GOOD HAIRSTYLES FOE MEN TO WEAR AT WEDDINGS


ゴールデンウィークもあっという間に終わり、年が明けてから6月で半年が経ちます。

blogwed6

6月といえば”ジューンブライド June Bride”。

結婚式を挙げられる方、又はゲストとして参加される方も多いのではないでしょうか。

ジューンブライドの由来は諸説あるようですが、日本で広まったのは戦後のようです。

ギリシャ神話に登場するゼウスの正妻であり最高位の女神ヘラ。ヘラは結婚や出産を司る結婚生活の守護神であります。これがローマへと渡り、ローマ神話の中でヘラは女神ユーノー(JUNO)として登場します。そしてそのユーノーの守護月が6月(JUNE)と言う事で6月に結婚した花嫁(BRIDE)には生涯幸せが訪れると言われていた為、JUNE BRIDE”6月の花嫁”が生まれたと言われております。

新郎の方は勿論、ゲストとして参加する場合も”身だしなみ”が大切です。タキシードを着ていても伸びきった髪、無精髭のままではジェントルマンではありません。

本日は男性に向けたヘアスタイル・フェイシャルヘアに焦点を置いてウェディングまたはフォーマルなパーティーにお薦めのスタイルを幾つかご紹介致します。

主役の方々の職業やイベントのテーマによってボーダーラインは様々ですが、フォーマルパーティーでの共通した注意点は”清潔感”。手入れをする、という事が大切です。

特にウェディングの場合は親族の方々も集まる人生最大イベントの1つ。恥を掻かない、又は恥を掻かせない為にも身なりには気をつけたい所でしょう。

1 CLASSIC SLICKED BACK SIDE PART blogwed3

こちらのスタイルはおそらく1910年代以降ウエディングだけでなく様々なパーティーで通用するTHE CLASSIC。

 

2 SIDE PART POMPADOUR + MEDIUM FADE
blogwe

サイドから分け、前髪に少しボリュームを出したポンパドールスタイル。男らしさがあり、清潔感もある。

 

3  MEDIUM LENGTH SWEPT BACK

 

blogwed2

耳周り、襟足はスッキリさせ清潔感はありつつ、ミディアムレングスの髪を自然に流したオールバックスタイル。艶のあるプロダクトを使うとより男の上品さと色気が上がる。

4 BUZZ CUT + SKINFADE

blogwed5

バスカット(坊主)の場合はトップとサイドで長短をつけるとグッと洒落た印象に。

 

5 MAN BUN + FADE

blogwed4

髪の長さがミディアム~ロングの場合、私個人的には髪を下ろしていてもスタイリッシュで清潔感があれば良いとも思いますが、人によっては少し野暮ったい印象を与えてしまう場合もあります。特にフォーマルなパーティーは身なりに関しての決まり事が多いのでジェントルマンとしてスマートにこなしましょう。

MAN BUNとは男性版お団子ヘアの事で、後頭部、少し高めの位置で一つにまとめ、髪をお団子状にしたもの。ハリウッドスター達もレッドカーペットなどでこのスタイリングをしているのをよく見かけます。

ヘアクリームなどのプロダクトを使うと上手くまとまります。

もみ上げ、襟足はしっかりと整えましょう。

pro

FACIAL HAIR

クリーンシェーブは間違いないですが、髭を生やされている方は注意が必要。

ここが一番不潔な印象を与えがちなポイントです。パーティーの前には必ずバーバーショップに行きトリミングしてもらいましょう。それに加えて髭用のプロダクトを使用すると大分印象が変わります。FREEMANS SPORTING CLUB BARBERではイタリアの老舗メンズグルーミングブランドPRORASO(ポロラーソ)のBEARD OIL、BEARD BALM、MUSTACHE WAXをご用意しております。

 

blog

それともう一つ、帽子。

帽子は古くからジェントルマン達の大切なアイテムの一つ。

現代でもファッションアイテムとして人気も高い。

ただ注意しなければいけないのはクラシックジェントルマンとしては基本的に室内では脱帽、帽子を取って相手に敬意を示す慣わしがあります。

髪のスタイリングもお忘れなく。

帽子を被る被らないのボーダーラインに関しては難しいところではありますが、酔った勢いでボサボサの髪を披露するくらいなら始めから被らないほうがいいかもしれない・・。

帽子を取り入れるなら、サイド~バックはしっかり整え、髭も整えましょう。

 

sha

GO TO YOUR BARBER

結婚式や大事なパーティーの直前はあなたがいつも通っているバーバーショップ、もしくはバーバーに担当してもらいましょう。

髪を切る側からすると、数を重ねることで、よりお客様の好みや髪質を理解していきます。よってお客様個人個人に合ったアドバイスが出来るようになっていきます。

”この人に任せれば大丈夫”という信頼感を日頃から築いていくことも大切なことでしょう。

新しいバーバーショップお探しの方は是非FREEMANS SPORTING CLUBをお試し下さい。

 

本日はフォーマルに向けた髪型をいくつかご紹介致しました。少しでも参考にしていただければ幸いです。

FREEMANS SPORTING CLUBでは髪型だけでなく、スーツのオーダー、レストラン貸切のウェディングアフターパーティーなどトータルでのサポートも可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

では、FREEMANS SPORTING CLUBでお持ちしております・・。

 

TEXT BY YOSHIO SUYAMA