禁酒法

 

かつてアメリカにはそんな法律がありました。

 

20世紀初頭、第一次大戦後の荒れ果てた世界秩序の中、

疲弊してゆく欧州諸国を差し置き繁栄を遂げた若き日のアメリカ。

空前の好景気の中、数々の論争を経て議会で成立されたのがこの法律です。

 

しかし、アルコールを嗜好する文化は無くなるはずがありません。

やがて人々はスピークイージーと呼ばれる酒場に集うようになります。

スピークイージーとは、いわゆるもぐり営業をしていた酒場のことです。

その多くは洋服店や理髪店の奥の一室などに併設され、密かに営業していました。

 

1920年代のニューヨークにはおよそ3万軒以上ものスピークイージーがあったそうです。

やがては禁酒法も廃案となり、裏に酒場を構える理髪店なども、当然見ることが無くなりました。

 

そして現在。

 

美容業界、ファッション業界の躍進とともに、保守的なイメージのある理髪店は次第に影を潜めるようになります。

かつて日本でも、理髪店が敬遠された時代がありました。

 

それが昨今、

日常的に理髪店に通う男性が増え、世界的にも理髪店の価値が再評価されつつあります。

 

数週間おきに、顔馴染みの理髪師と、いつもの席で他愛もない話をしながら、髪や髭の手入れをする。

そういったことに喜びを感じる男性が増えているというのです。

これはこの仕事に携わる者として、また何より理髪店文化の1人のファンとして、とても嬉しいことです。

 

そして男性達が集まれば、そこは活気のある社交場となるのです。

高度にデジタル化が進んだ現代においてなお、人々が直接顔を合わせお酒を酌み交わす場には特別な価値があるのだと私は思います。

 

今年6周年を迎えたFREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO(以下FSC)は、レストラン/バーと理髪店を共存させた、日本でも数少ない空間です。

 

そのような場所にあって何か面白い事ができないか。

 

この度、バーバーに集う人々にスポットを当てたイベントを開催いたします。

0803snb

8/3 (土)19:30〜

Entrance ¥1,000 (1drink付き)

 

 

180501_fsc5th_staffs_0004180501_fsc5th_staffs_0023

 

TOKYO店バーバーTOMOHIRO NAGAOKA、GINZA店バーバーSHUZO TAKASHIROもDJを担当します。

 

 

かつての人々がスピークイージーに集った様に、この空間を皆様と共により一層盛り上げていけたらと思っています。

また禁酒法の時代といえば、

カクテル文化の黎明期だとも言われています。

かつての密売人たちは化学者の力まで借りながら、たくさんのカクテルを生み出したそうです。

 

例えば有名なのが、スクリュードライバーやロングアイランド・アイスティー。

どちらも一見するとオレンジジュースやアイスティーを飲んでいるかのようです。

粗悪な密造酒を使い、試行錯誤を重ねた彼らの努力が伺えます。

私たちが普段何気なく口にしているそのカクテルも、歴史を紐解けば面白い逸話が隠されているかもしれません。

 

今回のバーバーイベントを記念しまして、FSC – RESTAURANTから今回のイベントにぴったりなスペシャルカクテルもお作り致しました。

0

 

お立ち寄り際は、是非ご賞味くださいませ。

 

 

ちなみに、男女が入り混じっての飲酒文化が始まったのもこの時代からだとか。

この空間が、これからも多様な人々の交流の場となることを願っています。

 

 

FSC – TOKYO BARBER

TAKAHIRO KOYAMA

 

 

 

6月17日日曜日は父の日。

日本では6月第3日曜日に定められており、お父様方に日頃の感謝を示す大切な日でございます。

父の日の起源は1909年のアメリカ、ワシントン州スポケーン。 ソノラ・スマート・ドットという女性が男手一つで自分を育ててくれた亡き父親に感謝を込め、父親の誕生月である6月に教会で礼拝をしてもらったことが始まり。

母の日はカーネーション、父の日は白いバラ。

この白いバラは1910年の祝典の際、YMCA(キリスト教青年会)の青年たちが父を讃えるために、父が健在の者は赤いバラ、亡くなった者は白いバラを身につけた事に由来しているそうです。

本日はFREEMANS SPORTING CLUBよりご提案する父の日ギフトをご紹介させて頂きます。

1 TIE

NEWS PAGEでもご紹介しておりますネクタイ。

FREEMANS SPORTING CLUBでは色・柄・素材豊富にご用意しております。

tieblogs

ADAMLEY 50oz TIE color:gray / wine / navy / dark navy / indigo / brown silver / green price:¥15,000+tax

tieblogk

GERMANY KNIT TIE color:black / navy / brown / yellow / beige / orange / khaki / green price:¥15,000+tax

tieblogus

TIE (MADE IN USA) color:brown st / navy st / gray st / burgundy / blue dot / navy fl price:¥15,000+tax tieblogr

REP SINGLE STRIPE TIE color:brown / beige / khaki / wine / brown / gray price:¥12,000+ta tieblogp

13 STARS BUTTON TIE color:navy / red price:¥15,000+tax DEAD STOCK KOMON PRINT TIE color:blue / orange price:¥15,000+tax GAME TROPHY TIE color:black / navy / red price:¥14,000+tax FSC PERSIAN TIE color:brown / red price:¥15,000+tax CLUB TIE color:red / navy price:¥14,000+tax

2 FSC × SEIKO blogseiko price:¥43,200 (TAX IN)

タウンユースにも使えるモダンなデザイン。

アクティブなお父様にも是非。

3 TOTE BAG unnamed (2)

 

4 PRORASO BEARD PRODUCTS unnamed BEARD BALM : ¥4500+tax MOUSTACHE WAX : ¥3000+tax BEARD OIL : ¥4500+tax

自分ではなかなか手を出しづらい髭用のプロダクト。

この機会に是非、プレゼントしてみてはいかがでしょうか。

5 FSC DAILY POMADE  unnamed (1) FSC DAILY POMADE : ¥1800+tax

FREEMANS SPORTING CLUB オリジナルの水溶性ポマード。

ベリーショートからクラシックスタイルまで使えるオールマイティの整髪料。無香料なのでビジネスシーンでもお使いいただけます。

 

FREEMANS SPORTING CLUBでは本日ご紹介した商品の他、多数アイテムをご用意しておりますのでお気軽にお立ち寄り下さい。

 

 

TEXTED BY YOSHIO SUYAMA

 

 

IMG_7220
バレンタイン。

2月14日に祝われ、世界各地でカップルの愛の誓いの日とされる日

アメリカでは、男性から女性に、或いはお互いに告白するのだそうです 渡すのもチョコレートではなくて、

薔薇やメッセージカードが定番。 キリストの宗教的なものが強く影響されているのでしょうか。

 

日本では、義理チョコ、友チョコなど様々文化が派生していますね。

商業的作戦が非常に垣間見えるものがありますがこれもまた文化形成の一興ともいえるでしょう

 

 

180208_valentine_top

アメリカでは、また「感謝の意を示す」という形でも贈り物をするそうです
FSC TOKYO では、日ごろのお客様への感謝の意を込めて、FSC ORIGINAL HOT CHOCOLATE をお配りさせて頂きます。
 
 
個人のおススメとしては甘すぎるものが苦手なためFSC オリジナルブレンデッドモルトウイスキーを少し加え、
少し大人なホットチョコレートを楽しみたい。(ウイスキーはお好みで有無をお選びください)
 
また少量ではございますが、アパレルスタッフよりハンドメイド DRY FLOWER を先着でプレゼントさせて頂きます。
IMG_7167
少し早めのヴァレンタインとはなりますが、FSC TOKYO 店にて温かくお過ごしくださいませ。
 
日時:2018年02月 10,11,12日(土)(日)(月)
※営業スタートと同時に開始、ドライフラワー、ホットチョコレート共になくなりしだい終了となります。
場所:FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO
TEXT BY SHIMPEI MASUNAGA

グリーンがもつ本来の自然美と経年変化を魅せる、独自のスタイリングを提唱するプラントアーティスト川本諭 氏のブランド【GREENFINGERS】

自身の植物を中心としたライフスタイルショップを運営しながら、世界を飛び回り数々のブランドとコラボレーションし、見る者を魅了し続けています。

そんな川本氏とは、元々FSC NYのBARBER SHOPの内装を手掛けていたご縁があり、東京にあるFSC各店舗の内装も手掛けていただいております。

それでは、FSC青山店のご紹介と共にご覧ください。
DSC_0025
まずは、エントランス。
FSCの雰囲気を一層高めてくれるグリーンは男らしさを兼ね備えつつ繊細さが感じられます。
DSC_0004
コーヒーカウンターとも相性がいいですね。
DSC_0096
エントランスを入ると、フリーマンズな男たちが愛するスポーツであるキャンプ、狩猟、フィッシング、ツーリングなどに適したアイテムが並ぶ、カジュアルフロア。このフロアの右奥の通路を進みますと…
DSC_0141
各フロアに通ずる階段がありますので、まず地階のレストランへ。
DSC_0032
レストランのドアを開けると目に飛び込んで来るのが、壁面に飾られたヘラジカの剥製の数々。
こちらの剥製に川本氏の手が加わると、まるで絵本の中から飛び出してくるような躍動感を感じられます。
DSC_0046
独特のライトグリーンの壁が落ち着いた雰囲気のあるレストランフロア。
奥にはクラシックなバーカウンターがあり、FSC特製ウイスキーサワーを飲みながら語り合うのも一興ではないでしょうか。

DSC_0081

外にはテラス席があり、天気の良い日に見上げると青空とグリーンに癒されます。

DSC_0087

DSC_0139
2階のテーラーフロア。
男の身だしなみはすべてFREEMANS SPORTING CLUBでお任せを。

DSC_0157
3階のバーバーフロアには、我らがMr,ダンディー須山がお出迎え。
NYスタイルであるタイル張りのスタイリッシュな空間の中で男の身だしなみを整えてみてはいかがでしょうか。
DSC_0201

こちらな銀座店ですが、個性のあるグリーンがタイル張りの空間をより良く演出してくれています。
DSC_0144
こちら、青山バーバースタッフが育てているグリーン。フリーマンズな男たちはグリーンを愛しています。
実はFSC二子玉川店には、GREEN FINGERSのショップがございます。
DSC_0246
こちらがFSC二子玉川店。
DSC_0231
小ぶりのものから店内装飾でも使える大ぶりのものまで個性溢れるグリーンを揃えています。
DSC_0224DSC_0235
ドライフラワーや造花を組み合わせたブーケやドーム型のオーナメントも人気で、生花と組み合わせることにより、いつもと違う空間を演出してくれます。
また、生花と違い水やりが不要のため、忙しい方でも簡単にグリーンを取り入れることができます。
DSC_0241

グリーンと人との関わり方をより豊かに、身近に感じて欲しいという川本氏の想いから生まれるプロダクト。
初めての方は、まずは小さなグリーンから育ててみてはいかがでしょうか。

TEXT BY YOICHIRO MATSUYAMA

お問い合わせ先 :

FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924

instagram : freemanssportingclubtokyo

facebook : freemanssportingclub-tokyo

Do not miss it.

IMGP2600

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO

03-6805-0490(SPORT CASUAL / TAILOR)