グリーンがもつ本来の自然美と経年変化を魅せる、独自のスタイリングを提唱するプラントアーティスト川本諭 氏のブランド【GREENFINGERS】

自身の植物を中心としたライフスタイルショップを運営しながら、世界を飛び回り数々のブランドとコラボレーションし、見る者を魅了し続けています。

そんな川本氏とは、元々FSC NYのBARBER SHOPの内装を手掛けていたご縁があり、東京にあるFSC各店舗の内装も手掛けていただいております。

それでは、FSC青山店のご紹介と共にご覧ください。
DSC_0025
まずは、エントランス。
FSCの雰囲気を一層高めてくれるグリーンは男らしさを兼ね備えつつ繊細さが感じられます。
DSC_0004
コーヒーカウンターとも相性がいいですね。
DSC_0096
エントランスを入ると、フリーマンズな男たちが愛するスポーツであるキャンプ、狩猟、フィッシング、ツーリングなどに適したアイテムが並ぶ、カジュアルフロア。このフロアの右奥の通路を進みますと…
DSC_0141
各フロアに通ずる階段がありますので、まず地階のレストランへ。
DSC_0032
レストランのドアを開けると目に飛び込んで来るのが、壁面に飾られたヘラジカの剥製の数々。
こちらの剥製に川本氏の手が加わると、まるで絵本の中から飛び出してくるような躍動感を感じられます。
DSC_0046
独特のライトグリーンの壁が落ち着いた雰囲気のあるレストランフロア。
奥にはクラシックなバーカウンターがあり、FSC特製ウイスキーサワーを飲みながら語り合うのも一興ではないでしょうか。

DSC_0081

外にはテラス席があり、天気の良い日に見上げると青空とグリーンに癒されます。

DSC_0087

DSC_0139
2階のテーラーフロア。
男の身だしなみはすべてFREEMANS SPORTING CLUBでお任せを。

DSC_0157
3階のバーバーフロアには、我らがMr,ダンディー須山がお出迎え。
NYスタイルであるタイル張りのスタイリッシュな空間の中で男の身だしなみを整えてみてはいかがでしょうか。
DSC_0201

こちらな銀座店ですが、個性のあるグリーンがタイル張りの空間をより良く演出してくれています。
DSC_0144
こちら、青山バーバースタッフが育てているグリーン。フリーマンズな男たちはグリーンを愛しています。
実はFSC二子玉川店には、GREEN FINGERSのショップがございます。
DSC_0246
こちらがFSC二子玉川店。
DSC_0231
小ぶりのものから店内装飾でも使える大ぶりのものまで個性溢れるグリーンを揃えています。
DSC_0224DSC_0235
ドライフラワーや造花を組み合わせたブーケやドーム型のオーナメントも人気で、生花と組み合わせることにより、いつもと違う空間を演出してくれます。
また、生花と違い水やりが不要のため、忙しい方でも簡単にグリーンを取り入れることができます。
DSC_0241

グリーンと人との関わり方をより豊かに、身近に感じて欲しいという川本氏の想いから生まれるプロダクト。
初めての方は、まずは小さなグリーンから育ててみてはいかがでしょうか。

TEXT BY YOICHIRO MATSUYAMA

お問い合わせ先 :

FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924

instagram : freemanssportingclubtokyo

facebook : freemanssportingclub-tokyo

さて、昨年は桜を初夢に見たわけですが、2018年の初夢は・・・・・・

覚えていません!そんな年もありますな。皆様はどんな初夢をご覧になられましたでしょうか。

わたくし来年こそは、一富士、二鷹、三茄子を狙っていきたいと思います。

 

ご機嫌麗しゅう!!!FSC二子玉川BARBERでございます!!!!!

1月18日から!!!玉川髙島屋スペシャル4Daysでございます!!!!!

 

と言う訳で、FREEMANS SPORTING CLUB 二子玉川店もスペシャル4デイズなのでございます~☆

と言う訳で、今回はこの機に乗じて、個人的に1回やってみたかったやつを~☆

 

【STAFF STYLE 番外編】

バーバーフロアよりお届けいたします今回のモデルは、冬でも半袖シャツしか着ないので、お客様からも寒くないのか?と時々心配されている、あの、本間さん!!!!!!!

image1 (2)

本間ファンの皆様、特に必見です!もし、ブログをご覧になってからのご来店の際には、一言「ブログみたよ~」と本人に是非お伝え下さい。本間のいつも以上の素晴らしい技術と最高の笑顔のお返しがございます。それ以外は特に・・・笑

image3 (1)

FSC JP SPORTS COAT   ¥73440⇒40%OFF¥44064

格好良いですよ!!!!!

LS SHIRT  ¥30240 ⇒40%OFF¥18144

image1

IMG_0975

こちらはリバーシブルでの着用ができます。

肌触りも気持ちよいのです~

 

どちらがお好みですか?

 

REVERSIBLE JACKET

¥62640⇒40%OFF37584

 

image2

こちらのキャンプシャツは本間もお気に入り!

釣りに行こう!これを着て釣りに出かけたら、きっとお魚が釣れますよ、本間さん!

CAMP SHIRT  ¥49680⇒40%OFF¥29808

image2 (1)

パキッとした色もお似合い!

ポケットも付いていて厚手なので春先にはアウターとして羽織っても良いですね。

WOOL WAFFLE (INNER)

¥23760⇒40%OFF¥14256

 

NAPING WOOL

¥36720⇒40%OFF¥22032

 

image2 (2)

image3

こちらの2枚は、笑顔特集!

照れつつもモデルを引き受けてくれました~

久々に七三スタイルにキメテ、本人も案外まんざらではない様子でした。ナイスモデル!

参考までに本間サイズですが、身長180cm、体重TOP SECRET!でございます。

 

スペシャルデイズの4日間、セール商品2点以上のご購入で、更に10%OFF!!!ぜひこの機会にご利用下さいませ。

FSC 二子玉川店 スタッフ一同、お待ちしております。

 

19・20・21日にご来店、玉川髙島屋駐車場をご利用予定のお客様は、お時間にゆとりを持ってお出かけ下さい。

 

TEXT BY  FUMIE MATSUDA

 

月日が経つのは早いもので、2017年も残りわずかとなりました。

ついこの間まで白い麻のスーツを着て額から汗を流していたかと思えば、いつの間にかスーツもフランネル地に変わり、オーバーコートを羽織る季節になりました。

本日は12月8日(金)から始まりましたPATTERN ORDER SHIRT “SPECIAL OFFER”のご案内と私自身がFSCで仕立てて頂いたシャツをご紹介したいと思います。

IMG_6498

 

私にとって衣類とは武士にとっての甲冑のような物。

身体の保護、生理的・機能的な要素と自分自身の存在意義を表現する装飾品のようなものだと考えております。

故に身に纏うもの、持ち物にはこだわりたい。

勿論、既製品でもすばらしい物は沢山ありますし、私ヴィンテージも多々着用いたします。

そもそも私がオーダーメイドに興味を持ったきっかけは、自分の体にフィットするものを見つける事がとても困難であったこと。

スーツを着るときに最も重要な事の1つはサイジングですが、私体が小さく、以前は既製品・ヴィンテージを直して着用する事も少なくありませんでした。

既製の物やヴィンテージを直して着る事に少し罪悪感があり、と言うのも元々のシルエットを失ってしまうし、アーティスト達のクリエイションに傷を付けているような気がしてしまうから。

その点オーダーメイドは細かいディティールも自分の好みにカスタム出来るし、”私”の為だけに仕立ててくれる。

世界に1着しかないという贅沢感。

ボディの形は常に同じシルエットで、襟型は多様に使い分け、袖口はフレンチカフスでヴィンテージのカフリンクス。

ボタンは白蝶貝。

特にシャツは直接肌に触れるから生地にもこだわりたい。

そんな拘る男達の様々なわがままを叶えてくれるのがオーダーメイドではないでしょうか。

前置きが長くなりましたが、私のコレクションを一部ご紹介させて頂きます。

改めて自分のワードローブを眺めてみると、圧倒的にストライプが多い。

IMG_6504

こちら春先から夏場、頻繁に着用するグリーンのストライプ。ラウンドカラー・ピンホール。

yoshiblog - コピー

アクセサリーでゴールドをプラスするとより華やかに。ネクタイを同系色にすれば、落ち着いた森のように、色物ならどんな花を咲かせるか。

IMG_6510

爽やかなブルーのブロックストライプ。ラウンドカラー。派手の一言。このシャツを着るときはベスト無しで、スーツもシンプルな物を選び、シャツを主役に。

IMG_6517

スペシャルな一着。イエローストライプ・ロングポイントカラー。1930年代のムービースターのようなシャツが欲しくて仕立てた一着。襟型は通常の型の中になかったのでヴィンテージシャツの襟型を参考にパターンを作って頂きました。(オプション)

IMG_6519

ボディは全て同じ型で、背中のヨーク部分・袖山部分にギャザーを入れ、よりヴィンテージドレスシャツのように。

IMG_6578

基本的に注文する時はまず好き勝手に注文し、専門家の話にはうなずく。そして全てが決まれば後は黙って待つだけ。

約1ヵ月後には世界で1着の”私だけに作られたシャツ”が届く。

IMG_5893

 

PATTERN ORDER SHIRT “SPECIAL OFFER”

開催期間:12月8日(金)〜12月31日(日)
開催店舗:FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO
FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA
FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX
価格:¥28,000+TAX〜 (シャツ2着)

皆様も新年へ向けシャツを新調してみてはいかがでしょうか。

IMG_6587

FSCではヴィンテージのアクセサリーも取り扱いございますのでシャツとご一緒に是非・・。

171206_ordershirt_top

TEXT BY YOSHIO SUYAMA

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924

 

季節はずれの台風は落ち着きを見せ、ハロウィンも終わり、まだまだ空気は冬の気配を捉えきれないと言うのに、街は早くもと言うか、例年通りと言うか、すっかりクリスマス仕様に変わり始めております。

通常でも玉川髙島屋のイルミネーションは綺麗なのに、クリスマス仕様になると更に綺麗に見えるのは何故なのでしょうか?空気が澄んでくるからなのか、通常より強い光を放っているのか、理由は不明でございますが、とにかく、只今、玉川髙島屋のイルミネーションは綺麗でございます!

 

そうそう。ハロウィンの日には駅の改札を抜ける女豹を見かけました。残念ながら、後姿だけでお顔を拝見することはできなかったんですけどね・・・後姿はなかなか色っぽくてですね、わたくしはついつい「今夜は獲物を見つけるのかしら~。それともハンターに捕まっちゃうのかしら~。」などと考えてしまった次第でございます。

 

ご機嫌麗しゅう!!!二子玉川BARBERでございます!!!!!

 

さて、街はクリスマス。クリスマスと言えばサンタクロース。サンタクロースと言えば真っ白で立派な髭。

最近よく考えるんです。そう、サンタの髭の事を。サンタの髭のスタイリングやトリミングのあれこれを。あの立派な髭ならいくらでもアレンジが出来そう!

と言うことで、サンタ髭の想像お手入れと想像アレンジしてみましょう。是非ご一緒に想像してみて下さい。

 

 

まずは、モフモフ・フワフワ風の髭をしっとり・さらさら風にアレンジ。三分の二くらいのボリューム感にしてみましょう。

 

使用するのは、PRORASOのビアードオイル。DSC_0006サンタさんのお髭は長さも量もあるので、十滴くらいをなじませましょう(足りないようなら足して下さい)。そして、ビアードコームでコーミン。

ひとまわり位スリムになって、ちょっぴり都会的なシルエットのお髭になりました。

 

 

 

 

さぁ、ベースを整えた所で次は、ムスタッシュ(鼻の下のお髭ですね)を整えましょう。

サンタさんはフルビアードと呼ばれる、いわゆるお顔全体に髭面ですが、部分的に整えてみます。

ムスタッシュには、MOUSTACHE WAXを使用します。これで、形は自由自在。う~ん。どんな形にしましょうか・・・

DSC_0002

 

 

 

カイゼル髭に決定!髭の先端が上向きにシュッとした形になっているあれです。思いっきり上に巻いてあげましょう。立派なお髭が、更に堂々と威厳に満ちたものになりました。

 

 

想像サンタ髭、上手にできましたか?今年のクリスマスには、いつもと違ったお髭のサンタクロースが来ちゃいますね♪

 

 

今回サンタに使用しました「PRORASO ポロラーソ」のオイルとワックスは、とっても香りが良いんです。ウッド&スパイスの香り。ドレスアップに似合う香りとでも表現したら良いでしょうか。サンタクロースが香りも纏ってやって来る!?サンタパパもサンタ彼も、この香りを纏ってプレゼントを届けてみてはいかがでしょう。

 

子供たちが気配に気付いて薄目を開けて辺りを覗うと、そこにはもうサンタの姿はなく、プレゼントとPRORASOの香りだけが残っていた。

なぁんてお話し、ちょっと素敵かもしれませんね。

DSC_0001_46

 

そして、皆さんはご存知ですか?

クリスマスを終え、お仕事もひと段落のついたサンタクロースは、髭を全て剃り落とすことを。来年のクリスマスに向けての準備です。あの立派なお髭は一年間かけて丁寧にお手入れをしながら伸ばしているんですね。(はい。うそ~。たった今、私が作った作り話ぃ。でも、あながち間違いでもなかったりして!)

お髭を綺麗に伸ばしていくのには、ビアードバームを毎日使います。これは、髭とお肌の美容液のようなものです。乾燥しがちな髭部分のお肌もしっとり(これは本当です)。香りは勿論ウッド&スパイス。

サンタクロースのお気に入りの香り。

 

 

 

DSC_0008

 

 

こちら、サンタクロースのお気に入りPRORASOの商品は、FSC TOKYO・FSC 二子玉川・FSC 銀座の3店舗にて取り扱っております。

ぜひお手に取り、使用感はもとより、その香りもお確かめ下さい。お髭は全く伸ばしていらっしゃらない方も、ビアードバームはお顔の美容液代わりや香水の代わりにご使用いただくことも出来ます。

 

 

さぁて、今年のクリスマスは我が家にサンタはいらっしゃるかしら?もしいらしたら、お髭をお剃り致しますね!!!

 

 

TEXT BY  FUMIE MATSUDA

年々何だか日本の夏に別の季節の呼び名を付けたほうが良いのではないかしら?と思えてくるような不思議な気候に変わってきておりますね。

そうして、あっけなくそっけなく夏はいってしまったようです。

 

残念な事に、今年の多摩川の花火大会は中止になってしまいました・・・泣

稀に見る嵐っぷりでございましたね。びしょ濡れの浴衣で駅に向かうお若い方々の姿を気の毒に思いながら見送りつつも、うぅむこれはこれで、記憶に残る光景だ!と少々呑気な事を考えておりました。

来年は晴天を美しい花火が彩る夜になることを期待!!!

 

ご機嫌麗しゅう!FSC二子玉川BARBERでございます!!!!!

 

さて、今年の秋が深まる頃には、Freemans Sporting Club 二子玉川店、三年目を迎えます。

お陰様で、「今まで知らなかったよ~」と仰りながらご来店くださるお客様が増えてきております。そして、「いつからあるの?」と言う質問を多く耳にする日々。

ということで、本日は改めまして二子玉川店のご紹介を。

 

2015年11月にFreemans Sporting Club JP の2号店として、玉川髙島屋南館アネックスにオープンしました。(ここ、注意点です。髙島屋の南館内にはございません。別館になります。)

0591階・2階にはカジュアルウェアやスーツ。そして、3階にバーバーがございます。

建物自体も大きいので、FSC3店舗中で一番広い店舗になります。

 

バーバーは大きな窓に囲まれていて、晴れた日の昼間にご来店のお客様から、そのロケーションはご好評をいただいております。また、GREEN FINGERS MARKET の植物たちが元気に育っているのも楽しんでいただけます。珍しい植物をご覧になれるかもしれませんよ。

このロケーションを楽しんで頂くのに特にお勧めなのは、太陽の位置が低めになってくるこれからの季節。

036

 

日の光が店内に差し込み、明るく、瑞々しさが溢れます。

更に、これからの季節には店内に虹が現れるんです!正確には、プリズムと呼ばれるあれですね。美しいんですよ。鏡やサブウェイタイルに七色の光。

001

 

 

 

そして、二子玉川店と言えば、個室とオプションメニューがあるのも特徴的です。

個室は、虹の出る大きなフロアとはグッと雰囲気が変わりまして、重厚でシックな趣きとなっております。

主にレディスシェービング・オプションメニューをご希望の際に使用しております。個室料金は頂いておりませんので、気になるメニューがある方は是非一度、個室とオプション体験してみて下さい。

204

 

 

 

 

 

 

 

今年4月にはGINZA SIX店もオープンいたしました。表参道店とあわせまして現在、3店舗での展開となります。

既に、バーバー3店舗制覇されていらっしゃるお客様も多数いらっしゃいまして、それぞれの店舗を楽しんで頂いているようです。ありがとうございます。

もしまだ、いつもの店舗にしか行ってないなぁ・・・という方がいらっしゃいましたら、他の店舗にも足を運んでみて下さい。違った楽しみが見つかるかもしれません!

 

因みに二子玉川店のお勧めメニューは炭酸クレンジングシャンプー。身も心もリフレッシュ!!!

シェービングのみ、シャンプーのみでも受付可能ですので是非ご予約下さいませ。

 

005

 

各店にて、バーバースタッフ一同、お待ちしております。

 

 

 

TEXT BY  FUMIE MATSUDA