Archives: 2018年2月

リリースが開始し、早2年。 刺し子の独特な表情は多くのお客様を魅了しています。

FREEMANS SPORTING CLUBでは欠かすことの出来ないMADE IN JAPANプロダクト。

2018年春夏のSASHIKOシリーズは様々な形にアップデートしております。

 

b1

FSCお馴染みの” CAMP SHIRT “、 VEST “、” SHACKET “の3型を今回はご紹介させていただきます。

 

b3

INDIGO SASHIKO CAMP SHIRT     ¥30,000+tax

ハンティングジャケットや作業着といったスポーツ・ワーク要素から着想して作られている定番のキャンプシャツ。

デニムのカバーオールのような多様なポケットワークも今にはない無骨さを感じさせます。

CAMP SHIRTは太畝コーデュロイ、ウールヘリンボーン、モールスキン・・・など毎年様々な生地で作られており、今回日本のSASHIKOを採用し、まさにFSCならでは。当ブランドを代表する一着となっております。

パーカーに合わせるも良し、オックスフォードのBDシャツにタイドアップするも良し、フリーマンズの休日スタイルには無くてはならない存在です。

 

b4

INDIGO SASHIKO VEST     ¥26,000+tax

お客様より刺し子の生地で作って欲しい!とのリクエストが多かったことでようやく今季より加わりましたこちらのベスト。

テーラードのベストのように綺麗なデザイン。タフな刺し子の生地感との相性も良く、ジャケットの下に着るだけではなく、メインとしても羽織りやすいです。

過去のアーカイブ型を使用しているため、フリーマンズのベストをお持ちの方などには馴染みのあるシルエットとなっております。

 

b2

INDIGO SASHIKO 2B SHACKET     ¥38,000+tax

カジュアルのテーラードジャケットで親しまれているFSC SHACKET。

パターンや裏地、釦の仕様はテーラードジャケットさながら、しっかりとした刺し子の生地厚でシルエットにハリが生まれ立体感のある仕上がりです。

生地とのギャップがファッション性も高く、遊びの利いた着こなしを楽しんでいただけます。

 

b6

“刺し子”の特性は日本のスポーツウェアともあれタフな生地感、古風な織り柄、そしてインディゴの深い色合い。

男らしくガシガシと着たい方やデニムのように色落ちを楽しみたい方、そんな男性の方には是非お勧めさせていただきたいです。

まずは一年着込んで風合いを感じ、さらには三年、五年と色が落ちクタッとしてきたとき買った当初とは違う新たな魅力をみせてくれるそれが”刺し子”という生地です。

末永く男のワードローブとして、また生涯の相棒として長くお付き合いできるそんな一着となっております。

また新デザインのSASHIKOシリーズもう一型ご用意しており、こちらは入荷次第追ってインスタグラム等でご紹介させていただきますのでお楽しみにお待ち下さいませ。

表参道、二子玉川、銀座のお近くに来た際は、お気軽にショップへお越しください。店頭では新作のアイテムも彩ってまいりましたので春への身支度にいかがでしょうか。

 

TEXT BY YUSUKE MATSUOKA

お問い合わせ先 :

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924

instagram : freemanssportingclubtokyo

facebook : freemanssportingclub-tokyo

 

厳しい寒さも少しずつ和らぎ、ようやく春の兆しが見えてきた今日この頃。

長く厳しい冬も終わりが近づくにつれ、雪化粧をした街並みがもう見れなくなってしまうという悲しさも感じてしまいます。

ですが日本のそんな儚さがやはり美しい・・。

FREEMANS SPORTING CLUBでは02月23日(FRI)から03月18日(SUN)までPATTERN ORDER SUIT 20% OFFのフェアを開催しております。

私も春に向けFSC / MADE TO MEASUREでスーツを新調して頂きましたのでご紹介させて頂きたいと思います。

blog022507

一着は持っていたいブルーのスーツ。

シンプルで定番だからこそ、フィット感・シルエット・生地の質感や手触りが重要になってくる。

今回私が選んだ生地はヴィンテージのHOLLAND & SHERRY。ボタンは銀座老舗ボタン専門店『MITAKE BUTTONS』のボタンを使用。

blog022505

HOLLAND & SHERRY (ホーランド&シェリー)社は1836年ロンドンのボンド・ストリートにて創業され、180年以上の歴史を誇る英国高級服地マーチャント。

ヴィンテージならではのしっかりとした重さ・柄・程よい艶感。少し厚みがある分シルエットは綺麗な状態を保ちつつ、体を優しく包む様な柔らかさもある。

昔、祖父の着ていた仕立ての良いスーツ。祖父はいつも完璧で、私が幼い頃から彼は憧れの存在だった。今回のスーツはそんな彼のスーツを思い出させるような1着になった。

古臭いという印象を持つ人もいるかもしれないが、オーダーメイドで体に合わせ、現代のパターンで作り上げる事によって新鮮なものが生まれてくる。

blog0225

ブルーのスーツは多様な着回しができるのも嬉しい。ビジネスシーンから小物使いを変えればパーティーまで。セットアップでノータイ、初夏には白いパンツを合わせて足元はドレッシーなサンダルでパナマハットを頭にのせる。

暗い色~同系色のタイを合わせればよりシックに、カラフルなシャツやタイを選んで色で遊ぶのも良い。スーツがシンプルだからこそ選ぶ小物によって様々な表情を見せてくれる。それも一着は持っておきたい理由の1つである。

blog022502

 

桜の花を見るのも待ち遠しいけれど、自分のワードローブを春夏仕様に変えていく楽しさもこの時期の醍醐味ではないだろうか・・・。

blog022504 blog022506 blog022503

今回のフェア期間中限定で、FSCではヴィンテージの生地、今では手に入らない廃盤になってしまったデッドストックの生地、銀座老舗ボタン専門店『MITAKE BUTTONS』のボタン(MITAKE BUTTONSを使用の場合は別途オプション料)を特別にご用意しております。

もちろん2018年SSの新作生地や定番の物もフェア開催期間中は通常の20% OFFとなりますので、この機会に皆様もご検討してみてはいかがでしょうか。

blog0216

 

開催期間:
2月23日(金)〜3月18日(日)

開催店舗:
FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO
FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA
FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX
※2月26日(月)、27日(火)はGINZA SIX休館日となります。

価格:通常価格の20%OFF
(スーツ ¥90,000+TAX〜 / ジャケット ¥65,000+TAX~ / パンツ ¥26,500+TAX~)
納期:約1ヶ月半〜

詳しくは店頭スタッフまでお問い合わせくださいませ。

 

TEXT BY YOSHIO SUYAMA

三寒四温、続々と届く春の便りに、
桜の花を待ち遠しく、和らぐ寒さを寂しく感じる季節。

今年の冬は、雪に悩まされた各地、より春の訪れが待ち遠しい。

そろそろ、春に向けての準備を始めてもいいかも・・・。

さて、今年はどんなスーツを作ろうか?

ここ数シーズン、スーツ業界でトレンドワードにあがっているのが、“ブークレ”と“ソラーロ”。

ブークレは、生地表面に膨らみ感のある糸のループが出来ていて、表情豊かな生地に仕上がっている、一方、ソラーロは縦糸と横糸の色を変えることで生地表面の色が独特に変化する生地に仕上がっている。

と、まあ、どちらも生地の名称なのだが、この2つの生地をバンチブック(生地コレクション)を見ても、既製品売り場のスーツを見ても、目にする機会が非常に増えた。

特に、ソラーロはテーラーの中ではスマッシュヒットを続けている生地のひとつで、シーズン終わりの頃になるとほぼ完売という状況が続いている。

まだまだ堅調な兆しのあるこのソラーロで、今シーズンは仕立ててみるのをお勧めしたい。

ソラーロ ボディ着せつけ

Solaro”ソラーロは、イタリア語で『太陽の』の意味があり、英語で“Sun Cloth”サンクロスと呼ばれているようで、もともとは、厳しい太陽の光を反射させて、涼しく快適に着られる機能性のある生地として誕生している。

イギリスの”Smith Woollens“スミス ウールンズ(日本ではスミス ウーレンとして通っている)社が作った生地で、ソラーロの名前を商標登録しているので、実際にはソラーロと言ったらスミス ウールンズのオリジナルソラーロを指すことになるのだが、現在では、雑誌を含め多くの場合、縦糸と横糸の混色生地、玉虫効果のある生地全体をソラーロと指すことが多くなってきている。

オリジナル ソラーロ

こちらが、スミス ウールンズのオリジナルソラーロの生地。
ご覧の通りオリジナルの風格があり、しっかりした打ち込みが特徴。ヘリンボーンの方が着用した際の玉虫効果は良さそうだが、ここは好みに任せたい。

ソラーロの生地で作りたいなら、先ず検討して欲しい。やはりオリジナルの持つ存在感は、他のソラーロには決して真似出来ないことを伝えておきたい。

高温多湿の日本の夏にはやや不向きではあるが、355gmsのしっかりしたウェイトで1年を通して愉しめるのがまたいい。
FREEMANS SPORTING CLUBではオーダー開始当初からシグネチャーファブリックとして、このオリジナルソラーロをプッシュし続けているので、是非ここは抑えておきたいところだ。

ソラーロ ウィリアム

英国の”William Halstead“ウィリアム ハルステッド製のソラーロは、330gmsとやや軽めの仕上がり。
英国ならではのしっかりした生地感はあるが、オリジナルに比べると打ち込みは甘めで柔らかいタッチが特徴。

価格がスミス ウールンズより小慣れているのと、夏の着用を考えるなら少しでも軽いこちらを選ばれてはいかがだろうか。
見た目の玉虫効果は、オリジナルに決して引けを取らないので、ご心配なく。

DSC_0705
DSC_0704

イタリアの”Vitale Barberis Canonico“通称カノニコのソラーロとなると、ぐっと艶っぽさが出てくる。
10%シルクをブレンドした生地は光沢に富み、玉虫効果をより引き出してくれる。ウェイトは250gmsと軽い仕上がりに。

特に魅力的なのが、10色展開とバリエーションが豊富で、縦横の色の組み合わせも実にイタリアらしい。
また、ネイビーベースのソラーロはビジネスシーンでも十分に使用出来るので、是非お試し頂きたい。

と、この他にも最近では、各マーチャントがソラーロの生地を打ち出しているので、色々比べてみるのも面白いと思う。

さらに、今月、2月23日よりFREEMANS SPORTING CLUB 3店舗で、パターンオーダースーツフェアが開催予定なので、併せてお伝えしておきたい。

今回お勧めしたソラーロ3種類を含む、全生地コレクションが期間中20%OFFと、大変お買い得な内容となっている。

スーツの他にも、ジャケット、パンツ、ベストの単品での注文も可能で、オン、オフ幅広いシーンに合わせてのオーダーが出来るのも魅力的だ。

出来上がりまでの時間を考えると、是非この機会にオーダーしておくのをお勧めする。
春の訪れと共に、取っておきの一着が出来上がってくると思うと、なんとも待ち遠しい・・・。

blog0216

TEXT BY KAZUMA KAKIMOTO

 

IMG_7220
バレンタイン。

2月14日に祝われ、世界各地でカップルの愛の誓いの日とされる日

アメリカでは、男性から女性に、或いはお互いに告白するのだそうです 渡すのもチョコレートではなくて、

薔薇やメッセージカードが定番。 キリストの宗教的なものが強く影響されているのでしょうか。

 

日本では、義理チョコ、友チョコなど様々文化が派生していますね。

商業的作戦が非常に垣間見えるものがありますがこれもまた文化形成の一興ともいえるでしょう

 

 

180208_valentine_top

アメリカでは、また「感謝の意を示す」という形でも贈り物をするそうです
FSC TOKYO では、日ごろのお客様への感謝の意を込めて、FSC ORIGINAL HOT CHOCOLATE をお配りさせて頂きます。
 
 
個人のおススメとしては甘すぎるものが苦手なためFSC オリジナルブレンデッドモルトウイスキーを少し加え、
少し大人なホットチョコレートを楽しみたい。(ウイスキーはお好みで有無をお選びください)
 
また少量ではございますが、アパレルスタッフよりハンドメイド DRY FLOWER を先着でプレゼントさせて頂きます。
IMG_7167
少し早めのヴァレンタインとはなりますが、FSC TOKYO 店にて温かくお過ごしくださいませ。
 
日時:2018年02月 10,11,12日(土)(日)(月)
※営業スタートと同時に開始、ドライフラワー、ホットチョコレート共になくなりしだい終了となります。
場所:FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO
TEXT BY SHIMPEI MASUNAGA

本日はレストランから更新いたします。

 

冬の寒さも一番厳しいこの季節、なかなか外に出るのも億劫になってしまう日々が続いていますがレストランでは新しいオリジナルカクテルやリキュールが続々と登場しています。

 

flying henry

 

一例として今日はこちらの”FLYING HENRY”をご紹介したいと思います。

 

こちらのオリジナルカクテルですが、ホワイトキュラソーとアブサンをベースにしたカクテルとなっていて口当たりはとてもマイルドですっきりしたカクテルなのですが後味はアブサンの香りが抜けるちょっと危険なカクテルに仕上がっています。製作者の意図としては、第二次世界大戦時にパイロットたちが戦闘機に乗り込む前に景気づけに豪快に飲んで出撃するような、そんな風景をイメージしてこの名前をつけました。最後に飾るオレンジピールをピンに刺して飛行機をイメージした飾りもこのカクテルを一層盛り立てます。

 

IMG_7140

レストランではこのほかにも、バレンタインに向けたカクテルやちょっと一癖あるカクテルなど、様々なお客様のご要望に見合ったオリジナルカクテルをご紹介できればと思っています。

 

バー利用でのご予約も快く承っておりますので、是非ご連絡下さいませ。

 

texted by YAMADA YUKI

RESTAURANT:03-6805-0494