暑さがひと段落し、ようやく涼しくなったことでコートにも袖を通したくなる時期になりました。

そろそろ本格的な秋と冬の身支度を始めようとしている方々も多いのではないでしょうか。

さて今回商品をご紹介する前に、

『ギャバジン』

とはご存知でしょうか。

生地の名称であり、有名な話ですと世界的なブランド”BURBERRY”が開発した生地として世に多く知られております。

撥水、通気、耐久性に優れていますのが、特徴的なギャバジン。

日常着としては申し分ないほど、軽く、そして悪天候にも対応してくれる便利な生地の一つです。

2018 A/Wでは画期的な機能として生まれたギャバジンを使用し、 コートを作らせて頂きましたのでご紹介いたします。

bb

高密度ギャバ OVER COAT

price: ¥46,000+tax  color: BEIGE, KHAKI  size: 2(M), 3(L)

b7

b5

b1

袖通しが良いことからスーツの上からでも着易く、

またラグランスリーブ仕様ですので厚手のニットやジャケットを着ても腕まわりがごわつくこともありません。

ギャバジン特有の独特なハリがあることで、コートにするとより一層綺麗なシルエットが浮かび上がります。

冒頭でもお話しましたバーバリーのトレンチコートを彷彿させる生地の風合いは、

どこか懐かしさを感じるとともにいつの時代でも上品な風合いを感じさせるものとなっております。

b3

FREEMANS SPORTING CLUB では過去に” MACKINTOSH ”との別注で作ったりと馴染みのあるステンカラーコート。

アウターなのにシャツのようなシンプルな着心地の良さ。飽きのこないデザインこそが大人な一着かと思います。

防寒の意味もありますが、少し襟を立ててスタイルアップするのもお勧めさせて頂きます。

b4

袖口はアジャストボタンで少し絞り、肩から袖口まで綺麗にテーパードを出すことで

全体的にバランスの良い着こなしにも。

肌寒くはなってきましたが、そこまで厚着はしなくてもいいこんな時期には丁度良いコートとなっております。

是非、一度店頭にてご覧になって下さい。

表参道、二子玉川、銀座にお越しの際は、FREEMANS SPORTING CLUBにお立ち寄り下さい。

お待ちしております。

 

TEXT BY YUSUKE MATSUOKA

 

※FREEMANS SPORTING CLUB 各店では店舗通販も承っております。

Blogなどで見た商品の詳細や在庫状況等につきましても、お気軽にお電話にてお問い合わせくださいませ。

●お支払い方法:現金、クレジットカードがご利用いただけます。

●発送方法:FREEMANS SPORTING CLUB 各店より、ヤマトのコレクト発送(代引き発送)となります。

●お支払い金額:商品合計金額+代引き手数料324円+送料全国一律324円

※税込¥5,000円以上ご購入で、送料一律324円を無料とさせて頂いております

 

お問い合わせ先 :

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924

 

instagram : freemanssportingclubtokyo

facebook : freemanssportingclub-tokyo

こんにちは。

気温もぐっと下がり秋を感じる今日この頃。

FSCのおいしいコーヒー(お店の前で提供しています)を片手に、待ってましたとばかりに秋の装いに身を包み颯爽と歩いている人達を横目で見ながら、やっぱりうちのコーヒーはおいしいなと感じざるを得ない私。

そう今回ご紹介したいのが、

FREEMANS SPORTING CLUBオリジナルのニット。

やはりこの季節、外でのコーヒータイムにはニットが必要かと。

そして今回、フリーマンズスポーティングクラブではジャケットやスーツにも合わせられるニットを作成しました。

さっそく飛びついた私のお気に入りがこちら。

image1

MILANO RIB MOCK NECK

お色は三色でブラック、ベージュ、ネイビー

そこにフリーマンズの味を加えるべく、無骨で丈夫なものづくりの一貫としてハリ感や毛羽の無さに重きを置き、限界度詰めで仕上げてみました。

度詰めとは・・・ニットを編む際の目の間隔を詰めて編み上げられたという意味で、逆に『度甘』といって編み目の間隔を広くして編むことをいいます。そうすることにより、『度詰め』のニットは型崩れの少ないしっかりとした編地になり、『度甘』のニットはふんわりとしてやわらかい編地になります。

image2

image3

見ていただくと分かるとおり、詰め詰めです。

何回も修正を繰り返して作り上げたものであり、是非一度袖を通していただきたいです。

ネックやリブもスーツやジャケットスタイルに合わせるべくすっきりとしたデザインになっており、ニットのどことなく漂う優しさと限界度詰めしたしっかりとした編地が、男のジャケットスタイルとの相性が良いです。

unnamed

そして、もう一型新しく入荷したニットがこちら。

image1 (2)

RIB STITCH KNIT

お色は三色でチャコール、ブルー、グレージュ

image2 (2) image3 (2)

こちらも限界度詰めをしているため、MILANO RIB MOCK NECK同様に長くお使いいただける逸品です。

何度も試行錯誤をして作られたニットですので、是非一度店頭でご覧いただければと思います。

STYLE NO : UF87-12B001
STYLE : MILANO RIB MOCK NECK
COL : BLACK,BEIGE, NAVY
SIZE : 1(S),2(M),3(L)
PRICE : ¥24,000+tax

STYLE NO : UF87-12B002
STYLE : RIB STITCH  KNIT
COL : CHARCOAL,BLUE, GREGE
SIZE : 1(S),2(M),3(L)
PRICE : ¥28,000+tax

TEXT BY YOICHIRO MATSUYAMA

※FREEMANS SPORTING CLUBでは店舗通販も承っております。 Blogなどで見た商品の詳細や在庫状況等につきましても、お気軽にお電話にて下記番号までお問い合わせくださいませ。

●お支払い方法:現金、クレジットカードがご利用いただけます。

●発送方法:FREEMANS SPORTING CLUBより、ヤマトのコレクト発送(代引き発送)となります。

●お支払い金額:商品合計金額+代引き手数料324円+送料全国一律324円 ※税込¥5,000円以上ご購入で、送料一律324円を無料とさせて頂いております    

お問い合わせ先 :

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924

instagram : freemanssportingclubtokyo

facebook : freemanssportingclub-tokyo

今週に入り気温もぐっと下がり、秋の気配を感じますね。

気温も下がると、秋物の洋服が気になり始める時期かと思います。

先日F.S.C. GINZA SIX 垣本より紹介させていただいた、現在開催中のPATTERN ORDER SUIT FAIR

スーツ、単品ジャケット、単品パンツと全て20%オフにてオーダーいただけるフェアなのですが 今回特筆する部分として伊ナポリの名門マーチャントARISTONの生地をFSC3店舗で展開しています。

IMGP9535

本国FREEMANSでも人気の高いことから、FSCでは特に力を入れている生地ブランドです。

今までFSC3店舗同時で展開することはなかったのですが、今回は期間中に限りARISTONのコレクションを展開出来ることになりました。

日本国内での知名度は決して高くはないですが、本国では某有名生地ブランドと双璧をなす程人気が高くファンも多いとか。

また現在日本国内でARISTONを取り扱える店舗が約60店舗と少なく希少価値が高くなっています。

取り扱い店舗が少なく、差別化が出来るため、人とは違う生地でスーツ、ジャケットを作りたい方には特にお勧めです。

IMGP9551

【ARISTON】

1920年、フェルディナンド・インパラートによって創設され、現在もナポリを代表する名門として知られるマーチャントブランドです。

ナポリマーチャントならではのファッション性、嗜好性の高い服地の数々は5-6冊のバンチサンプルで展開され、毎シーズ
ン全てのサンプルがリニューアル。そして、ファンシーデザインは全て同社のオリジナルと、突出した独自性を誇ります。

ということで、今回お勧めな生地を紹介させていただきます。

まずはデニム素材。

IMGP9542

オーダー価格

スーツ:¥140,000+tax→¥112,000+tax(20%off)

ジャケット:¥105,000+tax→¥84,000+tax(20%off)

スラックス:¥50,000+tax→¥40,000+tax(20%off)

デニムはFREEMANSではアイコン的な素材でもあり、シーズンレスな生地(真夏は厳しいですが…)として 着用していただきたいです。

スーツでお作りいただければ、ジャケット、パンツとそれぞれ単品で合わせていただけるので、コーディネートの幅も広がるかと思います。

私もパンツをオーダーしたのですが、履きやすくてかなりの着用率です。 デニムスラックスなのでコーディネートもしやすく1着あると本当に便利です。

パンツに関しては、ノープリーツ、ワンプリーツ、仕様もベーシックなベルトループ付から、ベルトレス(ベルトループなし)、サイドアジャスター付き、更にサスペンダーボタンを付ける事も可能と着用シーンに応じてお選びいただけます。

IMGP9554

こんなグレンプレイドもおススメです。

オーダー価格

スーツ:¥185,000+tax→¥148,000+tax(20%off)

ジャケット:¥130,000+tax→¥104,000+tax(20%off)

スラックス:¥60,000+tax→¥48,000+tax(20%off)

素地はフランネル。

クラシックな柄ではありますが、そこはARISTON。

軽く柔らかいファッション性の高い生地へと昇華させています。

IMGP9552

こちらはsuper 160′sとARISTONのバリエーションの中でももっとも美しい糸を使用したプレミアムファブリック。

オーダー価格

スーツ:¥190,000+tax→¥152,000+tax(20%off)

柔らかく光沢もある為スーツ用生地として適しています。

プレーンな無地だからこそプレミアムな生地で差を付けたいところです。

ご紹介した生地以外にも約400種類の生地をご覧いただけます。

是非この機会にSPECIALな1着をお誂え下さい。

 

FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924

 

TEXT BY AKIRA ISHIKAWA

PHOTO BY TAKAHIRO ITO

 

 

Print

つい先日まで、目の敵にしていた酷暑も、現金なもので、近頃の秋風に、名残惜しさを感じてしまいます。

毎年のごとく、聞かされる異常気象や観測史上などのニュースにも、少し慣れっこになってしまっているのが
なんだか怖い気がしますが、すっかり日本の季節感は陰りをみせてしまいました。

とは言っても、『8月でこの暑さじゃ、12月はもっと大変だなぁ~』なんてことは無く、
やはり暖冬と言えど、徐々に寒さはやって来るようです。

テーラー業界では、年に2回ほど新しい生地が入荷してきます。
春夏物の生地が2月下旬頃から3月中旬頃にかけてと、秋冬物の生地が8月下旬から9月中旬頃にかけて。

新しい生地が入荷してからの半年間にかけて、そのシーズンのスーツを受注していくわけですから、
後になればなるほど、生地に品切れが頻発して、売れ残り感が出てしまいます。

また、受注してから出来上がって着用出来るまでには、もちろん時間がかかりますので、シーズンが進むにつれて、
そのシーズンでの着用回数も短くなってしまうのが心苦しいところなのです。

そこへいくと、オーダー慣れた御仁などは、汗を拭きながらフランネルの生地を吟味し、かじかむ手でリネンの生地で注文していくものです。

つまり、なんだかんだと言っても、暑い夏はやってくるし、寒い冬もやってくるということ。
ならば、計画的に早く作っておいて、自宅のクローゼットで寝かせておけばいいじゃないか!

などと言うのは簡単なのですが・・・。
そう手軽な値段でもないので、計画的に注文出来ないのも人間味があっていいと思っています。

今回、FREEMANS SPORTING CLUB 3店舗では、ご好評頂いているパターンオーダースーツのフェアを開催。
厳選した英国、イタリアの生地はもちろんのこと、本国、NYのFREEMANS SPORTING CLUBでも人気が高い
イタリアは、ナポリのマーチャントのARISTONのコレクションでのオーダーは全て20%OFFにてご注文可能に。

仕立てに定評のあるFREEMANS SPORTING CLUBのパターンオーダーは、熟練したスタッフが丁寧にカウンセリングと採寸を行います。
アフターケアも含め、着こなしの相談や、カジュアルとのミックスコーディネイトなど、ライフスタイルを提案するFREEMANS SPORTING CLUBだからこそ出来る、幅が広く、懐の深いサービスは必ずご満足頂けるのではないでしょうか。

秋虫の声を聞きながら、是非この機会をお見逃しなくご利用下さいませ。

フェアについての詳しいご案内は、HPのNEWSよりご覧下さいませ。

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924
FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965
FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

TEXT BY KAZUMA KAKIMOTO

IMG_1931

毎度ご好評いただいております。

“PATTERN ORDER SHIRT SPECIAL OFFER” 残り10日を切りました。

通常1着¥20,000+tax~ですが、こちらのフェアでは2着で¥28,000+taxでお作りいただけ、

1着あたり¥14,000+taxという大変お得なフェアでございます。

image1

また、ご用意している生地も拘っており

ロイヤルカリビアンコットン生地を始め、上質なリネン素材のものまで幅広くご用意しております。

前回もご説明させて頂きましたが、ロイヤルカリビアンコットンは肌触りが抜群に良く、一度袖を通していただくと

その違いに驚かれるお客様も多いです。

その理由としましては、

まず生地の質を決める綿はカリブ諸島で手摘みされ、その中でも超長繊維綿のみを使用しております。

昔ながらのシャトル織機で丁寧に織ることにより上質な生地に仕上げております。

さらに糸1本1本をガス焼きし、表面にある毛羽を無くすことで生まれる発色の良さと着心地の良さが最大の魅力です。

フリーマンズスポーティングクラブでは、この上質な生地を使ってサンプルを作成しているためご試着もいただけます。

是非、スタッフにお申し付けください。

また、私がオススメするのは、やはり生地選びの楽しさです。

IMG_1934

200本以上ご用意している生地がズラッと並んでおります。

そこから自分の求めていた生地を見つかった時の喜びと、そこから襟やカフスなど細かい仕様を決めていくプロセスが、男心をくすぐります。

良いものを仕立てて、自分の拘りを身に着ける。

簡易的になりつつある現代において、大切にしていきたい男の嗜みがここにあるかと。

それでは改めて、オーダーシャツフェアのご案内です。

WNW_2000coupon_insta_pt3

~PATTERN ORDER SHIRT SPECIAL OFFER~

FREEMANS SPORTING CLUBにて展開している、MADE TO MEASURE パターンオーダーシャツ。
この度「PATTERN ORDER SHIRT SPECIAL OFFER」として、2着で税抜 28,000円にてオーダーいただけるフェアを開催いたします。

自分の体型やスタイルに合わせて、襟型・カフス型・ボディシルエットをお選びいただくことができ、既製品では味わうことのできない抜群のフィッティングを実現いたします。

また、スペシャルファブリックとして、国内最高クラスのコットンのほか、上質なリネン生地もご用意し、皆様のご来店をお待ちしております。

ワードローブとしては欠かせないシャツを新調して、夏の装いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

【開催期間】

6月29日(金)〜7月22日(日)

【開催店舗】
FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO
FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA
FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX

【価格】
2着 ¥28,000+TAX〜 (オプションは別途有料となります)

【納期】
約1ヶ月半〜

※詳しくは店頭スタッフまでお問い合わせください。

 

TEXT BY YOICHIRO MATSUYAMA