DSC_0341 - コピー

2004年にニューヨークのローワーイーストサイドに静かにオープンしたレストラン、FREEMANS。

その後、FREEMANS SPORTING CLUB(以下 F.S.C.)というメンズショップが出来るまで、ニューヨークには、男くさい男達がふらりと立ち寄って、気軽に買い物が出来る店はありませんでした。

ニューヨークのファッションは、今でも世界中からやってくる人達によって、常に進化し続けています。

そんな変化の激しいニューヨークのマンハッタンで、頑なに店舗を拡げようとせず、自分たちが納得出来るプロダクトを作り、仲間達と分け合うことにやり甲斐を感じている、そんなスモールストア(ブランド)がF.S.C.です。

可能な限り、自分たちが生活しているところでプロダクトを作り、地域の人たちに向け、手から手へ売り渡していく、そんなスタイルは、グローバル化し過ぎた販売方法に一石を投じました。

浅い歴史の中でも、時間を掛けて改良を重ねたプロダクト達は、不思議と魅力を持っていて、F.S.C.のシグネチャーアイテムとなっています。

僕たちは、そんなプロダクトのことを密かに“名作”と呼んで愉しんでいます。

そんな名作の中で、不動の人気を誇っている “ISLE OF MAN”というプロダクトがあります。

これは、ワックスをたっぷり含んだヘビーコットンクロスを使用した、フード付きのアウターなのですが、見た目以上の重量と、ワックス特有のベタつきは、何も知らない方は、たいてい敬遠されていきます。

グレートブリテン島とアイルランド島に囲まれた、マン島(Isle of Man)という島があります。この島で行われるオートバイ競技のTTレースは、特有の激しい気候変化と、生活公道をそのまま使用することで、最も危険なオートバイレースとして知られています。

1907年に開始されたTTレースで、当時、防水、防風に長けて、泥水や埃などから、レーサーを保護するために注目されたのがワックスコットンクロスでした。

そんな過酷なレースにも対応出来るアウターを目指して生まれたのが、名作“ISLE OF MAN”でした。
もちろん、基本的にはタウンユースで着用しますが、近年は、ニューヨークの寒波でも最高のパフォーマンスを発揮している、と聞くと、そのスペックの高さは折り紙付きなのです。

”CAMP SHIRTS”もまた、F.S.C.の創設者TAAVO SOMER達が、週末ごとに繰り出していたアウトドアで着用する為に作られたシャツでした。

キャンプシーンに合わせ、厚手のウールメルトンの生地を使用し、胸には機能的なポケット、脇にはハンドウォーマーポケットが付いた、実用性重視のアウトドアギアは、今では様々な生地で商品化され、1年を通して楽しむことの出来るプロダクトになっています。

また、今はリリースされていませんが、一時期、夏の人気アイテムだったコットンショーツ “CAMP SHORTS”も夏場のアウトドアシーンで、快適に過ごす為に作られたプロダクトでした。

“WINCHESTER”は、古くからのF.S.C.ファンに愛されているヘビーウェイトのコットンパンツですが、現在は生産をやめているプロダクトになります。しかし、廃番となった今でも再販を望む声が高いところからも、“WINCHESTER”の人気の高さを知ることが出来ます。

また、2013年にF.S.C.が東京に海外初進出した年に発売された、マッキントッシュのダンケルドは独特な配色の妙で、今でも名作中の名作と感じているファンの方は多いのではないでしょうか?

日本に上陸してきてからは、日本の技術を駆使したハイテク素材や、生産背景を使ったプロダクトもまた、新たなF.S.C.のシグネチャーアイテムに一役買っています。

世界に誇る岡山のデニムもまた、ドゥニームの林氏の監修の下、細部にまでこだわり、“GOD OF DENIM”という名で誕生しました。純国産のデニムは、当初から日本人はもちろんのこと、海外からやってくるF.S.C.ファンに絶大な支持を受け、その後、本国アメリカに渡り、ニューヨークのF.S.C.でもロングセラーとなっていて、今ではF.S.C.の大切な顔に育っています。

3年前に発売されたメッシュベルトもまた、僕たちが名作だと考えるプロダクトの一つです。

『F.S.C.を象徴する無骨で、使っていくうちに革の味わいが増していくベルト。
それでいて全てのスタイルに、それ1本で対応出来るもの。』

そんな問いに、真剣に取り組んでくれたのが、東京、浅草の革職人でした。

厚さ3〜4mmの革を編み込む作業は、機械では決して出来ない為、1本1本職人の手によって行われます。
出来上がったベルトは、お世辞にも洒落たものではありませんでしたが、見るからに堅牢で魅力あるプロダクトに仕上りました。

F.S.C.のスタッフの着用率でもわかる様に、このメッシュベルトは3年経った今でも人気のアイテムの一つになっています。

今回、このメッシュベルトの再構築の命を受け、ありそうで無かった絶対的な存在感を放つヌメ革でベルトを作る、という答えを出しました。

上下に革が交差するメッシュベルトの構造を理解し、肉厚なヌメ革で編み込むことにより、意図的に凹凸作り、永年使用する中で色が濃く変化する部分と、ヌメ革の白さが残る部分との対比を楽しんで育てて頂ける、そんなベルトに仕上げてみました。

過去のプロダクトがそうであった様に、流行や売れ筋には無縁であっても、納得し、仲間たちと喜びを共感出来る、そんなプロダクトが出来たと感じています。

これからも進化を続ける、F.S.C.の歴史の中に相応しい“名作”を、是非、ご自身で時間を掛けて育てて頂きたいと思います。

STYLE NO. UF83-1EZ001
FSC MESH BELT
COL. BLACK, D.BROWN, NATURAL(ヌメ)
サイズ S(着用79㎝相当)、M(着用89㎝相当)、L(着用99㎝相当)
上代 ¥14,000+TAX
6月中旬 発売予定
現時点では、取り扱い店舗は未定となります。
詳細は店舗スタッフまでお問い合わせ下さい。

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924
FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965
FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

TEXT BY KAZUMA KAKIMOTO

春はネクタイの季節かと、私はそう思います。

3月に入り気温がグンと暖かくなりました。

着用する服が薄手になっていくと、私は首元に目がいってしまいます。

首元に着けるアイテムはたくさんありますが、

やはりFSCはシャツにネクタイ。

 

DSC_0064

 

 

18ssの入荷と現在開催中のPATTERN ORDER SUIT FAIR に合わせて、

新作のネクタイが入荷してきましたのでご紹介いたします。

 

 

DSC_1227

 

 

今回はストライプの柄が豊富です。

しかし生地に特徴があるものが多く、ひとつひとつが

合わせたときに違う存在感を出してくれます。

 

 

DSC_1269

DSC_1270

DSC_1273

DSC_1274

DSC_1276

 

 

18SSのネクタイは芯と裏地が付いていない仕様ですので

首に巻くしんどさが軽減され春夏に最適なネクタイとなっております。

 

 

DSC_1247

 

 

さらに私が個人的にも追求したいところ。

これまでのFSC TIE より幅が細くなり、

ビジネスシーンとカジュアルでON/OFF切り替えて使うことができるところが今回のポイントでしょうか。

 

 

【ON】

 

DSC_0021

 

DSC_1240

 

 

【OFF】

 

DSC_0049

 

DSC_0056

 

 

上の写真のようにボタンダウンカラーのシャツにネクタイを巻くとトラッドな雰囲気になります。

シャツやジャケットとの組み合わせも楽しくなるものばかりでした。

私は目立った色柄のネクタイはしないのですが、

締めているときとそうでないときでは気分も変ってくるものです。

皆様も今春は是非ネクタイを主役にコーディネートを組んでみてはいかがでしょうか。

 

 

blog02161

 

 

TEXT BY ISSEI SEKI

お問い合わせ先 :

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924

instagram : freemanssportingclubtokyo

facebook : freemanssportingclub-tokyo

 

厳しい寒さも少しずつ和らぎ、ようやく春の兆しが見えてきた今日この頃。

長く厳しい冬も終わりが近づくにつれ、雪化粧をした街並みがもう見れなくなってしまうという悲しさも感じてしまいます。

ですが日本のそんな儚さがやはり美しい・・。

FREEMANS SPORTING CLUBでは02月23日(FRI)から03月18日(SUN)までPATTERN ORDER SUIT 20% OFFのフェアを開催しております。

私も春に向けFSC / MADE TO MEASUREでスーツを新調して頂きましたのでご紹介させて頂きたいと思います。

blog022507

一着は持っていたいブルーのスーツ。

シンプルで定番だからこそ、フィット感・シルエット・生地の質感や手触りが重要になってくる。

今回私が選んだ生地はヴィンテージのHOLLAND & SHERRY。ボタンは銀座老舗ボタン専門店『MITAKE BUTTONS』のボタンを使用。

blog022505

HOLLAND & SHERRY (ホーランド&シェリー)社は1836年ロンドンのボンド・ストリートにて創業され、180年以上の歴史を誇る英国高級服地マーチャント。

ヴィンテージならではのしっかりとした重さ・柄・程よい艶感。少し厚みがある分シルエットは綺麗な状態を保ちつつ、体を優しく包む様な柔らかさもある。

昔、祖父の着ていた仕立ての良いスーツ。祖父はいつも完璧で、私が幼い頃から彼は憧れの存在だった。今回のスーツはそんな彼のスーツを思い出させるような1着になった。

古臭いという印象を持つ人もいるかもしれないが、オーダーメイドで体に合わせ、現代のパターンで作り上げる事によって新鮮なものが生まれてくる。

blog0225

ブルーのスーツは多様な着回しができるのも嬉しい。ビジネスシーンから小物使いを変えればパーティーまで。セットアップでノータイ、初夏には白いパンツを合わせて足元はドレッシーなサンダルでパナマハットを頭にのせる。

暗い色~同系色のタイを合わせればよりシックに、カラフルなシャツやタイを選んで色で遊ぶのも良い。スーツがシンプルだからこそ選ぶ小物によって様々な表情を見せてくれる。それも一着は持っておきたい理由の1つである。

blog022502

 

桜の花を見るのも待ち遠しいけれど、自分のワードローブを春夏仕様に変えていく楽しさもこの時期の醍醐味ではないだろうか・・・。

blog022504 blog022506 blog022503

今回のフェア期間中限定で、FSCではヴィンテージの生地、今では手に入らない廃盤になってしまったデッドストックの生地、銀座老舗ボタン専門店『MITAKE BUTTONS』のボタン(MITAKE BUTTONSを使用の場合は別途オプション料)を特別にご用意しております。

もちろん2018年SSの新作生地や定番の物もフェア開催期間中は通常の20% OFFとなりますので、この機会に皆様もご検討してみてはいかがでしょうか。

blog0216

 

開催期間:
2月23日(金)〜3月18日(日)

開催店舗:
FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO
FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA
FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX
※2月26日(月)、27日(火)はGINZA SIX休館日となります。

価格:通常価格の20%OFF
(スーツ ¥90,000+TAX〜 / ジャケット ¥65,000+TAX~ / パンツ ¥26,500+TAX~)
納期:約1ヶ月半〜

詳しくは店頭スタッフまでお問い合わせくださいませ。

 

TEXT BY YOSHIO SUYAMA

三寒四温、続々と届く春の便りに、
桜の花を待ち遠しく、和らぐ寒さを寂しく感じる季節。

今年の冬は、雪に悩まされた各地、より春の訪れが待ち遠しい。

そろそろ、春に向けての準備を始めてもいいかも・・・。

さて、今年はどんなスーツを作ろうか?

ここ数シーズン、スーツ業界でトレンドワードにあがっているのが、“ブークレ”と“ソラーロ”。

ブークレは、生地表面に膨らみ感のある糸のループが出来ていて、表情豊かな生地に仕上がっている、一方、ソラーロは縦糸と横糸の色を変えることで生地表面の色が独特に変化する生地に仕上がっている。

と、まあ、どちらも生地の名称なのだが、この2つの生地をバンチブック(生地コレクション)を見ても、既製品売り場のスーツを見ても、目にする機会が非常に増えた。

特に、ソラーロはテーラーの中ではスマッシュヒットを続けている生地のひとつで、シーズン終わりの頃になるとほぼ完売という状況が続いている。

まだまだ堅調な兆しのあるこのソラーロで、今シーズンは仕立ててみるのをお勧めしたい。

ソラーロ ボディ着せつけ

Solaro”ソラーロは、イタリア語で『太陽の』の意味があり、英語で“Sun Cloth”サンクロスと呼ばれているようで、もともとは、厳しい太陽の光を反射させて、涼しく快適に着られる機能性のある生地として誕生している。

イギリスの”Smith Woollens“スミス ウールンズ(日本ではスミス ウーレンとして通っている)社が作った生地で、ソラーロの名前を商標登録しているので、実際にはソラーロと言ったらスミス ウールンズのオリジナルソラーロを指すことになるのだが、現在では、雑誌を含め多くの場合、縦糸と横糸の混色生地、玉虫効果のある生地全体をソラーロと指すことが多くなってきている。

オリジナル ソラーロ

こちらが、スミス ウールンズのオリジナルソラーロの生地。
ご覧の通りオリジナルの風格があり、しっかりした打ち込みが特徴。ヘリンボーンの方が着用した際の玉虫効果は良さそうだが、ここは好みに任せたい。

ソラーロの生地で作りたいなら、先ず検討して欲しい。やはりオリジナルの持つ存在感は、他のソラーロには決して真似出来ないことを伝えておきたい。

高温多湿の日本の夏にはやや不向きではあるが、355gmsのしっかりしたウェイトで1年を通して愉しめるのがまたいい。
FREEMANS SPORTING CLUBではオーダー開始当初からシグネチャーファブリックとして、このオリジナルソラーロをプッシュし続けているので、是非ここは抑えておきたいところだ。

ソラーロ ウィリアム

英国の”William Halstead“ウィリアム ハルステッド製のソラーロは、330gmsとやや軽めの仕上がり。
英国ならではのしっかりした生地感はあるが、オリジナルに比べると打ち込みは甘めで柔らかいタッチが特徴。

価格がスミス ウールンズより小慣れているのと、夏の着用を考えるなら少しでも軽いこちらを選ばれてはいかがだろうか。
見た目の玉虫効果は、オリジナルに決して引けを取らないので、ご心配なく。

DSC_0705
DSC_0704

イタリアの”Vitale Barberis Canonico“通称カノニコのソラーロとなると、ぐっと艶っぽさが出てくる。
10%シルクをブレンドした生地は光沢に富み、玉虫効果をより引き出してくれる。ウェイトは250gmsと軽い仕上がりに。

特に魅力的なのが、10色展開とバリエーションが豊富で、縦横の色の組み合わせも実にイタリアらしい。
また、ネイビーベースのソラーロはビジネスシーンでも十分に使用出来るので、是非お試し頂きたい。

と、この他にも最近では、各マーチャントがソラーロの生地を打ち出しているので、色々比べてみるのも面白いと思う。

さらに、今月、2月23日よりFREEMANS SPORTING CLUB 3店舗で、パターンオーダースーツフェアが開催予定なので、併せてお伝えしておきたい。

今回お勧めしたソラーロ3種類を含む、全生地コレクションが期間中20%OFFと、大変お買い得な内容となっている。

スーツの他にも、ジャケット、パンツ、ベストの単品での注文も可能で、オン、オフ幅広いシーンに合わせてのオーダーが出来るのも魅力的だ。

出来上がりまでの時間を考えると、是非この機会にオーダーしておくのをお勧めする。
春の訪れと共に、取っておきの一着が出来上がってくると思うと、なんとも待ち遠しい・・・。

blog0216

TEXT BY KAZUMA KAKIMOTO

グリーンがもつ本来の自然美と経年変化を魅せる、独自のスタイリングを提唱するプラントアーティスト川本諭 氏のブランド【GREENFINGERS】

自身の植物を中心としたライフスタイルショップを運営しながら、世界を飛び回り数々のブランドとコラボレーションし、見る者を魅了し続けています。

そんな川本氏とは、元々FSC NYのBARBER SHOPの内装を手掛けていたご縁があり、東京にあるFSC各店舗の内装も手掛けていただいております。

それでは、FSC青山店のご紹介と共にご覧ください。
DSC_0025
まずは、エントランス。
FSCの雰囲気を一層高めてくれるグリーンは男らしさを兼ね備えつつ繊細さが感じられます。
DSC_0004
コーヒーカウンターとも相性がいいですね。
DSC_0096
エントランスを入ると、フリーマンズな男たちが愛するスポーツであるキャンプ、狩猟、フィッシング、ツーリングなどに適したアイテムが並ぶ、カジュアルフロア。このフロアの右奥の通路を進みますと…
DSC_0141
各フロアに通ずる階段がありますので、まず地階のレストランへ。
DSC_0032
レストランのドアを開けると目に飛び込んで来るのが、壁面に飾られたヘラジカの剥製の数々。
こちらの剥製に川本氏の手が加わると、まるで絵本の中から飛び出してくるような躍動感を感じられます。
DSC_0046
独特のライトグリーンの壁が落ち着いた雰囲気のあるレストランフロア。
奥にはクラシックなバーカウンターがあり、FSC特製ウイスキーサワーを飲みながら語り合うのも一興ではないでしょうか。

DSC_0081

外にはテラス席があり、天気の良い日に見上げると青空とグリーンに癒されます。

DSC_0087

DSC_0139
2階のテーラーフロア。
男の身だしなみはすべてFREEMANS SPORTING CLUBでお任せを。

DSC_0157
3階のバーバーフロアには、我らがMr,ダンディー須山がお出迎え。
NYスタイルであるタイル張りのスタイリッシュな空間の中で男の身だしなみを整えてみてはいかがでしょうか。
DSC_0201

こちらな銀座店ですが、個性のあるグリーンがタイル張りの空間をより良く演出してくれています。
DSC_0144
こちら、青山バーバースタッフが育てているグリーン。フリーマンズな男たちはグリーンを愛しています。
実はFSC二子玉川店には、GREEN FINGERSのショップがございます。
DSC_0246
こちらがFSC二子玉川店。
DSC_0231
小ぶりのものから店内装飾でも使える大ぶりのものまで個性溢れるグリーンを揃えています。
DSC_0224DSC_0235
ドライフラワーや造花を組み合わせたブーケやドーム型のオーナメントも人気で、生花と組み合わせることにより、いつもと違う空間を演出してくれます。
また、生花と違い水やりが不要のため、忙しい方でも簡単にグリーンを取り入れることができます。
DSC_0241

グリーンと人との関わり方をより豊かに、身近に感じて欲しいという川本氏の想いから生まれるプロダクト。
初めての方は、まずは小さなグリーンから育ててみてはいかがでしょうか。

TEXT BY YOICHIRO MATSUYAMA

お問い合わせ先 :

FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924

instagram : freemanssportingclubtokyo

facebook : freemanssportingclub-tokyo