暦の上では立春を迎え、黄緑色のスプリングコートに身を包んだメジロのつがいが、仲睦まじく庭木に姿を現す季節となりました。この時期は、一日に畳一目分、日が長くなるそうです。本格的な春はもうすぐそこ、といったところですね。

ご機嫌麗しゅう!青山TAILORでございます!!!

さて、本日はテーラーより春のお便りとして、到着したばかりの春夏もののバンチブックのご紹介となります。

春夏コレクションで一番初めに届きましたのは、こちらのHARRISONS OF EDINBURGHの”MYSTIQUE”。

IMG_4832

毎シーズン変化の少ない英国生地において、今回の”MYSTIQUE”は『革命』(大げさですが・・・。)というくらいの
鮮やかな色が目に飛び込んでくるラインナップになっております。

どちらかと言うと、イタリアの青い海と空にマッチするような色調ですが、これも新しい試みですね。
しっかりとした強撚糸で織られた生地はハリコシに優れ、大変風通しの良い素材になりますので、高温多湿の日本のお客さまにはウケがよさそうです。

IMG_7231

最上級のメリノウールを使用し、強撚糸2PLYの生地は240~260gと意外に軽く、ドライタッチで耐久性もありそうです。
湿度の高い日本の気候で、汗ばむ春先から真夏まで十分に活躍頂ける生地になっています。

数ある中で、個人的にお勧めなのが、こちらの一枚。

IMG_7234

英国の伝統柄であるグレンチェックを珍しいバーガンディーカラーでまとめた素晴らしい配色となっております。
万人に合う柄ではありませんが、着用するのが楽しみになるような素敵な柄ではないでしょうか。

春は、出会いと別れの季節。
新しい自分に出会う為、今まで選ぶことは無かったような大胆な生地に挑戦するのもいいかもしれませんよ。

全力でサポートさせて頂きます。

文中で紹介したHARRISONS OF EDINBURGHの ‘MYSTIQUE’を使用して、
スーツ 140,400円(オーダー価格)となっております。

TEXT BY KAZUMA KAKIMOTO

お問い合わせ先:
FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

本日よりFREEMANS SPORTING CLUB-FUTAKOTAMAGAWAにてSPECIAL DAYSを開催しております。

開催期間は1/19(木)~1/22(日)の4日間

一部対象外商品を除き、30%~60%OFFにてご提供しております。

更に…

無題

 

今回は、二子玉川店限定のサービスとして、期間中の4日間セール品に限りレジにて更に10%OFF致します!

季節的にまだまだ着れる素材感の商品もご用意していますので、この期間を是非お見逃し無く!

(※こちらのサービスはFREEMANS SPORTING CLUB-FUTAKOTAMAGAWAのみとなります。予めご了承下さい。)

それではいくつかお勧めの商品を紹介していと思います。

まずはFREEMANSのアイコン的商品でもあるISLE OF MAN(MADE IN U.S.A)。

IMGP4849

・ISLE OF MAN:¥86,000+TAX→¥43,000+TAX(期間中は更に10%OFF)

・CHORE JACKET:¥40,000+TAX→¥20,000+TAX(期間中は更に10%OFF)

・CHECK SHIRT:¥26,000+TAX→¥13,000+TAX(期間中は更に10%OFF)

TexWax™を使用したWAXコットンは、耐久性は基より着込むほどに味の出る正にFREEMANSらしい1着。

CAMO柄が更にヘビーアウターの男らしさを強調しています。

こういったモノトーンコーディネートがぴったり嵌りかっこいいですね。

お次はこちら。

SPORT COAT(MADE IN U.S.A)。

IMGP4843

SPORT COAT:¥140,000+TAX→¥70,000+TAX(期間中は更に10%OFF)

TIE:¥12,000+TAX→¥8,400+TAX(期間中は更に10%OFF)

絶妙な配色によるチェックパターンが着こなしの幅を利かせてくれます。

2016 AUTUMN/WINTERより身頃の芯地、肩パッドを薄くし、より軽さを出したモデルとなります。

ウールパンツ、ジーンズとパンツもあまり選ばず合わせていただけます。

その他パンツ、シューズ等ご紹介しきれない様々な商品をご用意しております。

今季の秋冬シーズン最後のお買い物に是非いかがでしょうか。

スタッフ一同お待ち致しております。

 

TEXT BY AKIRA ISHIKAWA

お問い合わせ先 :

FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965

instagram : freemanssportingclubtokyo

facebook : freemanssportingclub-tokyo

FREEMANS SPORTING CLUBで大変ご好評いただいております。

PATTERN ORDER SHIRTS FAIR”

開催から二週間が経ち、多くのお客様にご来店いただき、お一人おひとりの目的や個性、拘りに合わせてシャツをお作りいただいております。

その中でよく耳にするのが、シャツ生地だけ見ても、シャツの出来上がりのイメージが難しいということ。

そんな私も、初めてオーダーしたときは何度も生地を見ながら想像したものです。

ただ、それがオーダーの醍醐味であり楽しみの一つだと私は思います。

毎回出来上がりが待ち遠しいのは、悩みに悩んで選んだ生地やデザイン、サイズ感などがどのように仕上がってくるのか

期待と不安があるからであり、それは既製品のシャツには味わえないこと。

今回は、FSCスタッフが実際に作ったお気に入りのシャツをご紹介させていただきます。

オーダーが初めてのお客様や何度もオーダーいただいてるお客様にも参考になれば幸いです。

IMGP4800


まず最初は、淡いブルー地のシャツに濃い目の淡いブルーストライプを織り交ぜた生地で誂えたクレリックシャツ。

こちらのシャツですが、実はお客様が以前作られたものに一目惚れし、ほぼ同じように作らせていただきました。

クレリック(聖職者、牧師)という意味を持ち、牧師が着用していた服を想像していただくとわかると思いますが、襟元が白くなっています。

そういった仕様が聖職者や牧師を連想させるため、クレリックシャツと言われております。

清潔感があり、誠実さを感じさせてくれるクレリックはブルーストライプと非常に相性が良く、好印象をもたれること間違いなしです。

一着あるとコーディネートの幅も広がるので、お持ちでない方は一着誂えてみてもいいかもしれません。

刺繍も承っております。

IMGP4814


次は、こちら。

IMGP4788


ベージュのお色をベースにブラウンとブルーのチェックをあしらった生地は、スーツやジャケットに合わせるのはもちろん、カジュアルとしても着用いただけます。

IMGP4790


数ある釦の中から、生地の色味と相性がいいマーブル釦のベージュを合わせているのも拘りの一つ。

他にも通常のポリエステル釦から高級シャツでおなじみの高瀬貝、白蝶貝で作られた貝釦もご用意しております。

天然の貝をくりぬいて作られるため、一つとして同じものはなくシャツに多様的な表情を与えてくれます。

 

他にも襟15型、カフス7型、ボディー3型など、多種多様の要望にお応えいただけます。

お求め易いこの機会にFREEMANS SPORTING CLUBで、拘りのシャツを仕立ててみてはいかがでしょうか。

開催期間:12月16日(金)~1月9日(月)
開催店舗:FREEMANS SPORTING CLUB TOKYO
               FREEMANS SPORTING CLUB FUTAKOTAMAGAWA
価格:2着 ¥24,000+TAX(オプションは別途有料となります)
納期:約1ヶ月半

TEXT BY YOICHIRO MATSUYAMA

お問い合わせ先 :

FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

instagram : freemanssportingclubtokyo

facebook : freemanssportingclub-tokyo

IMG_6081

英国では、古くから貴族の間で紳士のスポーツとして嗜まれてきたスポーツハンティング。
粘土製の鳥型の標的を射撃して得点を競うスキート射撃は、FREEMANS SPORTING CLUBのFOUNDERのTAAVO達も得意とか。

 

グレートブリテン島の中でも、南スコットランドと北イングランドのボーダーズと呼ばれる国境付近、チェビオット丘陵に生息する英国純血種の羊が、チェビオット種。

「英国田園風景」と言えば聞こえは良いのですが、そこは草と低木が永遠と続く辺境の地。 雨と風の厳しい自然環境を生き抜くチェビオット種の毛質は、細めながらもハリコシに優れ、耐久性もあり、自然な光沢感と縮れが特長です。
主に、ツィード生地やラグ、ブランケットなどに使われる、山岳・丘陵種の中で野趣に富む大変質の高い羊毛となります。

IMG_6075

カントリースポーツに適した服地を専門に扱うスコットランドのマーチャント、”ポーター&ハーディング社”は、1947年設立以来、一貫してこの英国原産のチェビオット種の羊毛を使用しています。
ポーター&ハーディング社のカントリーライフを彩るスーツ地や、ジャケット地は、英国本国はもちろんのこと、カントリーライフに共感を持つ世界中のカントリージェントルマンから愛されています。

余談ではありますが、英国製のモノの中には、“MADE IN ENGLAND”の表記ではなく、“MADE IN BRITAIN”の表記を目にすることがあります。
これは、連合王国の一部である、スコットランドやウェールズの人々が、「うちらはイングランドに属しているわけではない!」という気持ちから”MADE IN BRITAIN”の表記を使っているのだと聞いたことがあります。

ポーター&ハーディング社のバンチブックにも、”MADE IN GREAT BRITAIN”の文字が見られるのは、ヨーロッパで最古の歴史を持つスコットランドの誇りなのでしょうか。

っと、前置きが長くなりましたが、本日ご紹介したいのが、こちらのポーター&ハーディング社の”THORNPROOF”(ソーンプルーフ)の生地。
あまり聞き慣れない”THORNPROOF”という言葉ですが、調べてみると「THORN」は「棘(とげ)」のことで、「PROOF」は「耐性」ということになるので、棘から身を守る為に、また、引っ掛けて簡単に破けないように作られた生地ということになります。

英国の雄大な自然の中で、カントリースポーツに興じている際、熱中して深い森や林の中に分け入っていく時でも、木々の枝や草花の棘などからしっかりと身体を保護してくれる、そんなカントリーライフに最適の生地なのです。

1㎡の目付けが560gと超ヘビー級なウエイトで、しっかりとした打ち込みのある生地に、ところどころにカラーネップが織り込まれた平織り地で構成されています。ハンティングなどの目的で使用されることを想定してでしょうか、英国の田園風景に溶け込んで保護色となるような、モスグリーンやストーングレー、ダートブラウンなどを基調とした色の生地が多いのも特長的です。

FREEMANS SPORTING CLUBのアイコン”ISLE OF MAN”のようなへヴィーデューティーな着こなしのスーツをお探しなら、間違いなくこの素材をお勧め致します。

unnamed

そんなポーター&ハーディング社のTHORNPROOFコレクションから自分用のスーツとして選んだのは、こちらのモスグリーンベースの一枚。どんよりとしたスコットランド特有の空の下、色濃い草木と土の色をそのまま織り上げたような、そんな深い色合いに強く惹かれました。

どうせ仕立てるなら、カントリージェントルマンを気取って、タッターソールのシャツにハンティングモチーフのネクタイ、アイルランドのマギー社のマフラーにやれたバブアーを羽織って、Beanブーツで合わせるハンティングスタイルがいいかも。

出来上がりのお披露目は、また別の機会に。

文中に登場したポーター&ハーディング社の”THORNPROOF”を使用して、スーツのオーダー価格 140,400円(税込み価格)

TEXT BY KAZUMA KAKIMOTO

お問い合わせ先:
FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

IMGP4712毎シーズンご好評いただいております「PATTERN ORDER SHIRTS FAIR」。

今季もFREEMANS SPORTING CLUB2店舗にて開催致します!

期間は本日16日から1月9日(月)までとなります。

詳細はこちら

今回も定番のホワイト、ブルーのオックスフォード地、ストライプ、ギンガムチェック等の柄物と満遍なく生地柄がお楽しみいただけるかと思います。

また前回ご好評いただきましたFSC専用生地もご用意致しました。

IMGP4718IMGP4720 IMGP4721 IMGP4723


コーデュロイ、ネルチェックと前回同様FSCらしい生地でご用意しました。タックアウトで着れるよう着丈を短くしたりとカジュアルユースでの対応も承っておりますので、スタッフにお気軽にご相談下さい。

PATTERN ORDER SHIRTS:2着 ¥24,000+TAX(オプションは別途有料となります)

また今回はオーダーシャツフェアに加え、VINTAGE FABLICをご用意したオーダースーツフェアも同時開催。

IMGP4725

(FABLIC:DORCHESTER SUPER 150′S)

VINTAGE FABLIC SUIT:¥90,000+TAX

英国にて最高級生地ブランドとして認知されている今は無き“ウェインシールアンドサン”、本場サビルローにて好評を博している“ミノバ”、1970年代に英国にて生産された“ドーメル”など、当時の日本では殆ど輸入されることの無かったヴィンテージファブリックが店頭に並びます。

ヴィンテージファブリックというと取っ付き難い印象を受けるかもしれませんが、現在はさまざまな生地ブランド、種類が手に入る中で、こういった現行では手に入らなくなってしまった生地、当時のリアルを感じることが出来る…等々VINTAGEならではの味を感じることが出来ます。

柄に関してもストライプ中心となっており、控えめなストライプがビジネスシーンでも難なく嵌ります。

とはいってもこの生地感は写真ではなかなか伝わりにくいので、是非店頭までお越しいただければと思います。

この機会にVINTAGE FABLICのスーツにトライしてみてはいかがでしょう。

年末年始の特別なイベントとして、お客様に楽しんでいただけるようスタッフ一同お待ちしております。

 

TEXT BY AKIRA ISHIKAWA

 

お問い合わせ先:

FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965

FREEMANS SPORTING CLUB-TOKYO 03-6805-0490

instagram : freemanssportingclubtokyo

facebook : freemanssportingclub-tokyo