FREEMANS SPORTING  CLUB のSPORTINGにいちするハンティング、キャンピング、フィッシングなどアウトドアの生活を
送る屈強な男たちの中では欠かせない要素の一つのオイルドジャケット。
今回はオイルドにフィーチャーしていきたいと思います。
欧米諸国では、馴染みの深いオイルドジャケット。
日本でもバブアーを皮切りに徐所に浸透し始めていますが、まだまだ誰もが周知しているアウターでもないのでしょう。
鍵となるワックスコットン。この生地が完成にいたるまでには、15世紀まで話を遡らなければなりません。
15世紀初期イギリスのフィッシャーマンたちは、ワックスコットンは船の帆を腐りにくくするための術はないかと試行錯誤し、
潤滑油として当時の漁師がフィッシュオイルを塗りこんだことから始まったとか。
日本では戦国時代の真っ最中にワックスコットンができていたわけですね。。。
現代において、大量消費+大量生産の時代は合成繊維などで安定した防寒・軽くて安価・利便性のたかいプロダクトが溢れていま
すが、オイルドコットン独自の温かみが現在も人気の要因なのかもしれません。
FREEMANS SPORTING CLUB に欠かせない存在となるテックスワックス。
TEX WAX とは、耐久性に非常に特化した素材に加え、最小減のメンテナンスで着用できる全天候型ハイブリッド素材。

 

 

イメージとしては、革靴などのレザー商材の手入れ方法に類似しているのかもしえません。

今期の特徴として着目して頂きたいものがテックスワックスコットンの7色によるカラーリング。

 

IMG_6209
これまでのFREEMANS SPORTING CLUB TOKYOの軌跡となるコレクション、


ISLE OF MAN,・DECK JACKET・CHORE JACKET・RAIN COATなど改めて豊富なカラーによりアップデートされております。

 

 

IMG_6135IMG_6129

IMG_6164IMG_6166IMG_6144IMG_6177IMG_6157


オイルのメンテナンス方法を軽くご説明させていただきます。

・ドライクリーンや洗剤も決して使わないでください。

・最初は、軽い水ふきからはじめ、汚れが強い場合は、少量の石鹸にて擦り荒いをしてください。

・アンモニアを少量使うことも汚れをとるには、おススメです。

・オイルを入れる場合は、ヘヤードライヤー など熱を加えることによってより伝道しやすくなります。

(tex wax に関しましてはほとんど入れる必要はありません)

 

 

 

 

通常オイルドジャケットといえば落ち着いて色のイメージが頭をよぎるかと思いますが。

FREEMANS SPORTNG CLUB が提案・得意とするスタイルとして色彩と男らしさの真骨頂でもある今季のシリーズ。

 

店頭にはまだご紹介しきれないカラーの型もありますので、自分だけの生涯付き合えるアウターを是非ご覧くださいませ。

 

 

TEXT BY SHIMPEI MASUNAGA

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924

暑い日が続いておりましたが、今日から秋らしい気温に下がるとのことで、やっと心置きなく秋のコーデに身を包める季節がやってきたと思う今日この頃。

ボルドーカラーのおNEWのスウェットを着て颯爽と通勤する私の気持ちとは裏腹に、外は雨が降りしきり出鼻をくじかれた私。

そう!その際に着ていたスウェットこそ今回ご紹介したいアイテム。

『FSC × LOOPWHEELER 別注スウェットシャツ!!』

今回はなんと8色展開です!

IMGP6777
私の気持ちを打ち砕こうと容赦なく降りしきる雨にも負けず、肌に一番近い衣服として優しく包み込んでくれたそれは、このまま家に帰ろうかと思い始めた私を無事職場まで運んでくれました。

その最大の特徴は、『やわらかい肌触り』に集約されます。

吊り編み機という1時間に1mしか編むことができず、空気を編むという表現でゆっくりとテンションを掛けずに時間をかけて作られた生地は、手で触るだけで違いがわかるほど。

カタツムリが1時間ぶっ通しで進んだとしても、47m進むと言われているこのご時勢に(ネット調べ)

カタツムリよりもゆっくり、優しく、丁寧に編まれた生地は想像しただけでも肌触りの良いことが想像できます。

しかし、恐ろしく非効率な機械です。

その結果、時代の流れは大量生産に移ると、1時間に1m編むという吊り編み機は徐々に減り、それと対照的なシンカー編み機という高速編み機が台頭します。

モノが必要な時代を経て、大量生産の背景から徐々に姿を消してきた吊り編み機。

現在、日本で吊り裏毛を編める吊り編み機は日本の和歌山に2社しかなく、熟練工によりメンテナンスをしながら稼働し続けています。

1日で作り出せる生地は0.5反。なんと8~9人分しか編めないとのこと。

とても貴重なスウェットシャツと言えます。

IMGP6717


そしてもう一つは、実際に生地を繋ぎ合わせ、スウェットシャツとして形を作っていく縫製へのこだわりです。

上の画像は、スウェットを裏返した写真です。

良く見ると生地と生地を縫い合わせている部分がフラットになっていることがわかります。

こちらはフラットシーマを使った縫製によるもので、縫い合わせる生地を最小限の幅で重ね4本針で平らに縫い合わせることで肌に不快なボコッとした縫い合わせがなく着心地に大きく貢献しています。

それらの拘りが詰まったスウェットシャツは、1枚のスウェットを10年以上着続けているという方もいるほどです。

LOOPWHEELER_INSTA

FSC × LOOPWHEELER 別注スウェットシャツでは、通常のインラインのシルエットよりもリブ部分をやや細身にし、スポーティーな印象に仕上げています。

また、袖部分のネームタグをFSCカラーの青を使用しています。

店頭で実際に味わっていただきたいアイテムの1つです。

是非、店頭でご試着下さいませ。

 

TEXT BY YOICHIRO MATSUYAMA

お問い合わせ先 :

FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924

instagram : freemanssportingclubtokyo

facebook : freemanssportingclub-tokyo

 

 

IMG_4641

 

 

 

BARBER STAFF :  Yoshio Suyama

本物のダンディズムを追求したスタイリングは海外でも注目され、1900年代初期のカルチャーを主軸に日本の文化思想を少し加えた彼の表現は、国内でも唯一無二の存在ともいっても過言ではない。ロンドン、カナダと世界各国でバーバーを通じたダンディズムなライフスタイルを生きた彼が行き着いた先は、FSC TOKYO

 

 

Profile

 

20歳で渡英。ロンドンの有名バーバーショップで修行、技術者として勤めた後、新たな刺激を求め2014年トロント(カナダ)に渡り、技術・スタイルに磨きをかける。ニューヨーク、パリなどの都市にも数多く足を運び、様々なカルチャー・人々に出会う。2016年に帰国し、FSC TOKYOに入社。

 

 

CHECK HIM ON INSTAGRAM

 

 

blogyoshi

 

 

YOSHIO :

「FSC TOKYOに入りたいと思った理由は単純で、本業であるバーバー、洋服は幼少期の頃からビデオゲームやコミックより興味があったし、20歳で日本を離れからお酒の楽しさを知って、それが一体となったFSCを知った時”ここ”しかないと思ったから。ここではスーツも仕立てられるし、仕事終わりに雰囲気のあるスピークイージーでクラシックなカクテルが飲める。FSCは私にとって仕事の場であるけれど、私自身がFSCの一顧客であることは間違いない。」

 

 

 

 

そんな彼とFREEMANS SPORTING CLUB とのコラボレーションをぜひご覧くださいませ。

 

 

IMG_4645

 

 

 

IMG_4621

 

 

BARBER STAFF YOSHIO が今回選択した生地は、白のリネン、ダブルブレストスリーピース。FSCORDERシャツとビンテージタイなどの小物を合わせたスタイリングは、熟練の着こなし。

 

 

YOSHIO :

「 夏場にスリーピースを着ていて暑くないのか?とよく聞かれるけれど、正直暑いです。でも私にとっては何処で何をするか、誰と会うかって所がより重要なんです。それと我慢することが”粋”っていう日本の江戸っ子カルチャーみたいなのが好きなんです。だからこそニューヨークカルチャーだけでなくローカルを大切にしているFSCは魅力的なのかなと。」

 

 

 

IMG_4616

 

 

 

 

 

FSC MADE TO MEASURE 3 PIECE SUITS

FABLIC :  W. BILL

PRICE : 158,000

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4624

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4638

 

 

 

 

IMG_4633

 

 

IMG_4632

 

 

 

 

 

FSC MADE TO MEASURE 3  PIECE SUITS

FABLIC :  HUDDERS FIELDS

PRICE : 215,000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4636

 

 

IMG_5420

 

 

 

 

 

 

 

 

FSC_SuitTrialFair_DM_ol

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日 8/25~9/18 三週間、期間限定にてFREEMANS SPORITING CLUB からお客様の感謝を込めて

SUIT TRIAL  FAIR を開催致します。 いままでにFREEMANS SPORTIONG CLUB を(レストラン、バーバーでも可)一度でもご利用頂いた方に限り、

ORDER SUITS, JACKET , PANTS を20%OFF でお買い求め頂けます。(FREEMANS SPORTING CLUB TOKYO ,GINZA,FUTAKOTAMAGAWA, 3店舗にて開催)

いままで敷居が高く、入り込む機会がなかったお客様もこの機会に是非足を運んでいらしてはいかがでしょうか。

 

 

MODELING BY         YOSHIO SUYAMA

TEXT BY                   SHIMPEI MASUNAGA

PHOTO BY               TOMOHIRO NAGAOKA

 

  •   ※FREEMANS SPORTING CLUB TOKYOでは店舗通販も承っております。
  • Blogなどで見た商品の詳細や在庫状況等につきましても、お気軽にお電話にてお問い合わせくださいませ。
  • ●お支払い方法:現金、クレジットカードがご利用いただけます。
  • ●発送方法:FREEMANS SPORTING CLUB TOKYOより、ヤマトのコレクト発送(代引き発送)となります。
  • ●お支払い金額:商品合計金額+代引き手数料324円+送料全国一律324円 ※税込¥5,000円以上ご購入で、送料一律324円を無料とさせて頂いております。

 

  • FREEMANS SPORTING CLUB TOKYO 〒150-0001渋谷区神宮前5-46-4イイデアネックス表参道
  • 営業時間 10:00〜20:00
  • お問い合わせ先:
  • FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490
  • FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965
  • FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924
  •   https://www.instagram.com/freemanssportingclub_jp/

 

 

夏も本格的な暑さ、30度以上の日々が最近普通になってきましたね。皆さま、FSC RESTAURANTで一休み二休み、涼みに来てはいかがでしょうか?お近くに寄った際は是非ご利用ください。

http://freemanssportingclub.jp/stores/aoyama/

 

では本題に戻りますが私共、FREEMANS SPORTING CLUB もヴィンテージアイテムをベースにアイテムをリリースすることが多いですが、今回GREEN FINGERS MARKETが素敵な別注商品をリリース致しましたのでご紹介させて頂きます。これから9月過ぎまで暑さが続き、半袖Tシャツが主なファッションスタイルとなる中、マストなアイテムとなっております。

 

IMGP6185

 

QUALITY MENDING×GFM

about Quality Mending…
ニューヨークに拠点を構えるヴィンテージディーラー/ショップ。アメリカンヘリテージを得意とし、質の良いヴィンテージをベースにリメイクを施したオリジナルブランドの展開も行う。

今回別注ベースとなったのは、1950年代のmade in U.S.A.のスポーツブランドのポケットTEEをサンプルソースに、QUALITY MENDING×GFMオリジナルのポケットTEE(新品)となっております。生産は、made in NEW YORKにて行われております。

 

b1

 

¥7,800+tax

サイズ:S、M、L

MADE IN USA Teeの象徴ともいえる丸胴ボディ(サイドに縫い目がない)を使用。

生地には18番手のヘビーウェイト天竺を使用し、日本国内では18番手は規格の違いで殆んど無いとされています。ヘビーウェイトながらもソフトな着心地での仕上がりとなっております。

当時を沸騰させるバインダーネック仕様もタフな作り込みながら細かな拘りのポイントです。首元のヨレも気にせず着用して頂けます。

サイズスペックは、小さめとなっておりますので普段よりワンサイズアップをお勧め致します。

 

b4

 

別注デザインにはGreenfingers代表の川本氏が提案するワードをポケット口にチェーン刺繍で4種類ご用意しております。

 

b2

 

Whiteボディ…「Rivington」
Naturalボディ…「dude」「plant」
Ink blackボディ…「grow damn it」

※White・Naturalは製品加工により薄いシミがある場合がございますが、加工によってのものであり汚れではございませんのでご了承下さい。

 

今夏の真っただ中はメインの一枚としてファッションに取り入れて頂き、秋口にはインナーにも入れやすい丁度良いTシャツではないでしょうか。

是非、散歩がてらにお店に寄ってはいかがでしょうか。皆様のご来店お待ちしております。

 

b5

 

※こちらの商品は、FSC二子玉川店のみでの取り扱いとなっておりますのでご注意下さい。

 

TEXT BY YUSUKE MATSUOKA

 

※FREEMANS SPORTING CLUB FUTAKOTAMAGAWAでは店舗通販も承っております。

Blogなどで見た商品の詳細や在庫状況等につきましても、お気軽にお電話にてお問い合わせくださいませ。

●お支払い方法:現金、クレジットカードがご利用いただけます。

●発送方法:FREEMANS SPORTING CLUB FUTAKOTAMAGAWAより、ヤマトのコレクト発送(代引き発送)となります。

●お支払い金額:商品合計金額+代引き手数料324円+送料全国一律324円

※税込¥5,000円以上ご購入で、送料一律324円を無料とさせて頂いております

〒158-0094
東京都世田谷区玉川 3-8-2 玉川髙島屋 S·C 南館アネックス
FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA
TEL:03-6805-7965
営業時間 10:00〜21:00

 

お問い合わせ先:
FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924

ここ数年、モノの価値を改めて考えさせられることがあります。

ファストファッションが日本に台頭し、安価なモノから高価なモノまで幅広く体感した私は、個性やモノの価値についてよく考えさせられます。
それはモノ以外もそうで、サービスや体験に逐一他と比べたり、口コミサイトの評価やコメントを気にして、そこにお金を支払う価値があるのかを判断しがちです。
お客様も少なくとも心辺りはあるのではないでしょうか。
それは国内だけでなく、国外のお客様からハッキリと伝わってきます。
ありがたいことに日本製、ジャパンブランドは国外のお客様に大変人気で、改めて世界中でモノの価値が見直されているように感じます。
特に私が高価なモノを購入する場合は、この一言に尽きます。
『一生モノであり長く使えること』
この言葉を言われると、がっちり締めていたはずの財布の紐が…。
「一生モノだし、トータルで考えれば安いのでは?」と購入の理由を勝手に探し始めたり…。
また、歴史あるブランドやアメリカ製にも心が惹かれます。
いつかの雑誌で、アメリカ製に憧れを持つ日本人が多いのはなぜかという記事が掲載されていましたが、
私もその中の一人で
特にアメリカ製であり、歴史あるブランドであり、流行廃りのないデザインに目がありません…。
そんな私が、今回お勧めしたいブランドは【VIBERG】
IMGP5991
1931年、北アメリカに誕生したこちらのブランドは、今も尚家族経営により80年以上の歴史を現代まで引き継いでいます。
世界最高峰のブーツメーカーと言われるまでになったルーツは、歴史に残る大恐慌の真っ只中に生まれ、先代のエド・ヴァイバーグは身を挺して働いたとされています。
歴史でしか知らない私ですが、VIBERGの靴を見るとそんな時代を生き抜いた強さと必死にモノづくりをしてきた職人の意地を感じます。
その証拠に、現在も伝統を受け継いだ製造方法、最高の素材のみを使用し
熟練の職人が少数精鋭でハンドメイドにて製作するため、一日の最大生産数は30足と少なく、まさに拘りの一品です。

 

FREEMANS SPORTING CLUBでは、VIBERGの価値観や理念に共感し、別注商品を展開しております。
今回ご紹介するのが、こちらの【Slipper】
IMGP5978
ロガーブーツやハンティングブーツなど、質実剛健、重厚感、無骨な印象のあるVIBERGのイメージとは正反対の靴ではありますが、やはり作りや素材はVIBERGそのもの。
何といっても特徴は、FSCの拘りも詰まったアッパーの素材です。
きめが細かく伸縮性の富んだカンガルー革は、軽さと強度を兼ね備えているため、サッカー選手の命である足を守るスパイクにも好んで使われるほど。(左:グレー色のみ)
スタッフが4ヶ月ほど履いたものですが、新品と比べて味が出てきました。
IMGP5974
そして、多くのパーツを組み合わせて作る構築的な革靴とは対象に非構築的な作りであるのも特徴です。
名前の由来がスリッパであることから、つま先と踵の部分を柔らかく仕上げることにより、手軽に履くことができます。
何よりも多くのパーツを縫い合わせる構築的な作りではないため、履き心地も良く、夏の軽い装いにピッタリです。
image1
また、もう一色のMilkshake Suedeのお色も夏らしく捨てがたいですね。
是非、夏のコーディネートの一生のパートナーとして考えてみてはいかがでしょうか。
高価な靴ではございますが、一生履くことを考えるとトータル的に安いかも?しれません。

Slipper

SIZE : 6.7.8(UK SIZE)

COLOR : Grey Kangaroo / Milkshake suede

PRICE : ¥78,000+tax  →  40%off¥46,800+tax

 

TEXT BY YOICHIRO MATSUYAMA

※FREEMANS SPORTING CLUB 各店にて店舗通販も承っております。

Blogなどで見た商品の詳細や在庫状況等につきましても、お気軽にお電話にてお問い合わせくださいませ。

●お支払い方法:現金、クレジットカードがご利用いただけます。

●発送方法:FREEMANS SPORTING CLUB 各店より、ヤマトのコレクト発送(代引き発送)となります。

●お支払い金額:商品合計金額+代引き手数料324円+送料全国一律324円

※税込¥5,000円以上ご購入で、送料一律324円を無料とさせて頂いております

お問い合わせ先:

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490
FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965
FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924

instagram : freemanssportingclubtokyo

facebook : freemanssportingclub-tokyo