名作を育てる時間


blogbelt
『名作の生まれる瞬間』
から2ヶ月。

ようやく、F.S.C.オリジナルのヌメ革を使用したメッシュベルトが入荷してきましたので、改めてご紹介させて頂きます。

前回ご紹介させて頂きました通り、名作の名に偽りなく、大変素晴らしいプロダクトに仕上がっておりますが、これで終わりの商品ではないことは、ご一読された皆様にはご存知のはず。

ちょうど、前回のブログを書き上げたタイミングで仕上がってきたサンプルのヌメ革メッシュベルトですが、ヌメ革の経年変化がわかるサンプルが必要ということで、商品入荷までの間、私が、そのまま着用させて頂くことになりました。

今回は、2ヶ月間使用した場合の経年変化について書き留めておきますので、
是非、ご購入の際のご参考にしてみて下さい。

meshbeltblog

image1 (4)

(画像1枚目、2枚目の上が新品のヌメ革となります。下が2ヶ月使用したヌメ革となります。)

※ヌメ革の特性上、水ものによる水滴ジミが目立ってしまうのを恐れて、着用する前に自宅のベランダで5日程度、日光に当て日焼けをさせてみています。

2ヶ月間使用してみて…

着用している本人としては、毎日見ているので変化に気付き難いですが、入荷してきた商品と比べてみると随分と色が変化した事に気付きました。
(編み目の下に入り込み部分の革は、ほぼ新品に近い白っぽさが残っています)

使用していて気づいたのは、他のアイテムとは異なり、ベルトは着用していると(特にジャケットやシャツで隠れてしまう場合など)日焼けによるエイジングは少ないと思います。

ここまで色に変化が現れたのは、着用前に行った天日干しによるものが大きいと考えられます。

ですので、新品同様の様に白っぽく使いたい方は、天日干しは必要無いと思います。
逆に、通常使用していても日焼けが進むことが少なくなりますので、しっかりと色付けしたい方は、お好みの色に近づくまで日光に当てるのもいいかもしてません。(あくまで自己責任でお願いします)

革自体は、2ヶ月という短時間ではありましたが、毎日使っていましたので柔らかくなり、新品時の硬さがすっかり無くなり使いやすくなりました。また、バックルに通す際の抵抗も無くなり、スムーズになりました。

長さに関しては、サンプル時点より修正を加えている為、正確性に欠けますが、2ヶ月の使用でも若干伸びていて、編み目の部分で負荷の掛かりやすい場所は細くなっていることが分かりました。

革による伸びというよりは、メッシュベルトの編み目による伸びになりますので、今後も着用回数によっては更に伸びていくものと考えられる為、気持ち短かめを選んだ方がいいかもしれません。(以前購入した、前モデルのメッシュベルトでは、着用1年後くらいには約5センチくらい伸びていました)

バックル部分(真鍮製)に関しては、経年変化が確認出来ませんでした。

2ヶ月という短い期間でしたので、いわゆる飴色までのエイジングには程遠い結果でしたが、新品だけではなかなかイメージしづらい商材でしたので、お客様にとっては良いサンプルとなったと思います。

是非、ご自身で更なるエイジングのベルトを育ててみてはいかがでしょうか。

*今回の記事内で紹介したエイジングサンプルはF.S.C.-GINZA SIX店にのみ展示しております。ご興味のある方は是非店舗までご来店下さいませ。

STYLE NO. UF83-1EZ001
FSC MESH BELT
COL. BLACK, D.BROWN, NATURAL(ヌメ)
サイズ S(着用79㎝相当)、M(着用89㎝相当)、L(着用99㎝相当)
上代 ¥14,000+TAX

詳細は店舗スタッフまでお問い合わせ下さい。

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924
FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965
FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

TEXT BY KAZUMA KAKIMOTO