FSC WINE SELECTION


 

こんにちは。

 

雨の日が続き、もうすっかり梅雨ですね。

 

この雨が上がれば暑い日が続く事でしょう。

 

季節の変わり目ですが体調には気をつけて毎日を楽しんでいきましょう。

 

 

 

本日はレストランで提供しているワインのご紹介です。

 

ブログ用ワイン全体

 

 

 

 

はじめにレストランのハウスワインである、「indigo eyes」インディゴアイズから。

 

 

ブログ用インディゴ

画像左からカベルネソーヴィニヨン、ピノノワールの2種類が赤ワイン、一番右のシャルドネが白ワインです。

 

 

まずカベルネソーヴィニヨンから紹介させていただきます。

熟した黒系果実感と、しっかりとしたテクスチャー、滑らかなタンニンと美しい酸味がお口に広がる1本です。

 

対してピノノワールはというと華やかなアロマが強く感じられ、ナチュラルさエレガントさが特徴的な1本です。

 

比較してみるとしっかりとしたボディ感がお好みのお客様にはカベルネソーヴィ二ヨンを、

優しく飲みやすいワインがお好みのお客様にはピノノワールをお薦めさせていただいております。

 

 

シャルドネは奥行きのあるミネラル感、すっきりとした後味の反面、

しっかりとボリュームも感じられ、どんな料理にも相性がよい1本です。

 

 

3本とも目を閉じれば、すぐそこに広大なカリフォルニアのワイン畑が広がるようなイメージさえ浮かぶ味わいです。

スタッフからの人気も高く、赤白共にお薦めとしてハウスワインで提供させて頂いております。

 

 

 

「CUVAISON」キュべゾン

 

ブログ用キュべゾン

 

カリフォルニアワインの生産地として名高いナパヴァレーの中でも北部のシルヴェラード・トレイル沿いに位置するワイナリーで生産された2種類のワインです。

写真左がシラー、右がソーヴィニヨンブラン。

 

 

この地域は湾からの冷たい海風が舞い込む気候特性によって、冷涼な気候からの良質なピノノワールやシャルドネが生み出されている場所として知られています。

そして本来シラーの生育には不向きな場所なのですが、

その場所でこだわりを持って生育されたシラー100%でつくられたこのワインは、

ブラックチェリー、ブラックベリーといった黒系果実やラベンダーのような華やかな香り、

シラー特有のスパイシーでまろやかなタンニンもお楽しみいただける1本になっています。

 

 

そしてもう一本はソーヴィニヨンブラン100%でキレのある辛口の白ワイン。

生き生きとした酸味にキウイ、ライム、青リンゴ、ライチのような緑がかったソーヴィニヨンブランらしいニュアンス、

長い余韻と爽快感を感じる白ワインになっています。

 

 

 

 

 

「broc cellars」ブロックセラーズ ラブレッド・ラブホワイト・ヴァインスタージンファンデル

 

ブログ用ラブ

写真左がラブレッド、右がラブホワイト

 

 

ブロック・セラーズ社はブドウの生育において、本来の特性、素質を最大限発揮させるため、テロワールを重要視し、

また持続可能な農法および有機栽培またはビオディナミ農法によるブドウが不可欠と考えているワイナリーです。

水はけがよく、適度にやせた土壌、急勾配のある斜面、冷涼な気候、樹齢が高いブドウの樹、灌漑されていないブドウ畑…などがワインに様々な要素を与え、造るワインの表現力を助けてくれています。

 

 

ラブレッドはカリニャンという品種をベースに作られており、

エレガントな酸味とタンニン、口当たりの良いスパイシーさが特徴でとてもバランスの良い1本に仕上がっています。

 

 

白ワインのラブホワイトはマルサンヌ種をベースに作られています。

桃や柑橘系のフルーティーでみずみずしい香り、それに加えて自然派特有な旨みもぎゅっと詰まっている1本です。

 

 

どちらのワインも口当たりがとても良くこれからの季節にピッタリのがぶ飲み系のワインといえるでしょう

 

 

 

ヴァインスタージンファンデル

 

ジンファンデル100%使用のこちらはフレンチオーク樽熟成で生き生きとしたアロマ感と滑らかな舌触り、

紅茶葉のような香りとスパイシーさも感じられ、口当たりはややふっくらとしています。

 

ジンファンデル種のワインなのですが、その種の良い部分は失わず、それでいてとても上品なワインに仕上がっています。

 

 

 

 

「BIRICHINO」ビリキーノ

 

 

vingris

 

イタリア語で「わんぱくな~」という意味を持つこのワイナリーのモットーは「素晴らしい香りとバランス、いい意味での気まぐれさを兼ね備えたワインをつくること。」だそうです。

そんなわんぱくなワイナリーの作るヴァングリ(赤ブドウで作られる白ワイン)は、

樹齢100年を超えるグルナッシュを主体に、ロールやムールヴェードル、さらに樹齢125年!?のサンソーをブレンド。

キレのある辛口なのですが、そのすべてを手摘みで収穫し温かみのあるワインに仕上がっています。

 

ビリキーノはこのワインのことを、

 

「食事の際に『幸せのコンパニオン』として作用するドライなロゼワイン」と述べています。

 

 

 

 

以上簡単にご説明させていただきました。

 

 

ご来店の際には気兼ねなくスタッフにお声をおかけください。

 

そこでまたワインのお話しをしましょう。

 

 

 

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

お好きな料理に合わせて仲間たちとテーブルを囲み、ゆっくりとワインをお楽しみ下さい。

 

 

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

texted by AKIYUKI KAMADA

RESTAURANT:03-6805-0494