Archives: 2014年10月

日によってはヘビーなアウターも必要になるほどすっかり秋らしくなってきたので、旬な柿を使用したデザートをご用意いたしました。

【柿のケーキ ¥600】

表面にはたっぷりラムシロップをうって、しっとりさせています。果肉はしっかり歯ごたえがありますが、甘みの強い太秋柿をごろごろと生地に混ぜました。発酵バターで風味豊かに仕上げてあります。

柿ケーキ

自家製の柿ジャムもご一緒に。

いたってシンプルですが、毎日食べても飽きのこないケーキです。
何か特別なものでなくてもホッとする味を目指しています。
そんな風に感じてもらえたら嬉しいです。

 

 

【本日のシフォンケーキ 抹茶のシフォンケーキ ¥600】
抹茶シフォンケーキ

テラス席ではストーブとブランケットもご用意してありますので、存分におくつろぎください。
ご来店お待ちしております。

RESTAURANT BAR
TEL:03-6805-0494

いつもbarberを御利用頂きありがとうございます。
今日はbaxter of california よりボディケア用品のご紹介です。
まずは
IMGP1691
body wash floracassis フローラカシス
body wash berg.pear ベルガモット洋ナシ
body wash italian lime イタリアンライム
good flavorです。 体を洗っていて気持ちいい香りに癒されます。
女性の方にも好まれる香りではないでしょうか。

 
次にご紹介するのはこちら
IMGP1695
daily face wash フェイスウォッシュ
やはりbaxter なのでミント系です。さっぱりしたシンプルな洗い上がりがbaxterらしいですね。
deodorant citrus & herbal musk  シトラスハーブの香り
汗など嫌な皮膚の臭いを抑え、シトラスハーブの香りが持続します。
1本は持っておきたいアイテムですね。

IMGP1722
 
フルセットの予約も8月から開始し、おかげさまで好評頂いております。
日々改善を重ねみなさまに快適に御利用して頂きたいと思っております。

BARBER
TEL:03-6805-0492

 

IMGP1675

「Made Local Buy Local」をブランドコンセプトの一つに掲げる、FREEMANS SPORTING CLUB。

FREEMANS SPORTING CLUB-TOKYOでは、NY・ブルックリンにて、現在もハンドメイドでスーツを仕立てるファクトリー”Martin Greenfield社”によるハンドメイドラインのオリジナルスーツを取り扱っております。ハンドメイドスーツは職人一人ひとりの“手作業”によって縫われており、一着一着個性が生まれ、既製品には無い美しい表情が特長となります。

IMGP1648

特に、スーツの顔となるジャケットのフロントステッチやボタンホールは、職人の腕の見せ所。フロントステッチを手で入れる作業(ハンドステッチ)や、ボタンホールを手でかがる作業(手穴かがり)は、糸に伝える力加減によって出来上がりの表情が大きく左右する為、熟練した職人のみが認められる花形の作業と言われています。

IMGP1652

ボタンホールに関しては、職人一人ひとりの手の感覚や、経験などの違いによって出来上がりに様々な形がありますが、面白いことに、仕立てる国によってもかがり方に違いが見られたりと、非常に奥が深い作業だと思います。一方で、最新型のボタンホール専用ミシンを使えば、袖をセットしてボタン一つ押せば、一瞬(ほぼ5秒程度)でボタンホールが出来上がってしまいます。職人がひとつひとつ手作業で行う手穴かがりは、お金も時間も掛かりますが、今では大変贅沢な男心くすぐられる拘り証なのではないでしょうか?

私が工房で働き初めた時、「針を持てるようになって、初めてスタートラインに立つ事が出来る」と言われ、手作業の中で一番難しいとされる、手穴かがりをひたすら練習していました。半年程経過した頃、熟練の職人に「お客様のをやってみるか?」と言って頂いた時は凄く嬉しかったのを覚えています。

今でも、時間を見付けては初心を忘れず、ボタンホールの手穴かがりを練習するようにしています。

IMGP1662

IMGP1673

中指に付けている指輪のような物が、指貫(ゆびぬき)と言われているもので、縫い針の尻の部分に当てて針を押し出す助けをしてくれる道具になります。指貫は、職人にとって言わば相棒のような物で、私は、これがないと針を持ちたくないほどです。特に、私は指が細く、000という一番小さいサイズを付けているのですが、最近、このサイズが生産中止になってしまったらしく、裁縫道具屋に行っても、なかなか見付けられないので、とても大切な相棒なのです。

たかがスーツではありますが、ボタンホール一つとっても、私たち職人が心を込めて縫い上げておりますので、少しでも長くご愛用頂き、お子さん、お孫さんへと代々受け継いでご着用頂ければ、職人冥利に尽きます。サイズ修理や破れなどの補修も承りますので、是非ご相談下さいませ。

Sport Casual / Tailor
TEL:03-6805-0490

気温も低くなる日が多くなってきました。皆様冬の洋服を気になり始めてる頃ではないでしょうか?
本日はANDERSEN-ANDERSENのニットご紹介させて頂きます。
IMGP1603
今期からイタリア製になっているANDERSEN。以前はデンマークで生産されていました。
そしてデンマーク生まれのニットですが、海洋国家である背景から深いニットの文化があります。
ANDERSEN夫婦は強く海軍や漁師などのニットウェアデザインにインスピレーションを受けていて
おもしろいディテールがたくさんあります。
IMGP1593

海軍の古いセーターのように裏表のないデザインになっています。
IMGP1594
肉厚でずっしりなニットなので防寒性、耐久性どちらにも優れているのは嬉しい話です。
長くがつがつ使用していると気になる毛玉ですが、ANDERSENのニットは非常に強くすぐに痛みません。

こちらはタートルネックです。

IMGP1600

足元はAlden all weather。上品な雰囲気にもばっちりです。

IMGP1602

リブを伸ばすと親指を通してグローブのように手を温めることのできる造りになっています。折り返せば通常のリブに戻るので気温に合わせてお好みで。
IMGP1597

トレンドに左右されない昔ながらのクラシックでタイムレスな思考はFREEMANS SPORTING CLUB-TOKYOに繋がるものがあります。
是非店頭でお試しください。

Sport Casual / Tailor
TEL:03-6805-0490

IMGP1562

MADE IN AMERICAの物作りに拘るFREEMANS SPORTING CLUBのTAILORより、今シーズン大活躍間違いなしの”THE FREEMAN”ラインが入荷してきました。

今回まず入荷してきたのは、SUPER100′s のイタリアンウールフランネルを贅沢に使用した3ピーススーツ。落ち着いたチャコールグレーの色合いが大人の雰囲気を醸し出す、FREEMANS SPORTING CLUBらしいセレクトです。シャツやタイのコーディネイトも合せ易く、これからの季節にぴったりの起毛感ある素材になっています。

IMGP1560

フランネルスーツはウーステッドのスーツに比べて、着用出来るシーズンはぐっと短くなってしまう素材ですが、スーツ上級者には季節を装う素材として古くから親しまれていて、FREEMANS SPORTING CLUBでも毎シーズン人気の高いスーツ素材となっています。

フランネルは生地(ウールまたはコットンが多い)の表面を起毛させることで、肌触りを良くし、また、空気の層を作ることが出来、保温性に優れた素材となっています。冬のパジャマなどに多く使われるのもこういった理由からではないでしょうか。

また、日本ではフランネルのことを、『フラノ』や『ネル』と言うこともあり、コットン素材を起毛したコットンネルは意外なところで使われています。 ネルドリップという言葉を聞いたことはないでしょうか? サードウェーブコーヒーの波でハンドドリップで提供するコーヒーショップが増え、ペーパーフィルターを使わず、コットンネルのフィルターを使ったネルドリップに人気が出ているようです。昨年末、惜しまれつつも閉店された青山の老舗喫茶店、大坊珈琲店もコットンネルで一杯一杯丁寧にハンドドリップされていたのが懐かしいですね。

IMGP1587

個人的にも、フランネル素材のスーツは大好きな素材の一つで、特にイタリアのフランネルは英国のフランネルに比べ、生地感も柔らかく、軽さと、光沢感があり、ドレッシーに着こなしても野暮ったくならないのがいいですね。今シーズンなら、起毛感のあるハットに、ブラウンスエードのチャッカーブーツを合せるコーディネイトが良いのではないでしょうか。

実は、FREEMANS SPORTING CLUBの創業者ターボ・ソマーもフランネルスーツを愛用者で、タイドアップでフォーマルに決めたり、カジュアルシャツ(もちろんFREEMANS SPORTING CLUBのCS1だと思う・・・)とワークブーツでラフに着こなしたりと、高級ラインのスーツで惜しげもなく贅沢に遊ぶ。これこそが、FREEMANSなコーディネイトなのです。

FREEMANSな人には、是非おススメなフランネルスーツを、今シーズンのワードローブに加えてみてはいかがでしょうか。

SUITS: THE FREEMAN FSC-18040701 ¥170,000+税    SHIRTS: ¥19,500+税(オーダー価格)        HAT: BORSALINO ¥65,000+税  SHOES: ALDEN 1492 ¥70,000+税  SOCKS: MLFSC-04 ¥1,900+税

本日ご紹介したTHE FREEMANのフランネルスーツは、10月1日発売のFREE&EASYの11月号 104ページにて掲載させて頂いておりますので、是非書店にて、こちらも合せてご覧下さいませ。