こんにちは。

ようやく暑さのピークも超えたのか、

少しずつ秋の気配垣間見える気候がやってきましたね。

秋といえば、、   皆さんは何を思い浮かべますか?

もちろん、いつもの仲間や気になるあの娘を誘ってスポーツを楽しむも良し。

家の本棚で寝息を立てている、あの本に久しぶりに手を伸ばして読書に耽ってみるのも良し。

これから紹介するステーキとお酒のペアリングに舌鼓を打ってみるのも良いかもしれませんね。

Tボーン ドレッセ
前回のFSC Restaurantのステーキ特集のブログはキッチン鎌田よりお送りしましたが、
今回は趣向を変えてホール担当福井よりステーキとお酒のペアリング」について、
大幅に個人的な趣味趣向を盛り込んで、、、お送りさせていただきます。
取り上げさせていただくお肉は3種類です。
先ずは 
① US T-BONE STEAK  × Indigo Eyes / Pinot Noir
ブログ用インディゴ
云わずと知れたTボーンステーキと、間違いの無い組み合わせ「ワイン」です。
贅沢にもT字型の骨の片側にサーロイン、もう片方にひれ肉の付いた贅沢極まりないステーキと、
カリフォルニアはナパヴァレーのピノをあわせてみよう!という間違いの無いご提案です。
今回ご紹介するペアリングの中でも恐らくもっとも多くのお客様に受け容れていただけるのではないかと思います。
旨みの塊のようなステーキを一思いに口に入れ、咀嚼ワンアクションであふれ出る肉汁。
これとカシスを思わせる黒系の果実のニュアンスを持ったピノを大きなグラスで一口。
甘みと少し酸の引き立った葡萄のジュースをぐるりと回して。
合わないわけ無いですよね。
当店ではIndigo EyesのPinot Noirをハウスワインで提供していますので、
迷ったらこちらをお選びいただければ後悔はしないと思います。
続いてのご提案は、
② US SIRLOIN BUTT  × Lemon sour

IMG-2532

やわらかな赤身肉で、旨みの滲み出る、いわゆる「ランプ」の部位と、

ご一緒の提供をお薦めしているのは8月初旬から裏メニューとして一部のお客様にお作りし、試作を重ねてきた檸檬サワーです。

檸檬特有の爽やかな酸味を損なうことのないようVodkaをベースに数種類のハーブとスパイスを配合し、

柔らかな甘さに仕上げる為、シロップなどは使っていません。

このスッキリとした特性のシロップをたっぷり使った男性女性問わずお楽しみいただける檸檬サワー。

ともすれば居酒屋のスタンダードと間違えてしまいそうなこの日本を代表するカクテルを、

赤身肉特有の力強さとあわせて召し上がっていただくと癖になること請け合いです。

9月最初のブログで書くのも忍びないのですが、とても夏らしい組み合わせになっており、

お好みに合わせてグラスの縁に塩を載せsnow styleで飲んでいただくことも可能です。

その場合ご注文の際にスタッフまでお声掛け下さい。

③ US STRIP LOIN  ×  銀嶺 立山 オン ザ ロック
IMG_8821

筋が少ないため柔らかく、それでいて肉の脂の甘みをお楽しみいただけるサーロインの部位とあわせて、

富山県砺波市は立山酒造より銀嶺立山という日本酒をスポットで仕入れてみました。

独特の甘さを持った牛の肉の脂を流しきるのではなく、旨みとして日本酒と共にかみ締めながら楽しむイメージのペアリングです。

あえて、かち割り氷、オン ザ ロックというスタイルで無骨にステーキと日本酒を楽しんでいただければと思います。

 

これまで当店では馴染みの無かった分野のお酒とのペアリングなので敬遠されがちかと思いますが、

ものは試しと思って、トライしてみてはいかがでしょうか?

 

 

今回ご提案させていただいた組み合わせはほんの一部ですし、

すこし、?偏りのある組み合わせでお客様によってはお好みに合わないかもしれません。

しかし勿論、当店には他にお食事のメニューはありますし、お酒の種類もございます。

お食事とお酒の組み合わせは無限大にあります。

是非自らのセンスで新しい組み合わせを見つけにFSC Restaurantへお越し下さい。

 

お客様のご来店をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

RESTAURANT:03-6805-0494

 

texted by HIDEAKI FUKUI

こんにちは。

 

 

皆様この夏はどのようにお過ごしでしょうか。

 

 

私は地元の一番のお祭りの山王祭で神輿を担ぎ終え、ホッとしている今現在です。

 

 

 

早いもので8月も中旬になりましたね。

 

 

電飾

 

 

 

 

今年の夏は全国で40度を超える日が続いたり、台風がきたりと、自然には敵わないと実感した人も多いのではないでしょうか。

 

 

 

夏が嫌いな方も、大好きな方も残りの夏をもっともっと楽しみましょう!!!

 

 

夏と言えばBBQ!!

 

 

前回も紹介させて頂きましたが

 

 

そのBBQも当店でプランをご用意しております!

 

180703_FSC・ソ繧ウ繝ウ繝・Φ繝・180703_FSC_content_0016

 

 

 

まだまだやっていますので是非ご利用ください!!

 

 

 

 

 

さて、本日はFSC レストランのNEW DINNER MENUのご紹介です。

 

 

 

 

FSC STEAKS MENU

 

 

1.US T-BONE STEAK 400g  ¥4,500-     US Tボーンステーキ 400g

 

T字型の骨の片側に、サーロイン、もう一方にはフィレ肉が付いた贅沢なステーキ

 

 

 

2.US RIBEYE ROLL 300g    ¥3,500-     USリブアイロール(和名:リブロース芯) 300g

 

霜降りになりやすい部位。きめが細かく柔らか。

 

 

 

3.AUS SPENCER ROLL 300g ¥3,500-      AUS アンガス牛 スペンサーロール(和名:リブロース) 300g

 

リブアイロールにカブリが付いた部位。肉質はリブアイ同様にきめが細かく柔らかい。

 

 

4.US STRIP LOIN 300g     ¥2,000-       US ストリップロイン(和名:サーロイン) 300g

 

筋が少なく柔らかで甘みのあるステーキ。

 

 

 

5.US CHUCK EYE ROLL 300g ¥1,800-     US チャックアイロール (和名:肩ロース) 300g

 

リブアイよりやや筋はあるが、脂肪分も適度にあり、風味の良い部位。

 

 

 

6.US SIRLOIN BUTT 300g     ¥1,800-    US サーロインバット(和名:ランプ、らんいち) 300g

 

柔らかな赤身肉。味に深みのある部位

 

 

 

7.US BRISKET             ¥1.300-    US ブリスケット(和名:バラ) 300g

 

赤身と志望が層になっている部位。歯ごたえがあるステーキ。

 

 

 

 

以上の7種類のステーキが新たにディナーで味わっていただけるメニューとなりました!!

 

 

 

その中から何枚か写真でお伝えいたします。

 

 

180703_FSC・ソ繧ウ繝ウ繝・Φ繝・180703_FSC_content_0047

 

Tボーンステーキ!!

 

写真を見ているだけでよだれが垂れてきそうですね。

贅沢です!サーロインもフィレも大きい!!!

 

180703_FSC・ソ繧ウ繝ウ繝・Φ繝・180703_FSC_content_0065

 

 

チャックアイロールです。

 

説明文にもありますが、脂肪分が適度にあり風味がよく、ビールにあるんです!!

 

 

 

180703_FSC・ソ繧ウ繝ウ繝・Φ繝・180703_FSC_content_0051

 

リブアイロール

脂がおいしい。

ステーキを食べに行って脂が付いているところは取り除いて食べる方もいますよね??

でもでも、このステーキは脂がほんっとに美味しいです。

甘くて油っぽくなくとろけます。ワインでもビールでも!!!お酒が進みます。

 

 

 

 

180703_FSC・ソ繧ウ繝ウ繝・Φ繝・180703_FSC_content_0067

 

ランプ!!!!

このボリュームで1800円!!破格です。

 

個人的には一番好きです。

値段もリーズナブルで肉肉しいのが好きな方はまあ好きでしょう。噛めば噛むほどってのはこのことですね!!!!

 

 

どのステーキも自信を持ってお薦めするものばかりです。

 

 

夏もあと少し、沢山食べて元気に夏を乗り越えましょう!!!!

 

 

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

texted by AKIYUKI KAMADA

RESTAURANT:03-6805-0494

 

 

 

 

 

あなたはBBQはどこでやるアクティビティだと思いますか?
綺麗な渓流沿いですか?波の音に揺れながらのビーチですか?それとも緑鬱蒼と茂る山中ですか?
それも勿論楽しいでしょう。
しかし我々FREEMANS SPORTING CLUBが2018年お薦めする最新の BBQ SPOTは、、、
山は山でも青山です!!
という事で、今回のブログは、
7/20(金) 17:00~からFSC – TOKYOではじまるBBQ PLANのご紹介です。
180703_FSC・ソ繧ウ繝ウ繝・Φ繝・180703_FSC_content_0005
まず、ざっくりと分けると以下2種類のコースをご用意しております。

Aコース ¥3500

・串焼きBBQ(エリンギ、エビ、パプリカ、チョリソー、トウモロコシ)

・スパイシーチキン(125g、ケイジャンスパイス)

・牛ステーキ 以下よりお選び下さい

・肩ロース 150g

・バラ 150g

・ランプ 150g

・サーロイン 150g(+¥600)

・リブロース 150g(+¥900)

※ステーキは団体様で1種類のみとさせて頂いております

Bコース ¥5000

※カマンベールDip付

・グリーンサラダ

・フライドポテト

・串焼きBBQ(エリンギ、エビ、パプリカ、チョリソー、トウモロコシ)

・スパイシーチキン(125g、ケイジャンスパイス)

・ポークステーキ(肩ロース、80g)

・牛ステーキ 以下よりお選び下さい

・肩ロース 150g

・バラ 150g

・ランプ 150g

・サーロイン 150g(+¥600)

・リブロース 150g(+¥900)

※ステーキは団体様で1種類のみとさせて頂いております

インスタ2 (1)

 

まあ、これを見ても分かりづらいかと思います。。。

ので、BBQコースどちらにするか悩んだらTELください。

さて引き続きBBQのご紹介ですが、
「コースのお肉じゃ足りない」!っていう肉食食いしん坊さんも、
「もう少しお野菜いただきたいワ」っていうヘルシーマダムもいらっしゃると思います。
そんな方に朗報です。
以下追加メニューもご用意しております。

FSC BBQ MENU

BEEF

リブロース(150g) ¥1500

サーロイン(150g) ¥1000

ランプ(150g) ¥900

肩ロース(150g) ¥900

バラ(150g) ¥650

PORK

肩ロース(150g) ¥700

ロース(150g) ¥900

CHICKEN

もも肉(150g) ¥900

スパイシーチキン(150g) ¥900

ホワイトソーセージ(3本) ¥900

チョリソー(5本) ¥900

フランクフルト(1本) ¥900

厚切りベーコン(150g) ¥900

VEGETABLES

玉ねぎ(1本) ¥200

かぼちゃ(1本) ¥450

エリンギ(1本) ¥450

パウリカ(1本) ¥500

トウモロコシ(夏季限定)(1本) ¥500

SEAFOOD

有頭エビ(4尾)¥1100

ホタテ(5ヶ) ¥900

イカ(1/2パイ) ¥500

SIDE MENU

エビのアヒージョ ¥1200

ゲソバター ¥800

コーンバター ¥500

カマンベールDIP ¥1100

 

インスタ41

 

 

 

これだけあれば皆様のお好みに合わせた食材をチョイスしてBBQしていただけるかと思います。

「ちょっと待てよ。ドリンクはどうするんだ!」

「こんなに暑いのに飲み物も飲まなきゃ倒れちまうよ」

そんなお声が聞こえてきそうです。

 

ご安心下さい。

飲み放題プランもご用意しております。

普段のFSC – TOKYO – RESTAURANTではお出ししていないカジュアルなアルコール、カクテルや、

ロックンローラー御用達、「Jack Coke」、

馴染みの無い方も多いであろうカクテル「Woo-Woo」なんかも全部ひっくるめて、、、

 

2時間 1500円で飲み放題。

 

 

さて、気になるBBQのオーダー時間ですが、、、

 

 

TUE-FRI:12:00-21:00

SAT:11:00-21:00

SUN:11:00-18:00

 

となっております。

要するに営業時間中は大体やってます。。

 

さらに8月末には葡萄を使って造られた、とある醸造酒をご用意してイベントも企画中です。

決まり次第また告知させていただきます。

 

東京のど真ん中ですが、たまには都会の喧騒を離れ、

束の間の休息を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

ちなみに同日7/20(金) 17:00~からFSC – TOKYO 3F TERRACEにて週末限定 BEER GARDENもはじまります。

毎年恒例のBEER GARDENでもBBQをお楽しみいただけるようにしてありますので、

そちらも併せて都会の夏を満喫していただけたら幸いです。

 

 

 

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

 

by   FSC – TOKYO RESTAURANT  HIDEAKI FUKUI

 

こんにちは。

 

雨の日が続き、もうすっかり梅雨ですね。

 

この雨が上がれば暑い日が続く事でしょう。

 

季節の変わり目ですが体調には気をつけて毎日を楽しんでいきましょう。

 

 

 

本日はレストランで提供しているワインのご紹介です。

 

ブログ用ワイン全体

 

 

 

 

はじめにレストランのハウスワインである、「indigo eyes」インディゴアイズから。

 

 

ブログ用インディゴ

画像左からカベルネソーヴィニヨン、ピノノワールの2種類が赤ワイン、一番右のシャルドネが白ワインです。

 

 

まずカベルネソーヴィニヨンから紹介させていただきます。

熟した黒系果実感と、しっかりとしたテクスチャー、滑らかなタンニンと美しい酸味がお口に広がる1本です。

 

対してピノノワールはというと華やかなアロマが強く感じられ、ナチュラルさエレガントさが特徴的な1本です。

 

比較してみるとしっかりとしたボディ感がお好みのお客様にはカベルネソーヴィ二ヨンを、

優しく飲みやすいワインがお好みのお客様にはピノノワールをお薦めさせていただいております。

 

 

シャルドネは奥行きのあるミネラル感、すっきりとした後味の反面、

しっかりとボリュームも感じられ、どんな料理にも相性がよい1本です。

 

 

3本とも目を閉じれば、すぐそこに広大なカリフォルニアのワイン畑が広がるようなイメージさえ浮かぶ味わいです。

スタッフからの人気も高く、赤白共にお薦めとしてハウスワインで提供させて頂いております。

 

 

 

「CUVAISON」キュべゾン

 

ブログ用キュべゾン

 

カリフォルニアワインの生産地として名高いナパヴァレーの中でも北部のシルヴェラード・トレイル沿いに位置するワイナリーで生産された2種類のワインです。

写真左がシラー、右がソーヴィニヨンブラン。

 

 

この地域は湾からの冷たい海風が舞い込む気候特性によって、冷涼な気候からの良質なピノノワールやシャルドネが生み出されている場所として知られています。

そして本来シラーの生育には不向きな場所なのですが、

その場所でこだわりを持って生育されたシラー100%でつくられたこのワインは、

ブラックチェリー、ブラックベリーといった黒系果実やラベンダーのような華やかな香り、

シラー特有のスパイシーでまろやかなタンニンもお楽しみいただける1本になっています。

 

 

そしてもう一本はソーヴィニヨンブラン100%でキレのある辛口の白ワイン。

生き生きとした酸味にキウイ、ライム、青リンゴ、ライチのような緑がかったソーヴィニヨンブランらしいニュアンス、

長い余韻と爽快感を感じる白ワインになっています。

 

 

 

 

 

「broc cellars」ブロックセラーズ ラブレッド・ラブホワイト・ヴァインスタージンファンデル

 

ブログ用ラブ

写真左がラブレッド、右がラブホワイト

 

 

ブロック・セラーズ社はブドウの生育において、本来の特性、素質を最大限発揮させるため、テロワールを重要視し、

また持続可能な農法および有機栽培またはビオディナミ農法によるブドウが不可欠と考えているワイナリーです。

水はけがよく、適度にやせた土壌、急勾配のある斜面、冷涼な気候、樹齢が高いブドウの樹、灌漑されていないブドウ畑…などがワインに様々な要素を与え、造るワインの表現力を助けてくれています。

 

 

ラブレッドはカリニャンという品種をベースに作られており、

エレガントな酸味とタンニン、口当たりの良いスパイシーさが特徴でとてもバランスの良い1本に仕上がっています。

 

 

白ワインのラブホワイトはマルサンヌ種をベースに作られています。

桃や柑橘系のフルーティーでみずみずしい香り、それに加えて自然派特有な旨みもぎゅっと詰まっている1本です。

 

 

どちらのワインも口当たりがとても良くこれからの季節にピッタリのがぶ飲み系のワインといえるでしょう

 

 

 

ヴァインスタージンファンデル

 

ジンファンデル100%使用のこちらはフレンチオーク樽熟成で生き生きとしたアロマ感と滑らかな舌触り、

紅茶葉のような香りとスパイシーさも感じられ、口当たりはややふっくらとしています。

 

ジンファンデル種のワインなのですが、その種の良い部分は失わず、それでいてとても上品なワインに仕上がっています。

 

 

 

 

「BIRICHINO」ビリキーノ

 

 

 

イタリア語で「わんぱくな~」という意味を持つこのワイナリーのモットーは「素晴らしい香りとバランス、いい意味での気まぐれさを兼ね備えたワインをつくること。」だそうです。

そんなわんぱくなワイナリーの作るヴァングリ(赤ブドウで作られる白ワイン)は、

樹齢100年を超えるグルナッシュを主体に、ロールやムールヴェードル、さらに樹齢125年!?のサンソーをブレンド。

キレのある辛口なのですが、そのすべてを手摘みで収穫し温かみのあるワインに仕上がっています。

 

ビリキーノはこのワインのことを、

 

「食事の際に『幸せのコンパニオン』として作用するドライなロゼワイン」と述べています。

 

 

vingris

 

以上簡単にご説明させていただきました。

 

 

ご来店の際には気兼ねなくスタッフにお声をおかけください。

 

そこでまたワインのお話しをしましょう。

 

 

 

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

お好きな料理に合わせて仲間たちとテーブルを囲み、ゆっくりとワインをお楽しみ下さい。

 

 

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

texted by AKIYUKI KAMADA

RESTAURANT:03-6805-0494

 

 

 

 

皆様こんにちは。もうすぐ梅雨がやってきますね。

毎日がじめじめでパッとしない日々が続きますが、そんな天候にも負けずに日々精進していきましょう。

 

 

近日、レストランより新たに取り入れる新メニューのご案内をさせて頂きます。

 

 

US牛のステーキ各種です。

 

① Tボーン 400gステーキ

② リブアイロール 300gステーキ

③ チャックアイロール 300gステーキ

④ 牛バラ 300gステーキ

⑤ ランプ 300gステーキ

⑥ ロース 300gステーキ

 

以上6種類の部位のステーキがディナーメニューに新しく加わる予定です。

steak

 

 

簡単に部位とその特徴についてご説明させて頂きます。

 

Tボーン

Tボーン ブログ

 

T字形の骨をはさんで片側にヒレ、片側にサーロインの肉のついた大きな塊を言います。

ヒレ、サーロインは皆さん聞いたこともあって、ご存知かと思いますが柔らかく程よく霜が降っている高級な部位です。そんな2部位を一緒に召し上がっていただける贅沢な一皿です。

 

 

リブアイロール

リブアイロール ブログ

 

米国産の部位でリブロースのかぶりを外した部位です。

霜降りできめが細かく高級部位にあたります。

当店ではステーキでどーんと提供しますが、しゃぶしゃぶ、焼肉、ローストなど何にでも使える万能な部位です。

それだけ美味しいって事ですね。

 

 

チャックアイロール

チャックアイロール ブログ

 

和名 肩ロースです。

肩からおしりのほうまで伸びている胸最長筋という長いロース肉の始まりの部分で筋はありますがキメ細やかで肉質は柔らか。サシが入りやすく赤身とのバランスもよくコクと濃厚な味わいが特徴です。

リブロースやサーロインに並ぶ高級部位です。

 

 

牛バラ

牛バラ ブログ

日本ではポピュラーな部位です。

胸から腹にかけて続く部位のアバラ骨あに付いた肉です。

赤身と脂肪が層になっていて、きめは粗く固めですが霜降りになりやすく、甘い味わいです。

 

 

ランプ

ランイチ ブログ

 

モモ肉の特に柔らかい部位で脂肪が少なく、味に深みのある部位です。

きめは細かく、柔らかい肉質で赤身肉としては貴重な部位です。

癖などは無く、万人受けする美味しさだと思います。

 

 

牛ロース

牛ロース ブログ

 

日本人には一番ポピュラーかも知れませんね。

様々な料理で使われていて口にしたことがある方のほうが多いのではないでしょうか。

そんな部位を当店ではステーキで提供致します。

 

 

 

簡単な説明ではありましたが少しでもご理解頂けたら幸いです。

 

 

 

 

そんな各種各部位のお肉を

グリヤードで丁寧に焼き目をつけレア、ミディアムレアで提供致します。

お好みがあれば気兼ねなくスタッフに声をおかけください。

 

ブログ用 焼き場2

 

 

付け合せにはマッシュポテト、季節の野菜も一緒にグリルしてお出しします。

 

夏野菜 ブログ

 

ステーキとの相性抜群です。

※肉の種類、時期などによっては異なります。

 

 

 

後はご来店の際にご注文お待ちしております。

Tボーン ドレッセ

 

目の前に感動が広がります。

 

 

最後まで目を通して頂きありがとうございました。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

 

 

texted by AKIYUKI KAMADA

RESTAURANT:03-6805-0494