのブランドは、今も尚家族経営により80年以上の歴史を現代まで引き継いでいます。
世界最高峰のブーツメーカーと言われるまでになったルーツは、歴史に残る大恐慌の真っ只中に生まれ、先代のエド・ヴァイバーグは身を挺して働いたとされています。
歴史でしか知らない私ですが、VIBERGの靴を見るとそんな時代を生き抜いた強さと必死にモノづくりをしてきた職人の意地を感じます。
その証拠に、現在も伝統を受け継いだ製造方法、最高の素材のみを使用し
熟練の職人が少数精鋭でハンドメイドにて製作するため、一日の最大生産数は30足と少なく、まさに拘りの一品です。

 

FREEMANS SPORTING CLUBでは、VIBERGの価値観や理念に共感し、別注商品を展開しております。
今回ご紹介するのが、こちらの【Slipper】
IMGP5978
ロガーブーツやハンティングブーツなど、質実剛健、重厚感、無骨な印象のあるVIBERGのイメージとは正反対の靴ではありますが、やはり作りや素材はVIBERGそのもの。
何といっても特徴は、FSCの拘りも詰まったアッパーの素材です。
きめが細かく伸縮性の富んだカンガルー革は、軽さと強度を兼ね備えているため、サッカー選手の命である足を守るスパイクにも好んで使われるほど。(左:グレー色のみ)
スタッフが4ヶ月ほど履いたものですが、新品と比べて味が出てきました。
IMGP5974
そして、多くのパーツを組み合わせて作る構築的な革靴とは対象に非構築的な作りであるのも特徴です。
名前の由来がスリッパであることから、つま先と踵の部分を柔らかく仕上げることにより、手軽に履くことができます。
何よりも多くのパーツを縫い合わせる構築的な作りではないため、履き心地も良く、夏の軽い装いにピッタリです。
image1
また、もう一色のMilkshake Suedeのお色も夏らしく捨てがたいですね。
是非、夏のコーディネートの一生のパートナーとして考えてみてはいかがでしょうか。
高価な靴ではございますが、一生履くことを考えるとトータル的に安いかも?しれません。

Slipper

SIZE : 6.7.8(UK SIZE)

COLOR : Grey Kangaroo / Milkshake suede

PRICE : ¥78,000+tax  →  40%off¥46,800+tax

 

TEXT BY YOICHIRO MATSUYAMA

※FREEMANS SPORTING CLUB 各店にて店舗通販も承っております。

Blogなどで見た商品の詳細や在庫状況等につきましても、お気軽にお電話にてお問い合わせくださいませ。

●お支払い方法:現金、クレジットカードがご利用いただけます。

●発送方法:FREEMANS SPORTING CLUB 各店より、ヤマトのコレクト発送(代引き発送)となります。

●お支払い金額:商品合計金額+代引き手数料324円+送料全国一律324円

※税込¥5,000円以上ご購入で、送料一律324円を無料とさせて頂いております

お問い合わせ先:

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490
FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965
FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924

instagram : freemanssportingclubtokyo

facebook : freemanssportingclub-tokyo