Archives: 2016年3月

bg3

 

nanamica より、新作のコートが店頭に並んでおります。

今回は定番素材であります、GORE-TEX® FABRICSを使用したコートをご紹介させて頂きます。

 

bg5

 

表地はコットンになっている為、一見普通の素材に見えますが、裏地を見ますとGORE-TEX® FABRICSがしっかりと採用されており、完全防水・透湿機能が備わった仕上がりとなっております。

アウトドア素材としてのイメージが強いGORE-TEX®ですが、

表地をコットンにすることでよりカジュアルな印象となり、街着としても着回ししやすく、また通年着やすい生地厚も魅力的となっております。

今の少し強い寒風や急な雨にも一役買ってくれる万能な生地ではないでしょうか。

 

bg1

Style : Trench Coat

¥78,000+TAX

Color : Beige

品の良さを感じますトレンチのデザインは、FSCのスーツにも馴染み、

ドレスの雰囲気とスポーツミックスな合わせで今季節の気分にも合いそうです。

 

bg4

Style : Soutien Collar Coat

¥62,000+TAX

Color:Moss Green,Beige

どこか男臭さのあるMoss Greenのステンカラーは、

ワークテイストでベージュシャツなどでより男臭くスタイリング。

襟を立てることでステンカラーの雰囲気もぐっと印象強くなります。

 

bg2

是非、店頭にてご覧になっていただければと思います。

皆様のご来店、お待ちしております。

 

TAXT BY YUSUKE MATSUOKA

FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA

問い合わせ : 03-6805-7965

instagram : freemanssportingclubtokyo

facebook : freemanssportingclub-tokyo

IMGP3240

2013年にFREEMANS SPORTING CLUBが青山の路地裏にやってきて以来、
クラシックなプレジデンシャルヘアスタイルを提案し、バーバーブームを牽引してきた、F.S.C. BARBER。

NYのサブウェイタイルが敷き詰められた店内には、ベルモント社のヴィンテージチェアが並び、
適度な採光でリラックス出来る大人の空間となっていて、日本全国は愚か、海外から足繁く通うファンも多く、
週末はオープン前からお客様の列が絶えない人気のお店なんです。

IMGP3251

そんな今話題のF.S.C. BARBERをイメージして作ったのが、“BARBER MOTIF TIE”。

ベースカラーは、ネクタイとして使い勝手の良いネイビーとレッドの2色。

お馴染みのREP組織の生地に、F.S.C. BARBERのアイコンの赤と白のサインポールと共に、ハサミ、カミソリ、コーム、ブラシとバーバーでお馴染みのアイテムをモチーフにしてみました。

しかも、普段見えない裏地部分にもこだわってサインポールのストライプを持ってくるあたり抜かりないでしょ。

IMGP3253

個人的には、クラシックなスーチングスタイルに合わせるよりも、ネイビーブレザーと洗いざらしのオックスフォードシャツに
合わせるプレッピースタイルで遊んで使って欲しいです。

F.S.C. BARBERスタッフにによるコーディネイトも是非参考にしてみて下さい!

IMGP3242

BARBER MOTIF TIE UG64-1VR005 NAVY , RED ¥14,000+TAX
BARBER MOTIF BOW TIE UG64-1VR006 NAVY , RED ¥9,500+TAX

TEXT BY KAZUMA KAKIMOTO

お問い合わせ先:
FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490
FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965

冬の凍てつく寒さも徐々に和らぎ、春の息吹を感じる季節がやってまいりました。

フリーマンズスポーティングクラブでは、本場NYから春に相応しいライトグレーや、オーシャンブルーを想わせるスカッとした発色が目を惹くスーツ。コットンやリネンなど春夏に定評のある素材を使用した男性の魅力を引き立てるスポーツコートが並び、店内の雰囲気も季節の変わり目と共にリフレッシュしております。

そんな気分も服装も開放的にしてくれるこの季節。

男性のスーツやジャケットスタイルも春らしい色や素材を取り入れて、見た目も気持ちも一新させていきたいものです。

そんな季節にお勧めしたいのが、フリーマンズスポーティングクラブを代表する色であるインディゴを使ったCOTTON INDIGO TIEです。

IMGP3196

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、フリーマンズスポーティングクラブにはインディゴを使った商品が数多くございます。

誰もが知っている英国を代表する老舗ブランド、マッキントッシュとの別注により実現したインディゴのダンケルドモデルのコートや、他に類を見ないであろうインディゴ染めのスーツ、日本古来の伝統のある技法を用いた刺し子の生地を使用したコートやジャケットなど、皆様にインディゴを通して、フリーマンズらしさをご提案させていただいております。

今回は、フリーマンズのアイコンであるインディゴのコットンタイを使用して、前回ご紹介したDRESS WESTERN SHIRTをタイドアップしてみました。

IMGP3228

FREEMANS SPORTING CLUB創業者であるターボ・ソマーの着こなしの一つとして、ウエスタンシャツとジャケットを合わせるフリーマンズなスタイルにも相性が良いです。

是非、この機会にお手にとってご覧下さい。

NUMBER : UG64-1VZ003
STYLE : COTTON INDIGO TIE
COLOR : NAVY
SIZE : FREE
PRICE : 12,000
tax
TEXT
YOICHIRO MATSUYAMA
お問い合わせ先 : FREEMANS SPORTING CLUB-TOKYO   03-6805-0490

IMG_0484

FREEMANSのシャツといえばINDIGOシャツが代表的ですが、今期のアイコン的シャツ素材の1つが

VINTAGE OXFORD。

通常のOXFORD地に比べ、より厚い生地感が特徴で、この無骨な男臭い生地感はFREEMANSの

印象にぴったり嵌ります。

また襟型をボタンダウンではなく、セミワイドにすることで着こなしも幅広く、デニムに合わせるも良し

ドレスカジュアルなサマーウールのパンツに合わせるも良し、更にはスーツにタイドアップにと万能に

対応してくれます。正にこのVINTAGE OXFORDはフリーマンズスタイルには欠かせない生地の1つと言えます。

カラー展開はBLUE1色。

フロントは裏前立て仕様(フレンチフライ)。

IMG_0489

生地は粗野感のあるOXFORDですが、ボタンダウンに多い表前立てではなく裏前立てを採用しています。

シルエットは背中部分にダーツが入った細身のタイプで、ジャケットを着たときのごわつき感も少なく感じ

無駄皺も出来にくいかと思います。

IMG_0487

洗い込む程に風合いが増すこのVINTAGE OXFORD。

独特の風合いを是非お楽しみ下さい。

 

TEXT BY AKIRA ISHIKAWA / FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA

お問い合わせ先 :

FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

instagram : freemanssportingclubtokyo

facebook : freemanssportingclub-tokyo

1950年代、英国軍ロイヤルネイビーにおいて25本以下の数量で生産された。

幻のモデルをモチーフとした究極の逸品が入荷したので紹介します。

こちらの時計オリジナルが市場に出回っていれば数千万円するとか・・・。

DSC_1052

渋みのある顔に施された、3.6.9の表記。

文字盤の夜光塗料の日焼け感 ヴィンテージライクなディテールです。

DSC_1043

リューズのイカリマーク、こんな細部にいたるまで拘りこめて作られています。

横から見た風貌もなにか特別な雰囲気を感じられますね。

DSC_1048

DSC_0613

軽装になってくるこの時期に、肝要な手元を究極の逸品で飾ってみてはいかがでしょうか?

TEXT BY SYOHEI HASEGAWA

お問い合わせ先:FREEMANS SPORTING CLUB-TOKYO 03-6805-0490