三寒四温、続々と届く春の便りに、
桜の花を待ち遠しく、和らぐ寒さを寂しく感じる季節。

今年の冬は、雪に悩まされた各地、より春の訪れが待ち遠しい。

そろそろ、春に向けての準備を始めてもいいかも・・・。

さて、今年はどんなスーツを作ろうか?

ここ数シーズン、スーツ業界でトレンドワードにあがっているのが、“ブークレ”と“ソラーロ”。

ブークレは、生地表面に膨らみ感のある糸のループが出来ていて、表情豊かな生地に仕上がっている、一方、ソラーロは縦糸と横糸の色を変えることで生地表面の色が独特に変化する生地に仕上がっている。

と、まあ、どちらも生地の名称なのだが、この2つの生地をバンチブック(生地コレクション)を見ても、既製品売り場のスーツを見ても、目にする機会が非常に増えた。

特に、ソラーロはテーラーの中ではスマッシュヒットを続けている生地のひとつで、シーズン終わりの頃になるとほぼ完売という状況が続いている。

まだまだ堅調な兆しのあるこのソラーロで、今シーズンは仕立ててみるのをお勧めしたい。

ソラーロ ボディ着せつけ

Solaro”ソラーロは、イタリア語で『太陽の』の意味があり、英語で“Sun Cloth”サンクロスと呼ばれているようで、もともとは、厳しい太陽の光を反射させて、涼しく快適に着られる機能性のある生地として誕生している。

イギリスの”Smith Woollens“スミス ウールンズ(日本ではスミス ウーレンとして通っている)社が作った生地で、ソラーロの名前を商標登録しているので、実際にはソラーロと言ったらスミス ウールンズのオリジナルソラーロを指すことになるのだが、現在では、雑誌を含め多くの場合、縦糸と横糸の混色生地、玉虫効果のある生地全体をソラーロと指すことが多くなってきている。

オリジナル ソラーロ

こちらが、スミス ウールンズのオリジナルソラーロの生地。
ご覧の通りオリジナルの風格があり、しっかりした打ち込みが特徴。ヘリンボーンの方が着用した際の玉虫効果は良さそうだが、ここは好みに任せたい。

ソラーロの生地で作りたいなら、先ず検討して欲しい。やはりオリジナルの持つ存在感は、他のソラーロには決して真似出来ないことを伝えておきたい。

高温多湿の日本の夏にはやや不向きではあるが、355gmsのしっかりしたウェイトで1年を通して愉しめるのがまたいい。
FREEMANS SPORTING CLUBではオーダー開始当初からシグネチャーファブリックとして、このオリジナルソラーロをプッシュし続けているので、是非ここは抑えておきたいところだ。

ソラーロ ウィリアム

英国の”William Halstead“ウィリアム ハルステッド製のソラーロは、330gmsとやや軽めの仕上がり。
英国ならではのしっかりした生地感はあるが、オリジナルに比べると打ち込みは甘めで柔らかいタッチが特徴。

価格がスミス ウールンズより小慣れているのと、夏の着用を考えるなら少しでも軽いこちらを選ばれてはいかがだろうか。
見た目の玉虫効果は、オリジナルに決して引けを取らないので、ご心配なく。

DSC_0705
DSC_0704

イタリアの”Vitale Barberis Canonico“通称カノニコのソラーロとなると、ぐっと艶っぽさが出てくる。
10%シルクをブレンドした生地は光沢に富み、玉虫効果をより引き出してくれる。ウェイトは250gmsと軽い仕上がりに。

特に魅力的なのが、10色展開とバリエーションが豊富で、縦横の色の組み合わせも実にイタリアらしい。
また、ネイビーベースのソラーロはビジネスシーンでも十分に使用出来るので、是非お試し頂きたい。

と、この他にも最近では、各マーチャントがソラーロの生地を打ち出しているので、色々比べてみるのも面白いと思う。

さらに、今月、2月23日よりFREEMANS SPORTING CLUB 3店舗で、パターンオーダースーツフェアが開催予定なので、併せてお伝えしておきたい。

今回お勧めしたソラーロ3種類を含む、全生地コレクションが期間中20%OFFと、大変お買い得な内容となっている。

スーツの他にも、ジャケット、パンツ、ベストの単品での注文も可能で、オン、オフ幅広いシーンに合わせてのオーダーが出来るのも魅力的だ。

出来上がりまでの時間を考えると、是非この機会にオーダーしておくのをお勧めする。
春の訪れと共に、取っておきの一着が出来上がってくると思うと、なんとも待ち遠しい・・・。

blog0216

TEXT BY KAZUMA KAKIMOTO

グリーンがもつ本来の自然美と経年変化を魅せる、独自のスタイリングを提唱するプラントアーティスト川本諭 氏のブランド【GREENFINGERS】

自身の植物を中心としたライフスタイルショップを運営しながら、世界を飛び回り数々のブランドとコラボレーションし、見る者を魅了し続けています。

そんな川本氏とは、元々FSC NYのBARBER SHOPの内装を手掛けていたご縁があり、東京にあるFSC各店舗の内装も手掛けていただいております。

それでは、FSC青山店のご紹介と共にご覧ください。
DSC_0025
まずは、エントランス。
FSCの雰囲気を一層高めてくれるグリーンは男らしさを兼ね備えつつ繊細さが感じられます。
DSC_0004
コーヒーカウンターとも相性がいいですね。
DSC_0096
エントランスを入ると、フリーマンズな男たちが愛するスポーツであるキャンプ、狩猟、フィッシング、ツーリングなどに適したアイテムが並ぶ、カジュアルフロア。このフロアの右奥の通路を進みますと…
DSC_0141
各フロアに通ずる階段がありますので、まず地階のレストランへ。
DSC_0032
レストランのドアを開けると目に飛び込んで来るのが、壁面に飾られたヘラジカの剥製の数々。
こちらの剥製に川本氏の手が加わると、まるで絵本の中から飛び出してくるような躍動感を感じられます。
DSC_0046
独特のライトグリーンの壁が落ち着いた雰囲気のあるレストランフロア。
奥にはクラシックなバーカウンターがあり、FSC特製ウイスキーサワーを飲みながら語り合うのも一興ではないでしょうか。

DSC_0081

外にはテラス席があり、天気の良い日に見上げると青空とグリーンに癒されます。

DSC_0087

DSC_0139
2階のテーラーフロア。
男の身だしなみはすべてFREEMANS SPORTING CLUBでお任せを。

DSC_0157
3階のバーバーフロアには、我らがMr,ダンディー須山がお出迎え。
NYスタイルであるタイル張りのスタイリッシュな空間の中で男の身だしなみを整えてみてはいかがでしょうか。
DSC_0201

こちらな銀座店ですが、個性のあるグリーンがタイル張りの空間をより良く演出してくれています。
DSC_0144
こちら、青山バーバースタッフが育てているグリーン。フリーマンズな男たちはグリーンを愛しています。
実はFSC二子玉川店には、GREEN FINGERSのショップがございます。
DSC_0246
こちらがFSC二子玉川店。
DSC_0231
小ぶりのものから店内装飾でも使える大ぶりのものまで個性溢れるグリーンを揃えています。
DSC_0224DSC_0235
ドライフラワーや造花を組み合わせたブーケやドーム型のオーナメントも人気で、生花と組み合わせることにより、いつもと違う空間を演出してくれます。
また、生花と違い水やりが不要のため、忙しい方でも簡単にグリーンを取り入れることができます。
DSC_0241

グリーンと人との関わり方をより豊かに、身近に感じて欲しいという川本氏の想いから生まれるプロダクト。
初めての方は、まずは小さなグリーンから育ててみてはいかがでしょうか。

TEXT BY YOICHIRO MATSUYAMA

お問い合わせ先 :

FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924

instagram : freemanssportingclubtokyo

facebook : freemanssportingclub-tokyo

IMG_1109

銀座に戻ってきて迎える、久しぶりの年末。

とは言っても、前のお店があったのは銀座の二丁目。
和光から京橋までと、和光から新橋までとでは、銀座を歩く人並みも違って見えるから不思議です。
それも、銀座の顔として世界中から人が集まるGINZA SIXでは尚更です。

去年まで過ごしたF.S.C.-TOKYOのある表参道では、この時期、街路樹のイルミネーションに合わせて、街全体がクリスマス一色となっていたのを思い出します。また、クリスマスが終わると同時に、今度は明治神宮の初詣の雰囲気に一夜にして変わるのも、表参道ならではで面白いものでした。

銀座では大規模なイルミネーションはありませんが、百貨店や商業施設などクリスマスに合わせてのイベントなどを用意して子供から大人まで楽しませてくれています。しかし、やはり大人の街、銀座、表参道とは違って、どこか落ち着きを放っているように感じられます。

そう、銀座の年の瀬は、クリスマスムードというよりも、新年を迎える準備の季節なのかもしれません。『お正月の買い出しは、是非銀座で』と考える人は多いようで、この時期は全国各地よりやってきた人で賑わっています。

なにはともあれ、新年に向けての準備が整っていることはいいことです。

例えば、新年に財布を新調すると金運が上がると聞いたことがありますし、新しい年の手帳やカレンダーの準備が出来ると、なんだか良い1年のスタートが切れそうな気がします。

F.S.C.では、毎年恒例となりましたオーダーシャツの”SPECIAL OFFER”を開催しております。

新しい1年を迎えるにあたってとは言いませんが、たかがシャツではありますが、新しい物に変えるだけで、気分は良くなるものです。

新しいプロジェクトや、配属先、知人の結婚式やパーティーなど、特別な1日に向けて気分を一新する為に作るのもいいかもしれません。

ましてや、自分で生地から選んで決めていくオーダーメイドとなれば、何気ない普段の1日だって、特別な日になること間違いなしです。

お得なこの機会に、特別な日の1着をお誂えされてみてはいかがでしょうか。
いつもより特別な銀座の街でお待ちしております。

*今回は、F.S.C.3店舗に加え、URBAN RESEARCHの大阪、ルクアイーレ店と福岡、ソラリアプラザ福岡店でも同時開催しております。それぞれの街でお待ちしておりますので、お近くの店舗までお越し下さいませ。

-PATTERN ORDER SHIRT “SPECIAL OFFER”-

開催期間:12月8日(金)〜12月31日(日)
開催店舗:
FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924
FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965
FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490
URBAN RESEARCH ルクアイーレ 06-6151-1418
URBAN RESEARCH ソラリアプラザ福岡 092-406-9755

価格:¥28,000+TAX〜 (オーダー価格)
納期:約1ヶ月半
*詳しくは店頭スタッフまでお問い合わせ下さいませ。

TEXT BY KAZUMA KAKIMOTO

 

月日が経つのは早いもので、2017年も残りわずかとなりました。

ついこの間まで白い麻のスーツを着て額から汗を流していたかと思えば、いつの間にかスーツもフランネル地に変わり、オーバーコートを羽織る季節になりました。

本日は12月8日(金)から始まりましたPATTERN ORDER SHIRT “SPECIAL OFFER”のご案内と私自身がFSCで仕立てて頂いたシャツをご紹介したいと思います。

IMG_6498

 

私にとって衣類とは武士にとっての甲冑のような物。

身体の保護、生理的・機能的な要素と自分自身の存在意義を表現する装飾品のようなものだと考えております。

故に身に纏うもの、持ち物にはこだわりたい。

勿論、既製品でもすばらしい物は沢山ありますし、私ヴィンテージも多々着用いたします。

そもそも私がオーダーメイドに興味を持ったきっかけは、自分の体にフィットするものを見つける事がとても困難であったこと。

スーツを着るときに最も重要な事の1つはサイジングですが、私体が小さく、以前は既製品・ヴィンテージを直して着用する事も少なくありませんでした。

既製の物やヴィンテージを直して着る事に少し罪悪感があり、と言うのも元々のシルエットを失ってしまうし、アーティスト達のクリエイションに傷を付けているような気がしてしまうから。

その点オーダーメイドは細かいディティールも自分の好みにカスタム出来るし、”私”の為だけに仕立ててくれる。

世界に1着しかないという贅沢感。

ボディの形は常に同じシルエットで、襟型は多様に使い分け、袖口はフレンチカフスでヴィンテージのカフリンクス。

ボタンは白蝶貝。

特にシャツは直接肌に触れるから生地にもこだわりたい。

そんな拘る男達の様々なわがままを叶えてくれるのがオーダーメイドではないでしょうか。

前置きが長くなりましたが、私のコレクションを一部ご紹介させて頂きます。

改めて自分のワードローブを眺めてみると、圧倒的にストライプが多い。

IMG_6504

こちら春先から夏場、頻繁に着用するグリーンのストライプ。ラウンドカラー・ピンホール。

yoshiblog - コピー

アクセサリーでゴールドをプラスするとより華やかに。ネクタイを同系色にすれば、落ち着いた森のように、色物ならどんな花を咲かせるか。

IMG_6510

爽やかなブルーのブロックストライプ。ラウンドカラー。派手の一言。このシャツを着るときはベスト無しで、スーツもシンプルな物を選び、シャツを主役に。

IMG_6517

スペシャルな一着。イエローストライプ・ロングポイントカラー。1930年代のムービースターのようなシャツが欲しくて仕立てた一着。襟型は通常の型の中になかったのでヴィンテージシャツの襟型を参考にパターンを作って頂きました。(オプション)

IMG_6519

ボディは全て同じ型で、背中のヨーク部分・袖山部分にギャザーを入れ、よりヴィンテージドレスシャツのように。

IMG_6578

基本的に注文する時はまず好き勝手に注文し、専門家の話にはうなずく。そして全てが決まれば後は黙って待つだけ。

約1ヵ月後には世界で1着の”私だけに作られたシャツ”が届く。

IMG_5893

 

PATTERN ORDER SHIRT “SPECIAL OFFER”

開催期間:12月8日(金)〜12月31日(日)
開催店舗:FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO
FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA
FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX
価格:¥28,000+TAX〜 (シャツ2着)

皆様も新年へ向けシャツを新調してみてはいかがでしょうか。

IMG_6587

FSCではヴィンテージのアクセサリーも取り扱いございますのでシャツとご一緒に是非・・。

171206_ordershirt_top

TEXT BY YOSHIO SUYAMA

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924

 

だんだんと気温が下がり、今年もまた外套を羽織る季節がやってきております。

外套とは所謂オーバーコートのことで、防寒などの為に着用する上着のことをいいます。

外套は”本来の目的”がある屋内では脱ぐのが基本のマナーとなっているため、そのものの拘りはついつい失いがちです。

FSCのアイコンスタッフ 須山は着るものに拘りをもっており、当ブログでも「夏場にスリーピースは暑くないのか」と問われると、「暑くとも何処で何をするか、誰と会うかというところが重要」と答えています。

話題の季節は間逆ですが、彼の心意気はオールシーズンでしょう。

ぶぶぶぶっブログ

 


拘りを失いがちのところこそ拘ることで、”本来の目的”が輝くのではないかと私は思っております、、

 

 

【ORDER COAT TRIAL FAIR】

 

当フェアでは、3型のコート《 シングル 2ボタンチェスターコート / アルスターカラーコート / ダブルチェスターコート 》から自分のスタイルにフィットしたお好みのモデルをお選びいただけます。

上品でシンプルな無地から、チェックやハウンドトゥースなどのクラシックな表情の柄まで様々な生地をご用意。

ボタンは、老舗ボタンショップの「ミタケボタン」からご用意しております。本水牛ボタンやクラシックなスイス製のメタルボタンなど表情も様々。コートの顔立ちを決めるボタンまで豊富に取り揃えました。

部部ブログ

 

 


開催店舗 / 期間:

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO / 10月27日(金)~11月12日(日)
FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX / 10月27日(金)~11月12日(日)
FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA / 11月15日(水)〜12月3日(日)

価格:¥100,000〜(税抜) 通常価格の20%OFF

納期:1ヶ月半〜 ※オーダー状況によっては納期が前後する可能性がございます。詳しくは店頭スタッフまでお問い合わせください。

 

オーダーですので納期を頂いてしまいますがお好みの一着がお仕立て出来ます。

是非この機会に本来の目的の為の拘りある一着をお仕立てしてみてはいかがでしょうか。

 

TEXT BY ISSEI SEKI

お問い合わせ先:

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924

FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490