WNW_2000coupon_insta_pt3

こんにちは。

この度年2回恒例の”PATTERN ORDER SHIRT SPECIAL OFFER“が開催されます。

日程は6月29日(金)~7月22日(日)。FSC3店舗同時開催です!

内容としましては、通常の生地とは別にご用意した200種類以上(店舗により違いがあります)の生地が2枚¥28,000(税抜)でオーダーいただける毎回ご好評いただいているフェアです。

上記の生地の他SPECIAL FABRICとして国内最高クラスのコットン素材6型、カジュアルスタイルにも対応出来る上質な麻素材も7型ご用意しています。

紐で筒状に結ばれた生地が200本以上ずらっと並びます。いつもオーダーいただいている方はご存知ですね。

まだ生地が届いていないのでお見せ出来ず申し訳ないのですが、SPECIAL FABRICの方は一足先にお見せしちゃいます。

IMGP8969こちらです。(COTTON100%)

写真では分かりづらいかもしれませんが、無地の方は細目のヘリンボーン織り、ストライプの方も細目の定番柄となりますので、ビジネス、夏場のクールビズにも対応出来そうです。

IMGP8971こちらは麻素材。(麻100%)

カラフルなカラーを揃えました。ドレススタイルはもちろんカジュアルスタイルにも合わせられます。着丈もタックイン用、タックアウト用にと調整も致しますので、担当スタッフにご相談下さい。

次はシャツのディテールを紹介していきます。

襟型16型、カフ7型、ボディーシルエット3型よりお好み、体型に合わせお選びいただきます。

IMGP8986◆袖付け部分 / オフセットスリーブ

オフセットスリーブ仕様となっており、ジャケットに見られるパターンで、ボディのサイドステッチから脇、袖部分を一直線に縫うのでなく、ずらして縫うことにより、肩の動きやすさ等機能性の向上、着心地にも影響してきます。通常の一直線に縫われた脇部分のタイプと比べると着やすが違ってくるかと思います。

IMGP8989◆裾部分のガゼット

デザイン的な扱いになりつつあるガセットですが、補強するという点で長く着ていただくシャツには欠かせない重要なパーツです。

 

IMGP8984◆バックヨーク / スプリットヨーク

肩の丸みにフィットするよう、肩から背中にかけて切り替えてある部分で、このフィット感を更に高めるために、ヨークを背中心でバイアスに切り替えた「スプリットヨーク」がお勧めです。オプション料別途(¥500+TAX)掛かってしまいますが、ストライプ柄で作られる方には特にお勧めです!

フィット感を高めるという機能面もありますが、単純に見た目がかっこいいと思います。

それ以外にもステッチは24針 / 3cmの運針(通常16針が一般的でその分時間と糸のコストを要します)、根巻きボタン、前立て裾は横穴等々細かい部分でこだわった作りとなっています。

もちろんボタンも貝ボタンもお選びいただけます。(オプション料別途いただきます)

既製品なら、数十枚(時には百枚以上)の生地を一気に裁断して、同じ仕様で縫製現場に流し、同じ作業を繰り返せば、効率よく大量のシャツが出来上がりますがオーダーシャツの場合は、そう簡単にはいきません。

熟練した職人が、1枚1枚生地の柄を合わせて、お客様だけのシャツを1枚ずつ裁断していきます。もちろん、縫製に関しても、衿型・カフス型などさまざまに仕様が違うシャツを、時間をかけて丁寧に縫製していきます。すべてが手作業で時間のかかる作業ですが、思いを込めて選ばれたシャツは、本当の意味でのオンリーワン。

出来上がりまで少々お時間をいただきますが、オーダーの楽しみの一つとしてご理解いただければと思います。

是非この機会に自分好みのシャツをオーダーしてみてはいかがでしょう。

 

TEXT BY AKIRA ISHIKAWA

お問い合わせ先 :

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924

instagram : freemanssportingclubtokyo

facebook : freemanssportingclub-tokyo

テーラーをやっていますと自分が担当させていただいたお客様のスーツが、

その後どうなっただろうと気になります。

先日、顧客様からご結婚式で着るデニムのスーツをつくりたいと。

ハワイで挙げられるということもあり、

正直なところ大きなプレッシャーを感じてしまいました。

出来上がりのスーツをお渡しして1ヶ月ぐらい経ってからでしょうか、

その後をお伺いしようと思っても出来ないでいると、

「スーツよかったです。写真たくさん撮ってきました」と一言。

ホッとしました。

自信がなかったわけではないですが。。。

 

DSC_1064

 

ビジネススーツやタキシードなどのフォーマルはもちろんではございますが、

コットン・リネンなどのカジュアルスーツ・セットアップを

FSCが初期から積み重ねてきたNYスタイルにオーダーするのもFSC made to measure ならでは。

しかしスーツが作業着感覚でもある日本でそういったセットアップをどこで着用するか。

今回はそのお客様が出来上がりのスーツと実際に使っていただいた場面をご紹介したいと思います。

 

DSC_1123

 

デニムスーツはそんなFSC made to measureの代名詞でもあります。

今回の生地はARISTON。

日本では知る人ぞ知るブランドですが、

イタリアではErmenegildo Zegnaと並んで人気が高く有名です。

独特で目を惹かれる色柄の生地、きめ細かく滑らかな風合いで、着用していても負担になりません。

国内でもARISTONの生地でオーダー出来るお店は少ないのでFSCの強みの一つでもあります。

 

DSC_0665

 

カジュアルな生地だからこそ、だらしなくならないようにベーシックなシルエットに。

オーダーで作ることによりジャケットの胸のふくらみが綺麗にでました。

このあたりに立体感があり胸に沿っているとナチュラルに着こなしている見え方になります。

 

DSC_1085

 

ネクタイも前シーズンのFSCオリジナル。

バーバーのサインポールのような綺麗なトリコロールカラー、

ハワイということでシアサッカーの生地がマッチしました。

また、足元をブラックにしたことによりカジュアルな生地でもすっきりと落ち着いた印象に。

 

6

 

いつも刺繍にも拘りをお持ちです。

刺繍は普段見えるところではないので、入れるときはお好みで。

 

2

 

さらにデニムシャツもFSC。

デニムスーツとデニムシャツの組み合わせはお店でもよくコーディネートしており、

デニム生地の無骨さにタイドアップスタイルのエレガントさを混ぜた FSCスタイル。

 

7

 

 

コットン・デニムスーツやリネンスーツは、リゾートウェディングであったり、

お洒落なイメージにしたいカジュアルテイストなご結婚式にとても活躍してくれます。

ご結婚式以外にもちょっとしたパーティーやお食事会、

またプライベートでYシャツからカットソーに変えればタウンユースにも。

 

オーダーメイドすることによってサイズはもちろんですが、ボタンや裏地、デザインなども細かく選ぶことができたり、

先程もご紹介した刺繍のようにディティール一つ一つにこういう機会だからこそメッセージ性を持たせてみたり、

お使いになる場面に向けて作ると普段とは違うとても深い意味のある一着になります。

出来上がりを待つのも一つの楽しみですね。

 

4

 

1

 

お二人ともとても素敵です。

現地ではカメラマンがスーツがかっこいいからとスーツの細部まで撮ってくれたそうです。

出来上がり後が気になっておりましたが写真を見て安心いたしました。

今までテーラーをやってきて、
といっても短い歴ではございますが、

一番といっていいほど嬉しいことでございました。

スーツをお仕立てすることは責任重大ですがオーダーという特別な一着に携われるとても光栄な役目です。

これからもこの思いを忘れずに皆様のオーダーを承りさせていただきます。

 

写真の掲載にご協力いただきありがとうございました。

末永いお幸せをお祈りしております。

 

セットアップ以外にもタキシードやブラックスーツ、ビジネススーツのオーダーも承っております。

皆様の特別な一着に

是非FREEMANS SPORTING CLUBへ。

 

unnamed

 

TEXT BY ISSEI SEKI

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924
FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965
FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

DSC_0341 - コピー

2004年にニューヨークのローワーイーストサイドに静かにオープンしたレストラン、FREEMANS。

その後、FREEMANS SPORTING CLUB(以下 F.S.C.)というメンズショップが出来るまで、ニューヨークには、男くさい男達がふらりと立ち寄って、気軽に買い物が出来る店はありませんでした。

ニューヨークのファッションは、今でも世界中からやってくる人達によって、常に進化し続けています。

そんな変化の激しいニューヨークのマンハッタンで、頑なに店舗を拡げようとせず、自分たちが納得出来るプロダクトを作り、仲間達と分け合うことにやり甲斐を感じている、そんなスモールストア(ブランド)がF.S.C.です。

可能な限り、自分たちが生活しているところでプロダクトを作り、地域の人たちに向け、手から手へ売り渡していく、そんなスタイルは、グローバル化し過ぎた販売方法に一石を投じました。

浅い歴史の中でも、時間を掛けて改良を重ねたプロダクト達は、不思議と魅力を持っていて、F.S.C.のシグネチャーアイテムとなっています。

僕たちは、そんなプロダクトのことを密かに“名作”と呼んで愉しんでいます。

そんな名作の中で、不動の人気を誇っている “ISLE OF MAN”というプロダクトがあります。

これは、ワックスをたっぷり含んだヘビーコットンクロスを使用した、フード付きのアウターなのですが、見た目以上の重量と、ワックス特有のベタつきは、何も知らない方は、たいてい敬遠されていきます。

グレートブリテン島とアイルランド島に囲まれた、マン島(Isle of Man)という島があります。この島で行われるオートバイ競技のTTレースは、特有の激しい気候変化と、生活公道をそのまま使用することで、最も危険なオートバイレースとして知られています。

1907年に開始されたTTレースで、当時、防水、防風に長けて、泥水や埃などから、レーサーを保護するために注目されたのがワックスコットンクロスでした。

そんな過酷なレースにも対応出来るアウターを目指して生まれたのが、名作“ISLE OF MAN”でした。
もちろん、基本的にはタウンユースで着用しますが、近年は、ニューヨークの寒波でも最高のパフォーマンスを発揮している、と聞くと、そのスペックの高さは折り紙付きなのです。

”CAMP SHIRTS”もまた、F.S.C.の創設者TAAVO SOMER達が、週末ごとに繰り出していたアウトドアで着用する為に作られたシャツでした。

キャンプシーンに合わせ、厚手のウールメルトンの生地を使用し、胸には機能的なポケット、脇にはハンドウォーマーポケットが付いた、実用性重視のアウトドアギアは、今では様々な生地で商品化され、1年を通して楽しむことの出来るプロダクトになっています。

また、今はリリースされていませんが、一時期、夏の人気アイテムだったコットンショーツ “CAMP SHORTS”も夏場のアウトドアシーンで、快適に過ごす為に作られたプロダクトでした。

“WINCHESTER”は、古くからのF.S.C.ファンに愛されているヘビーウェイトのコットンパンツですが、現在は生産をやめているプロダクトになります。しかし、廃番となった今でも再販を望む声が高いところからも、“WINCHESTER”の人気の高さを知ることが出来ます。

また、2013年にF.S.C.が東京に海外初進出した年に発売された、マッキントッシュのダンケルドは独特な配色の妙で、今でも名作中の名作と感じているファンの方は多いのではないでしょうか?

日本に上陸してきてからは、日本の技術を駆使したハイテク素材や、生産背景を使ったプロダクトもまた、新たなF.S.C.のシグネチャーアイテムに一役買っています。

世界に誇る岡山のデニムもまた、ドゥニームの林氏の監修の下、細部にまでこだわり、“GOD OF DENIM”という名で誕生しました。純国産のデニムは、当初から日本人はもちろんのこと、海外からやってくるF.S.C.ファンに絶大な支持を受け、その後、本国アメリカに渡り、ニューヨークのF.S.C.でもロングセラーとなっていて、今ではF.S.C.の大切な顔に育っています。

3年前に発売されたメッシュベルトもまた、僕たちが名作だと考えるプロダクトの一つです。

『F.S.C.を象徴する無骨で、使っていくうちに革の味わいが増していくベルト。
それでいて全てのスタイルに、それ1本で対応出来るもの。』

そんな問いに、真剣に取り組んでくれたのが、東京、浅草の革職人でした。

厚さ3〜4mmの革を編み込む作業は、機械では決して出来ない為、1本1本職人の手によって行われます。
出来上がったベルトは、お世辞にも洒落たものではありませんでしたが、見るからに堅牢で魅力あるプロダクトに仕上りました。

F.S.C.のスタッフの着用率でもわかる様に、このメッシュベルトは3年経った今でも人気のアイテムの一つになっています。

今回、このメッシュベルトの再構築の命を受け、ありそうで無かった絶対的な存在感を放つヌメ革でベルトを作る、という答えを出しました。

上下に革が交差するメッシュベルトの構造を理解し、肉厚なヌメ革で編み込むことにより、意図的に凹凸作り、永年使用する中で色が濃く変化する部分と、ヌメ革の白さが残る部分との対比を楽しんで育てて頂ける、そんなベルトに仕上げてみました。

過去のプロダクトがそうであった様に、流行や売れ筋には無縁であっても、納得し、仲間たちと喜びを共感出来る、そんなプロダクトが出来たと感じています。

これからも進化を続ける、F.S.C.の歴史の中に相応しい“名作”を、是非、ご自身で時間を掛けて育てて頂きたいと思います。

STYLE NO. UF83-1EZ001
FSC MESH BELT
COL. BLACK, D.BROWN, NATURAL(ヌメ)
サイズ S(着用79㎝相当)、M(着用89㎝相当)、L(着用99㎝相当)
上代 ¥14,000+TAX
6月中旬 発売予定
現時点では、取り扱い店舗は未定となります。
詳細は店舗スタッフまでお問い合わせ下さい。

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924
FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965
FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

TEXT BY KAZUMA KAKIMOTO

春はネクタイの季節かと、私はそう思います。

3月に入り気温がグンと暖かくなりました。

着用する服が薄手になっていくと、私は首元に目がいってしまいます。

首元に着けるアイテムはたくさんありますが、

やはりFSCはシャツにネクタイ。

 

DSC_0064

 

 

18ssの入荷と現在開催中のPATTERN ORDER SUIT FAIR に合わせて、

新作のネクタイが入荷してきましたのでご紹介いたします。

 

 

DSC_1227

 

 

今回はストライプの柄が豊富です。

しかし生地に特徴があるものが多く、ひとつひとつが

合わせたときに違う存在感を出してくれます。

 

 

DSC_1269

DSC_1270

DSC_1273

DSC_1274

DSC_1276

 

 

18SSのネクタイは芯と裏地が付いていない仕様ですので

首に巻くしんどさが軽減され春夏に最適なネクタイとなっております。

 

 

DSC_1247

 

 

さらに私が個人的にも追求したいところ。

これまでのFSC TIE より幅が細くなり、

ビジネスシーンとカジュアルでON/OFF切り替えて使うことができるところが今回のポイントでしょうか。

 

 

【ON】

 

DSC_0021

 

DSC_1240

 

 

【OFF】

 

DSC_0049

 

DSC_0056

 

 

上の写真のようにボタンダウンカラーのシャツにネクタイを巻くとトラッドな雰囲気になります。

シャツやジャケットとの組み合わせも楽しくなるものばかりでした。

私は目立った色柄のネクタイはしないのですが、

締めているときとそうでないときでは気分も変ってくるものです。

皆様も今春は是非ネクタイを主役にコーディネートを組んでみてはいかがでしょうか。

 

 

blog02161

 

 

TEXT BY ISSEI SEKI

お問い合わせ先 :

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924

instagram : freemanssportingclubtokyo

facebook : freemanssportingclub-tokyo

 

厳しい寒さも少しずつ和らぎ、ようやく春の兆しが見えてきた今日この頃。

長く厳しい冬も終わりが近づくにつれ、雪化粧をした街並みがもう見れなくなってしまうという悲しさも感じてしまいます。

ですが日本のそんな儚さがやはり美しい・・。

FREEMANS SPORTING CLUBでは02月23日(FRI)から03月18日(SUN)までPATTERN ORDER SUIT 20% OFFのフェアを開催しております。

私も春に向けFSC / MADE TO MEASUREでスーツを新調して頂きましたのでご紹介させて頂きたいと思います。

blog022507

一着は持っていたいブルーのスーツ。

シンプルで定番だからこそ、フィット感・シルエット・生地の質感や手触りが重要になってくる。

今回私が選んだ生地はヴィンテージのHOLLAND & SHERRY。ボタンは銀座老舗ボタン専門店『MITAKE BUTTONS』のボタンを使用。

blog022505

HOLLAND & SHERRY (ホーランド&シェリー)社は1836年ロンドンのボンド・ストリートにて創業され、180年以上の歴史を誇る英国高級服地マーチャント。

ヴィンテージならではのしっかりとした重さ・柄・程よい艶感。少し厚みがある分シルエットは綺麗な状態を保ちつつ、体を優しく包む様な柔らかさもある。

昔、祖父の着ていた仕立ての良いスーツ。祖父はいつも完璧で、私が幼い頃から彼は憧れの存在だった。今回のスーツはそんな彼のスーツを思い出させるような1着になった。

古臭いという印象を持つ人もいるかもしれないが、オーダーメイドで体に合わせ、現代のパターンで作り上げる事によって新鮮なものが生まれてくる。

blog0225

ブルーのスーツは多様な着回しができるのも嬉しい。ビジネスシーンから小物使いを変えればパーティーまで。セットアップでノータイ、初夏には白いパンツを合わせて足元はドレッシーなサンダルでパナマハットを頭にのせる。

暗い色~同系色のタイを合わせればよりシックに、カラフルなシャツやタイを選んで色で遊ぶのも良い。スーツがシンプルだからこそ選ぶ小物によって様々な表情を見せてくれる。それも一着は持っておきたい理由の1つである。

blog022502

 

桜の花を見るのも待ち遠しいけれど、自分のワードローブを春夏仕様に変えていく楽しさもこの時期の醍醐味ではないだろうか・・・。

blog022504 blog022506 blog022503

今回のフェア期間中限定で、FSCではヴィンテージの生地、今では手に入らない廃盤になってしまったデッドストックの生地、銀座老舗ボタン専門店『MITAKE BUTTONS』のボタン(MITAKE BUTTONSを使用の場合は別途オプション料)を特別にご用意しております。

もちろん2018年SSの新作生地や定番の物もフェア開催期間中は通常の20% OFFとなりますので、この機会に皆様もご検討してみてはいかがでしょうか。

blog0216

 

開催期間:
2月23日(金)〜3月18日(日)

開催店舗:
FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO
FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA
FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX
※2月26日(月)、27日(火)はGINZA SIX休館日となります。

価格:通常価格の20%OFF
(スーツ ¥90,000+TAX〜 / ジャケット ¥65,000+TAX~ / パンツ ¥26,500+TAX~)
納期:約1ヶ月半〜

詳しくは店頭スタッフまでお問い合わせくださいませ。

 

TEXT BY YOSHIO SUYAMA