まだ幼かった頃の思い出。
宿題の読書感想文を書く為に、大して興味を抱いたわけでもない児童文学を読んでいました。
眠気と戦いながらぼんやり文字の羅列を追っていったとき、ふと目に入った『ぶどう酒』という言葉。
当然のごとくこれまで口にしたことの無かった、その『果物の名を冠した液体』に強烈な引力を感じたことを、
今でもたっぷりの高揚感ととともに思い出すことが出来ます。
子供ながらに少しの背徳感すら覚えるその知的欲求を。
 IMG_1797
『ぶどう酒』を主人公がぐびぐび。時にはちびちびと口に運ぶ様子を頭の中で描きながら、
「大人になったら『ぶどう酒』を飲もう!」と考えに耽ったものです。
ここまで読んでくださった懸命な読者の方ならもうお分かりかと思いますが、
今回のFREEMANS SPORTING CLUB(以下FSC)- TOKYO RESTAURANT の BLOG のテーマは「ワイン」です。
gahag-0112885337
3月をめどに大幅なドリンクメニューの刷新を目論むFSC – TOKYO RESTAURANT Bar Teamより福井が、
新しくリストに入れる予定のワインの中でも選りすぐりの数本をご紹介致します。
まずは1本目。
【FRV 100 Rose】
th
フランスのブルゴーニュ地方、
ボジョレー地区(11月頃に巷で話題になる新酒でお祭り騒ぎで御馴染み)にある
シャルネー村にある《ドメーヌドテールドレー》のスパークリングワインのご紹介です。
『黄金色の土壌』と名付けられた南ボジョレーの雄が作り上げるワインはどれも果実本来のフレッシュさを残しながらも、且つバランスよくタンニンも楽しむことができます。
その名の通り黄金色の石灰質土壌が育む葡萄は従来のボジョレー地区でよく見られる《セミ・マセラシオン・カルボニック》ではなく、
除梗し、ブルゴーニュトラディショナルな醸造方法を用いてワインへと変貌を遂げて行きます。
この個性的でストイックなドメーヌから【FRV 100 Rose】というスパークリングワインをご用意致しました。
ボジョレー地区が誇る伝統的な品種 ガメイ をベースに作られたこの華やかなピンク色のスパークリングワインのアルコール度数は7.5パーセントと大変飲みやすい仕上がりになっています。
飲みやすいアルコール感を裏腹に味わいはジューシーそのもの。
親しみやすく飲みやすい赤いベリー系の果実を思わせるその心地よい甘さがきっとあなたを虜にすることでしょう。
食前酒や食後のデザートワインにぴったりのこのワインを従来のようにボトル売りしかしないのはもったいない、、、ということで。
「グラスでもご提供させていただきます。」
「グラスでもご提供させていただきます。」
「グラスでもご提供させていただきます。」
IMG_2862
大切なことなので3回書かせていただきました。
乾杯のお供に是非ご賞味いただければ後悔はさせません。
続いてはカリフォルニアのサンタバーバラにある、
【Lo-Fi・Wines】の、カベルネフラン、シュナンブランと赤白1本ずつのご紹介です。
 Lo-Fi-300x300
どうですか?このルックス。
このクールなルックスで作り上げるワインはオーガニック、、
正直仲良くなれる気しかしません。
【Lo-Fi・Wines】の特徴はとにかく自然な醸造とローカル感に尽きると思います。
天然酵母の使用、開放木樽、SO2もごく少数のみの使用、全房発酵、手摘み。
所謂自然なワインのイメージに沿ったごく全うな作り方で彼らはワインを生み出しています。
以下は【Lo-Fi・Wines】のインポートをしてくださっている会社さんのページよりの抜粋となります。
オーガニックワインは除草剤や殺虫剤を使用しないブドウから造られています。
人の手によるブドウの収穫、そして、ワインになる工程において人工的に醸造が進められてゆきます。
しかし、バイオダイナミック農法のワインを造ることは大変難しく、これに関わる人は本当に少数です。
単にワインを造るだけではなく生物が活性するシステムを応用してブドウ畑の治療や動物の生態や、
土壌の微生物に至るまで微細に関係してきます。
健康で健全なブドウの収穫には除草剤や殺虫剤はなるべく使わない方が良いに決まっていますが、
ブドウの安定的な収穫を得る事は大変難しく想像を絶する苦労が伴います。
自然なワインは、無栄養素のブドウ畑、そして天然の酵母、添加剤不使用。
従来と違ったワインの味を均一にするための糖、酸、防腐剤として使用される硫黄等全く使用しない本来の有機またはバイオダイナミックと呼ばれるワインです。
私たちは日々口にしている食品の内容を正確に把握したいのと同じように、私たちは“正確”に知りたいのです。
今までのワインとこの自然なワインは大きく違います。まず飲んで感じましょう。
Michael-Roth-2-bw-Lofi
ロワールで伝統的によく作られているシュナンブラン(白ワイン)は収穫は手摘みで行われ、
ソフトに搾汁しSO2を入れず48時間天然酵母で発酵させ、完全にマロラクティック。
一次発酵完了後にアンフォラと木樽で熟成。壜詰め前に41ppmのSO2を加え、濾過せず壜詰め。
カベルネフラン(赤ワイン)はというと有機栽培の手摘み。
タンクに入れ二酸化炭素を注入、天然酵母で14日間発酵させたワインはその後バレルに移し熟成。
壜詰め前に40ppmのSO2を2回入れ、濾過せずに壜詰。
 gahag-0095020700
【Lo-Fi・Wines】設立者のマイクは「ワインは、人生と音楽のようなもの」と語っています。
自分はまだ人生を何かと結び付けて語れるほど生きてはいないので、
大層なことを申し上げることは出来ませんが、一つだけわかることがあります。
FSC – TOKYO RESTAURANT に来ればワインと音楽を楽しめるということです。
IMG_1232
是非ワインと音楽を楽しみに FSC – TOKYO RESTAURANT へお越しくださいませ。
グランドメニューの変更はまだ少し先ですが、
お声掛けいただければ今回ご紹介のワインはもうご用意できます。
さて次回は同じくBar Teamよりバーテンダー福永がカクテルのご紹介で筆を執る予定となっておりますので、そちらもお楽しみに。
お読みいただきありがとうございました。
Text  By HIDEAKI FUKUI

 

本日はレストランより2019年新メニューのご案内をさせて頂きます。

 

ブログカレー

まず始めに

FSCカレー ¥1,300

香味野菜をふんだんに使い、トマトをベースにじっくりと煮込んだFSC特製のカレーです。

スパイスも沢山使っているのでこの冬の寒さも風邪を引かずに乗り越えられます!!

さらに胃の調子も整えてくれます。

 

 

 

ブログおにすーうえから

 

オニオングラタンスープ ¥1,000

玉ねぎをアメ色になるまで炒めてチキンベースの出しでスープにしました。

更に丸々1個ドンッ!と真ん中に玉ねぎが!!

 

ブログオニスー

グリュイエールチーズをのせてグラチネし、熱々で提供致します。

セットのパンをスープに浸して頂くのも体の芯から温まります。

是非お試しください。

 

 

ブログサンド

FSCクラブハウスサンド ¥1,600

自家製のロースハムを炙り、コールスロー、チーズ、トマト、玉子をサンドしました。

肉の旨みたっぷりのロースハムを炙ることによって脂が溶け出し、他の具材とマッチします。

 

ブログフライドチキン

ビスケット&フライドチキン ¥1,300

ご好評いただいておりますビスケット&フライドチキンがボリュームアップしました。

骨付きのモモ肉が何ともボリューミー!!食べ応え抜群の一品です。

自家製のビスケットもメープルシロップをつけてお召し上がり下さい。

 

 

ブログ集合写真

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

 

今年も一年、格別のご愛顧を賜りまして、厚くお礼申し上げます。

来年も、皆様により一層のご満足をいただけるよう、スタッフ一同サービス向上させる所存ですので、変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくお願い致します。

来る年も皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

尚、年末年始の営業時間は下記の通りでございます。

お休みの期間中は何かとご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承いただけますようお願い申し上げます。

 

28日(金) 12時~20時 (19時半 ラストオーダー)

29日(土) 11時~24時 (23時半 ラストオーダー)

30日(日) 休業

31日(月) 休業

1日(火)  休業

2日(水)  11時~20時 (19時半 ラストオーダー)

3日(木)  11時~20時 (19時半 ラストオーダー)

4日~ 通常営業

 

 

 

 

texted by AKIYUKI KAMADA

RESTAURANT:03-6805-0494

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

11月も今日で終わりで明日からはもう12月ですね。

 

今年ももう終わりかぁ。なんて言葉が飛び交う街を、寒さに凍えながら手をこすり合わせて歩いているのが想像できます。

 

12月はクリスマスに忘年会に大晦日に、、寒いのは個人的に苦手ですが楽しいことが沢山ありますね。

 

今回のブログは、年末にイベントや忘年会、貸切パーティなどを是非レストランで!!

 

という事で詳細をご紹介させて頂きます。

 

th_kinfolk 01

NY FSC レストランの雰囲気です。

 

 

少人数から大人数まで2名様より予約受け付けております。

 

DSC_1708

 

大好きな仲間達と美味しい食事を囲んで美味しいお酒と一緒に楽しんでいただけます。

まずはそんなコース内容を詳しくご説明させていただきます。

 

<コース料理の料金>

 

BASIC プラン ¥5,000(お一人様) 料理10品+飲み放題120分(90分LO)

 

・MIXナッツ

・イタリア産プロシュート&サラミナポリ

・紅茶鴨の燻製

・スモークサーモン

・フォアグラ入りパテ・ド・カンパーニュ

・自家製アボカドディップ

・本日のサラダ

・フライ盛り合わせ

・アンガス牛のステーキ

・本日のデザート

 

以下、一品プラス¥500でを追加できます。

・ムール貝のビール蒸し

・グリルドソーセージ

・スパイシーチキンウイング

・本日のパスタ

 

その他ご予算に合わせて、コースプランの変更等ご相談いただければご希望に応じます。

 

<キャンセル料の一覧>

予約日~11日前 無料

10日~3日前 30%

2日前~前日 50%

当日 100%

 

 

2名、3名様からでのコース予約も可能ですので是非!!

カウンター席でのご予約もお薦めです!!

バーテンダーが目の前でお酒をお作り致します。

 

 

fsc original whisky sour

 

 

 

食事はあまりいらないけど飲みたい!!!

そんな方々の為の飲み放題のみのプランもご用意してあります!

 

結婚式の二次会などでもご好評いただいております!!

 

<飲み放題のみプラン>

 

120分飲み放題(90分LO) ¥3,000

150分飲み放題(120分LO) ¥4,000

180分飲み放題(150分LO) ¥5,000

その後30分ごとにプラス1000円でご延長可能。

 

 

 

もう一つお食事のコースでご紹介したいのがBBQコース!!!

 

BBQは夏だけだと思ってませんか!?

 

なんと当店では寒くなったこの季節もBBQをやっていただけるプランがございます。

 

180703_FSC・ソ繧ウ繝ウ繝・Φ繝・180703_FSC_content_0010

 

 

続いてはその紹介をさせて頂きます。

 

 

<BBQプラン>

 

・オーダー時間

火曜~金曜 12時~21時までオーダー可能

土曜日 11時~21時までオーダー可能

日曜日 11時~18時までオーダー可能

 

準備などございますのでご予約を頂けますとスムーズです。

勿論飛び込みもOKです!!

 

Aコース  ¥3,500(お一人様)

 

・串焼き五種 (エリンギ、エビ、パプリカ、チョリソー、かぼちゃ) ※季節により変更あります。

・スパイシーチキン(ケイジャンチキン 120g)

・牛ステーキ 以下より選択

肩ロース 150g

牛バラ 150g

ランプ 150g

サーロイン 150g (+600円)

リブロース 150g (+900円)

※ステーキは団体様で1種類のみとさせて頂きます。

 

 

 

Bコース  ¥5,000 (お一人様)

 

・カマンベールDip

・グリーンサラダ

・フライドポテト

・串焼き五種 (エリンギ、エビ、パプリカ、チョリソー、かぼちゃ) ※季節により変更あります。

・スパイシーチキン(ケイジャンチキン 120g)

・ポークステーキ(80g)

・牛ステーキ 以下より選択

肩ロース 150g

牛バラ 150g

ランプ 150g

サーロイン 150g (+600円)

リブロース 150g (+900円)

※ステーキは団体様で1種類のみとさせて頂きます。

 

以上が基本のコースです。

+1,500円で飲み放題もつけられます。

 

 

 

それでもまだまだ物足りないというあなたに!

安心の追加メニューもございます 。

 

 

 

<追加メニュー>

 

BEEF

リブロース ¥1,500/150g    サーロイン ¥1,000/150g   ランプ ¥900/150g

肩ロース ¥900/150g   バラ肉 ¥900/150g

PORK

肩ロース ¥700/150g   ロース ¥900/150g   厚切りベーコン ¥900/150g

CHICKEN

モモ肉   ¥900/150g   スパイシーチキン ¥900/150g

SAUSAGES

ホワイトソーセージ ¥900/3本   チョリソー ¥900/5本   フランクフルト ¥900/2本

VEGETABLE

玉ねぎ ¥200/1串   かぼちゃ ¥450/1串   とうもろこし ¥500/1串(夏季限定)

エリンギ ¥450/1串   パプリカ ¥500/1串

SEAFOOD

有頭エビ ¥1,100/4尾   ホタテ ¥900/5個   イカ ¥500/半身

SIDE MENU

エビのアヒージョ ¥1,200   げそバター ¥800   コーンバター ¥500   カマンベールディップ ¥1,100

 

 

 

 

最後になりますがイベントスペースとしての貸し出しも行っております。

 

ケイタリングやPOP-UPなどご予定ありましたら是非ご利用下さい。

 

その際のご利用料金を詳しく下記に記載いたします。

 

 

 

<場所貸しの料金>

 

月~木 (平日)

 

・全貸切

2h~ 最低保障料金 ¥20,000(以降1時間ごと¥10,000)

収容 (スタンド)  約100名 (着席)  約60名

・半貸切 テラス側席(テラス席含む)

2h~ 最低保障料金 ¥12,000(以降1時間ごと¥6,000)

収容 (スタンド)  約50名 (着席) 約30名

・半貸切 ソファー席側(バーカウンター含む)

2h~ 最低保障料金 ¥8,000(以降1時間ごと¥4,000)

収容 (スタンド)  約40名弱 (着席) 約30名(カウンター含む)

ドリンクチケット¥500 (ハッピーアワードリンク or ソフトドリンクと交換できるチケット)

その他通常メニューの提供も可。(持込等は原則禁止)

 

 

DSC_0889

テラス席側は開放感があり壁面緑化がばーーーんと目の前に広がります。

 

 

 

金土日祝

 

・全貸切

2h~ 最低保障料金 ¥40,000(以降1時間ごと¥20,000)

収容 (スタンド)  約100名 (着席)  約60名

・半貸切 テラス席側(テラス含む)

2h~ 最低保障料金 ¥24,000(以降1時間ごと¥12,000)

収容 (スタンド)  約50名 (着席)  約30名

・半貸切 ソファー側席(バーカウンター含む)

2h~ 最低保障料金 ¥16,000(以降1時間ごと¥8,000)

収容 (スタンド)  約40名弱 (着席)  約30名(カウンター含む)

 

ドリンクチケット¥500 (ハッピーアワードリンク or ソフトドリンクと交換できるチケット)

その他通常メニューの提供も可。(持込等は原則禁止)

 

 

宣在写真1

バーカウンター側は鹿の剥製や様々な種類のウイスキーがずらり。

落ち着いた感じのソファー席もあり雰囲気もばっちりです。

 

 

 

長々と失礼致しました。

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

 

是非、機会がありましたらご利用くださいませ。

 

営業時間

火曜日~金曜日   12時 OPEN  24時 CLOSE

LUNCH 12時~16時 CAFE 11時~24時(23時半LO) DINNER 18時~21時 BAR 18時~24時(23時半LO)

日曜日   11時 OPEN 20時 CLOSE

LUNCH 11時~16時 CAFE 11時~20時(19時半LO) DINNER 16時~20時(19時半LO)

月曜日 定休日  ※月曜日が祝日の場合、日曜日と同営業時間。火曜日が定休日となります。

 

 

 

 

 

texted by AKIYUKI KAMADA

RESTAURANT:03-6805-0494

 

 

 

こんにちは。

 

 

10月ももう終わりに近づき、一気に冷え込みました。朝は布団から出れない日々がまたやってきますね。

 

 

 

皆様、風邪にはお気をつけて今年も残り2ヶ月とちょっとですから、2018年悔い無く過ごしていきましょう。

 

 

本日はレストランより、ハロウィンウィークのご紹介をさせて頂きます。

 

 

今月の10月26日(金)から31日(水)の期間限定メニューとして、かぼちゃのポタージュ ¥1,000(ドリンク&デザート付き)が登場します。

 

その他ランチをご注文の際も、サイドメニューとしてかぼちゃのポタージュまたはかぼちゃのプリンをお選びいただき、提供いたします。

 

当店より、ささやかでは御座いますがハロウィンサービスですので、この機会に是非、お近くにいらした際は遊びに来てください。

 

かぼちゃスープ

 

 

↑かぼちゃのポタージュ

 

 

北海道産のかぼちゃをじっくりコトコトと煮込み、牛乳、生クリーム、チキンブイヨンで味を調え、丁寧に裏ごしをし滑らかな舌触りに仕上げました。

 

 

 

かぼちゃのプリンウィズ茶

 

↑かぼちゃのプリン

 

ポタージュ同様、北海道産のかぼちゃのペーストを贅沢に使用したかぼちゃのプリン。

 

舌触りも滑らかで、カラメルとの相性も抜群!!

 

どちら共に、単品でもランチとセットでも。是非お楽しみ下さい。

 

 

全体真上密集転倒

 

 

 

 

この機会に日替わりのデザートも一緒に紹介させて頂きます。

 

 

 

チーズケーキ2

 

 

ポーランドチーズケーキ

 

ポーランド起源、スフレタイプのふわふわとした食感のチーズケーキ。

暖かいコーヒーとの相性抜群のサッパリとしたデザートです。

 

 

 

 

 

塩バター遠目

 

 

ラムレーズンのバターケーキ

 

 

アーモンドとくるみのダックワーズ生地に、ラム酒に付け込んだレーズン入りのバタークリームをサンドしました。

 

 

バタークリームの甘みにラムの香りが広がる大人の味わいで、コーヒー以外にウイスキーとの相性もいいので是非、お好きな組み合わせを探して試してみてはいかがでしょうか。

 

 

チョコ遠目

 

 

チョコレイヤーケーキ

 

 

 

チョコ生地とスペイン産スイートチョコレートを重ねたケーキにザクザクとしたクランブルケーキを散りばめた濃厚チョコレートケーキ。ローストしたアーモンドと胡桃を挟みました。赤ワインと一緒に贅沢なデザートタイムにも最適です。

 

 

 

 

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

 

 

 

最後までご覧頂きありがとう御座いました。

 

 

texted by AKIYUKI KAMADA

RESTAURANT:03-6805-0494

 

 

 

 

こんにちは。

ようやく暑さのピークも超えたのか、

少しずつ秋の気配垣間見える気候がやってきましたね。

秋といえば、、   皆さんは何を思い浮かべますか?

もちろん、いつもの仲間や気になるあの娘を誘ってスポーツを楽しむも良し。

家の本棚で寝息を立てている、あの本に久しぶりに手を伸ばして読書に耽ってみるのも良し。

これから紹介するステーキとお酒のペアリングに舌鼓を打ってみるのも良いかもしれませんね。

Tボーン ドレッセ
前回のFSC Restaurantのステーキ特集のブログはキッチン鎌田よりお送りしましたが、
今回は趣向を変えてホール担当福井よりステーキとお酒のペアリング」について、
大幅に個人的な趣味趣向を盛り込んで、、、お送りさせていただきます。
取り上げさせていただくお肉は3種類です。
先ずは 
① US T-BONE STEAK  × Indigo Eyes / Pinot Noir
ブログ用インディゴ
云わずと知れたTボーンステーキと、間違いの無い組み合わせ「ワイン」です。
贅沢にもT字型の骨の片側にサーロイン、もう片方にひれ肉の付いた贅沢極まりないステーキと、
カリフォルニアはナパヴァレーのピノをあわせてみよう!という間違いの無いご提案です。
今回ご紹介するペアリングの中でも恐らくもっとも多くのお客様に受け容れていただけるのではないかと思います。
旨みの塊のようなステーキを一思いに口に入れ、咀嚼ワンアクションであふれ出る肉汁。
これとカシスを思わせる黒系の果実のニュアンスを持ったピノを大きなグラスで一口。
甘みと少し酸の引き立った葡萄のジュースをぐるりと回して。
合わないわけ無いですよね。
当店ではIndigo EyesのPinot Noirをハウスワインで提供していますので、
迷ったらこちらをお選びいただければ後悔はしないと思います。
続いてのご提案は、
② US SIRLOIN BUTT  × Lemon sour

IMG-2532

やわらかな赤身肉で、旨みの滲み出る、いわゆる「ランプ」の部位と、

ご一緒の提供をお薦めしているのは8月初旬から裏メニューとして一部のお客様にお作りし、試作を重ねてきた檸檬サワーです。

檸檬特有の爽やかな酸味を損なうことのないようVodkaをベースに数種類のハーブとスパイスを配合し、

柔らかな甘さに仕上げる為、シロップなどは使っていません。

このスッキリとした特性のシロップをたっぷり使った男性女性問わずお楽しみいただける檸檬サワー。

ともすれば居酒屋のスタンダードと間違えてしまいそうなこの日本を代表するカクテルを、

赤身肉特有の力強さとあわせて召し上がっていただくと癖になること請け合いです。

9月最初のブログで書くのも忍びないのですが、とても夏らしい組み合わせになっており、

お好みに合わせてグラスの縁に塩を載せsnow styleで飲んでいただくことも可能です。

その場合ご注文の際にスタッフまでお声掛け下さい。

③ US STRIP LOIN  ×  銀嶺 立山 オン ザ ロック
IMG_8821

筋が少ないため柔らかく、それでいて肉の脂の甘みをお楽しみいただけるサーロインの部位とあわせて、

富山県砺波市は立山酒造より銀嶺立山という日本酒をスポットで仕入れてみました。

独特の甘さを持った牛の肉の脂を流しきるのではなく、旨みとして日本酒と共にかみ締めながら楽しむイメージのペアリングです。

あえて、かち割り氷、オン ザ ロックというスタイルで無骨にステーキと日本酒を楽しんでいただければと思います。

 

これまで当店では馴染みの無かった分野のお酒とのペアリングなので敬遠されがちかと思いますが、

ものは試しと思って、トライしてみてはいかがでしょうか?

 

 

今回ご提案させていただいた組み合わせはほんの一部ですし、

すこし、?偏りのある組み合わせでお客様によってはお好みに合わないかもしれません。

しかし勿論、当店には他にお食事のメニューはありますし、お酒の種類もございます。

お食事とお酒の組み合わせは無限大にあります。

是非自らのセンスで新しい組み合わせを見つけにFSC Restaurantへお越し下さい。

 

お客様のご来店をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

RESTAURANT:03-6805-0494

 

texted by HIDEAKI FUKUI