Archives: 2018年8月

 

 

Print

つい先日まで、目の敵にしていた酷暑も、現金なもので、近頃の秋風に、名残惜しさを感じてしまいます。

毎年のごとく、聞かされる異常気象や観測史上などのニュースにも、少し慣れっこになってしまっているのが
なんだか怖い気がしますが、すっかり日本の季節感は陰りをみせてしまいました。

とは言っても、『8月でこの暑さじゃ、12月はもっと大変だなぁ~』なんてことは無く、
やはり暖冬と言えど、徐々に寒さはやって来るようです。

テーラー業界では、年に2回ほど新しい生地が入荷してきます。
春夏物の生地が2月下旬頃から3月中旬頃にかけてと、秋冬物の生地が8月下旬から9月中旬頃にかけて。

新しい生地が入荷してからの半年間にかけて、そのシーズンのスーツを受注していくわけですから、
後になればなるほど、生地に品切れが頻発して、売れ残り感が出てしまいます。

また、受注してから出来上がって着用出来るまでには、もちろん時間がかかりますので、シーズンが進むにつれて、
そのシーズンでの着用回数も短くなってしまうのが心苦しいところなのです。

そこへいくと、オーダー慣れた御仁などは、汗を拭きながらフランネルの生地を吟味し、かじかむ手でリネンの生地で注文していくものです。

つまり、なんだかんだと言っても、暑い夏はやってくるし、寒い冬もやってくるということ。
ならば、計画的に早く作っておいて、自宅のクローゼットで寝かせておけばいいじゃないか!

などと言うのは簡単なのですが・・・。
そう手軽な値段でもないので、計画的に注文出来ないのも人間味があっていいと思っています。

今回、FREEMANS SPORTING CLUB 3店舗では、ご好評頂いているパターンオーダースーツのフェアを開催。
厳選した英国、イタリアの生地はもちろんのこと、本国、NYのFREEMANS SPORTING CLUBでも人気が高い
イタリアは、ナポリのマーチャントのARISTONのコレクションでのオーダーは全て20%OFFにてご注文可能に。

仕立てに定評のあるFREEMANS SPORTING CLUBのパターンオーダーは、熟練したスタッフが丁寧にカウンセリングと採寸を行います。
アフターケアも含め、着こなしの相談や、カジュアルとのミックスコーディネイトなど、ライフスタイルを提案するFREEMANS SPORTING CLUBだからこそ出来る、幅が広く、懐の深いサービスは必ずご満足頂けるのではないでしょうか。

秋虫の声を聞きながら、是非この機会をお見逃しなくご利用下さいませ。

フェアについての詳しいご案内は、HPのNEWSよりご覧下さいませ。

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924
FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965
FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

TEXT BY KAZUMA KAKIMOTO

こんにちは

8月も残すとこ一週間足らずで、今年の夏は例年にはない猛暑日が続き、なにを着ても暑いといった日が多かった気がします。

 

最近は気温も落ち着きをみせ過ごしやすい日が続き、個人的には早く寒くならないかと待ちどおしいです。

 

 

FREEMANS SPORTING CLUBでは秋の身支度に相応しい商品が入荷していますのでご紹介させて頂きます。

 

 

IMG_2367 (1)

INDIGO SASHIKO WINCHESTER

SIZE 1 2 3

PRICE 24,000+TAX

 

 

FSCではすっかりおなじみの”刺し子”
日本独自の伝統的なファブリックを使用した洋服にはいつも心惹かれます。

 

 

 

これまでCAMP SHIRT.. VEST….SHACKETといった刺し子を使用したアイテムをリリースしてきましたが、FSC2018AWでは新たに刺し子地を使用したパンツをリリース致します。

 

 

 

IMG_2321

こちらの商品名をみて、お気づきの方もいらっしゃると思いますがFSCで皆様にご愛好頂いている”WINCHESTER PANTS”のディティール取り込んだ仕様になっております。

 

 

 

 

 

IMG_2351

WINCHESTER PANTSと同様にバックヨークのディティールを加えています。

腰周りに余裕を持たし刺し子の伸縮性に欠ける部分をカバーし、ヒップラインにお悩みの方でもゆとりを持って履いていただける仕様になっております。

 

 

 

 

 

IMG_2339

従来の WINCHESTER PANTSよりも太もも周りは余裕を持たせ、膝下にかけてテーパードをかけ、刺し子特有の重みのあるタフな生地感をかね添えていることにより

太ももから足先にかけて落ちるようなシルエットに仕上がっており、 スタイリングの幅広げられるようなデザインになっております。

 

 

 

 

 

ではスタイリングと合わせてディテールをご覧ください。

IMG_2348 (1)

勿論過去の刺し子シリーズとの相性も抜群です。

FREEMANS SPORTING CLUBらしいスタイリングでまとめてみました。

刺し子独特の凹凸の風合いがあるため、着用いただいても堅苦しく見えなくセットアップでのスタイリングに抵抗のある方でも

着用しやすくなっております。

 

 

 

IMG_2354

秋口などはシャツ一枚でシンプルにまとめるのもいいですね。

刺し子のタフな生地感がクラシカルさを表現し、シャツも刺し子の重みのある色味に被らないよう対照的な色味でバランスをとりました。

 

 

 

 

 

FREEMANS SPORTING CLUBではみなさまに長い時間を共にできるような洋服をお届けしています。

その中で”経年変化”というワードは切ってもきり離せません。

 

 

形や縫製などが今存在する既製服とは違い、現代の技術のが何もかも進歩してはいますが

それでも魅力を感じるヴィンテージ物だったり、年数だったり経年変化を遂げた物には他の物より一際輝きを増してみえることがあります。

当時のものを再現するのに現代の技術においては非効率でとても能力を要します。

このような生産過程を感じることでやっぱり古いものへ偉大さにも気づくことができますね。

衣類に限らず月日が過ぎるとどんどん劣化はしていくものですが、その分輝きを増すのが経年変化であり

廃れては取り戻す目まぐるしい流行とは別の魅力だと感じます。

 

 

是非店頭でお試しいただき、ご自身だけの経年変化を長い時間をかけて楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

IMG_2280

みなさまのご来店お待ちしております。

 

TEXT BY KEISUKE SASAKI

お問い合わせ先 :

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA 03-6805-7965

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924

instagram : freemanssportingclubtokyo

facebook : freemanssportingclub-tokyo

こんにちは。

 

 

皆様この夏はどのようにお過ごしでしょうか。

 

 

私は地元の一番のお祭りの山王祭で神輿を担ぎ終え、ホッとしている今現在です。

 

 

 

早いもので8月も中旬になりましたね。

 

 

電飾

 

 

 

 

今年の夏は全国で40度を超える日が続いたり、台風がきたりと、自然には敵わないと実感した人も多いのではないでしょうか。

 

 

 

夏が嫌いな方も、大好きな方も残りの夏をもっともっと楽しみましょう!!!

 

 

夏と言えばBBQ!!

 

 

前回も紹介させて頂きましたが

 

 

そのBBQも当店でプランをご用意しております!

 

180703_FSC・ソ繧ウ繝ウ繝・Φ繝・180703_FSC_content_0016

 

 

 

まだまだやっていますので是非ご利用ください!!

 

 

 

 

 

さて、本日はFSC レストランのNEW DINNER MENUのご紹介です。

 

 

 

 

FSC STEAKS MENU

 

 

1.US T-BONE STEAK 400g  ¥4,500-     US Tボーンステーキ 400g

 

T字型の骨の片側に、サーロイン、もう一方にはフィレ肉が付いた贅沢なステーキ

 

 

 

2.US RIBEYE ROLL 300g    ¥3,500-     USリブアイロール(和名:リブロース芯) 300g

 

霜降りになりやすい部位。きめが細かく柔らか。

 

 

 

3.AUS SPENCER ROLL 300g ¥3,500-      AUS アンガス牛 スペンサーロール(和名:リブロース) 300g

 

リブアイロールにカブリが付いた部位。肉質はリブアイ同様にきめが細かく柔らかい。

 

 

4.US STRIP LOIN 300g     ¥2,000-       US ストリップロイン(和名:サーロイン) 300g

 

筋が少なく柔らかで甘みのあるステーキ。

 

 

 

5.US CHUCK EYE ROLL 300g ¥1,800-     US チャックアイロール (和名:肩ロース) 300g

 

リブアイよりやや筋はあるが、脂肪分も適度にあり、風味の良い部位。

 

 

 

6.US SIRLOIN BUTT 300g     ¥1,800-    US サーロインバット(和名:ランプ、らんいち) 300g

 

柔らかな赤身肉。味に深みのある部位

 

 

 

7.US BRISKET             ¥1.300-    US ブリスケット(和名:バラ) 300g

 

赤身と志望が層になっている部位。歯ごたえがあるステーキ。

 

 

 

 

以上の7種類のステーキが新たにディナーで味わっていただけるメニューとなりました!!

 

 

 

その中から何枚か写真でお伝えいたします。

 

 

180703_FSC・ソ繧ウ繝ウ繝・Φ繝・180703_FSC_content_0047

 

Tボーンステーキ!!

 

写真を見ているだけでよだれが垂れてきそうですね。

贅沢です!サーロインもフィレも大きい!!!

 

180703_FSC・ソ繧ウ繝ウ繝・Φ繝・180703_FSC_content_0065

 

 

チャックアイロールです。

 

説明文にもありますが、脂肪分が適度にあり風味がよく、ビールにあるんです!!

 

 

 

180703_FSC・ソ繧ウ繝ウ繝・Φ繝・180703_FSC_content_0051

 

リブアイロール

脂がおいしい。

ステーキを食べに行って脂が付いているところは取り除いて食べる方もいますよね??

でもでも、このステーキは脂がほんっとに美味しいです。

甘くて油っぽくなくとろけます。ワインでもビールでも!!!お酒が進みます。

 

 

 

 

180703_FSC・ソ繧ウ繝ウ繝・Φ繝・180703_FSC_content_0067

 

ランプ!!!!

このボリュームで1800円!!破格です。

 

個人的には一番好きです。

値段もリーズナブルで肉肉しいのが好きな方はまあ好きでしょう。噛めば噛むほどってのはこのことですね!!!!

 

 

どのステーキも自信を持ってお薦めするものばかりです。

 

 

夏もあと少し、沢山食べて元気に夏を乗り越えましょう!!!!

 

 

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

texted by AKIYUKI KAMADA

RESTAURANT:03-6805-0494

 

 

 

 

 

皆さまこんにちは。

FSC銀座店に続きまして、8/10(金)より” ayame POP UP SHOP ”をFSC二子玉川店で開催しております。

ayame POP UP SHOP

開催期間:8月10日(金)~8月26日(日)
店舗:FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA

 

フリーマンズスポーティングクラブでは、恒例になりつつあるアヤメのポップアップショップ。

前回、前々回よりも取り扱い種類も増え、100種類以上と圧巻の品揃えとなっております。

 

b5

b6

b3

 

今回はカスタムレンズのオーダーも承っております。

アヤメではお馴染みの定番モデル”GENERAL” ”FOCUS”の2型限定で、お好みのレンズにカスタムして頂けます。※モデルによってカスタム出来ないカラーレンズもございますのでご了承下さい。

カスタムレンズオーダー ¥2,000+tax (納期約2週間)

 

ではここからは、個人的にお勧めしたいモデルがございますので少しピックアップさせて頂き、ご紹介いたします。

 

bg7

 

【 model: NEWOLD-S, price: ¥30,000+tax】

通称ボスリントンの相性で呼ばれ、男女問わず人気のある”ニューオールド”。

以前もこちらのモデルはブログでご紹介していますが、今回注目したいのはカラーリングです。

フレンチヴィンテージをにおわせるキャラメルカラーがなんとも言えない綺麗なフレームとなっています。

ヴィンテージがお好きな方は思わず目を惹いてしまうのではないでしょうか。

 

b2

 

【 model: KORO, price: ¥30,000+tax】

FSCでは一度別注モデルを作ったこともあり、一つ前にご紹介した” NEWOLD ”をサイズアップした定番モデル。

ほどよくボリュームがありながらも丸みのあるデザインが顔にもやさしく馴染んでくれます。

フレームのカラーラインナップも多数ご用意しております。

 

b1

 

【 model: SIRMONT, price: ¥38,000+tax】

眼鏡の定番として、ボストン型、ウェリントン型に並ぶほどの歴史あるブロウ型。

四角いフォルムが特徴的となっており、昔から愛される形だけあってクラシックな印象が強いです。

レンズはフラットに見えながらもほんのわずかカーブさせ、内側からの光の反射を軽減させた2カーブレンズ。

フラットな雰囲気が一層デザインに雰囲気を醸し出してくれています。

 

b4

 

【 model: SIPPOU-AV, price: ¥40,000+tax】

男らしいツーブリッジデザイン。

伝統工芸である『七宝加工』をフレームに施し、独特な光沢は上品な仕上がりとなっております。

更にアヤメ独自で開発されたブリッジとノーズパッドが一体化されたパーツを採用し、軽く、掛け心地の良さは抜群に良いです。

職人の技術が光るモデルですね。

 

さてお勧めのフレームたちはいかがでしょうか。

 

まだ暑さも残る中、秋物を先取りするのもまだ早いかなと思う方々がほとんどだと思います。

先ずは、小物から次のシーズンに向けて新調してみてはいかがでしょうか。

世界が誇るメイドインジャパンプロダクト” ayame ”のコレクションを是非店頭でご覧になってください。

皆様のご来店、スタッフ一同お待ちしております。

 

ayame

「エレガントなデザインと確かな掛け心地を職人の手で」
アヤメはデザイナーの今泉悠氏によって2010年に誕生した東京のアイウェアブランドです。今泉氏の出身地、茨城県潮来市のシンボルの花である「菖蒲」、そして目を彩る造語「彩目」。それらを掛け合わせ“ayame (アヤメ)”をブランド名に冠しました。アヤメは道具としての究極の眼鏡を追求します。

【Design】
クラシックでありながらエッジを効かせたモダンなデザイン。
【Quality】
世界の名高い福井県鯖江市の熟練した職人が1本1本丁寧に作り、磨き上げる。
【Detail】
日本人の骨格を最大限に考慮して設計し、それに基づいた機能性を追求。 最高品質の商品のみを常にリーズナブルな価格で提供します。

 

TEXT BY YUSUKE MATSUOKA

 

※FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWAでは店舗通販も承っております。

Blogなどで見た商品の詳細や在庫状況等につきましても、お気軽にお電話にてお問い合わせくださいませ。

●お支払い方法:現金、クレジットカードがご利用いただけます。

●発送方法:FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWAより、ヤマトのコレクト発送(代引き発送)となります。

●お支払い金額:商品合計金額+代引き手数料324円+送料全国一律324円

※税込¥5,000円以上ご購入で、送料一律324円を無料とさせて頂いております

お問い合わせ先 :

〒158-0094
東京都世田谷区玉川 3-8-2 玉川髙島屋 S·C 南館アネックス
FREEMANS SPORTING CLUB – FUTAKOTAMAGAWA
TEL:03-6805-7965
営業時間 10:00〜21:00

 

instagram : freemanssportingclubtokyo

facebook : freemanssportingclub-tokyo

皆様こんにちは、ご機嫌いかがでしょうか?今年の夏は半端じゃなく暑い!

夏が好きな私は積極的に日焼けをしており、猛暑の中を自転車で往復60km走ったりします。

汗をかく事で水分とミネラルが失われますが、同時に身体の老廃物が出てる感じもある上、すこぶるリフレッシュします。

言うまでもないですが、水分摂取とミネラル補給はしないとですね(あと発汗後は酒がめっちゃ美味い)

 

IMG_20180805_201359-01

「あーーあちーーけど気持ちよかー」と7月にとった夏休みもしっかり満喫してきた私です。

よく突っ込まれる私の髪型なんですが、詳しく知りたい方は

【髪型 マレット 一番ダサい】で是非チェックして見てください。

とにかくダサいんですが、ダサさに親しみを覚えると愛が生まれますね。罪深い。

 

さて前置きが長かったですね、本題です。すみません。

今回ご紹介するのはバーバーではお馴染みの『BYRD』のプロダクトです!

・BYRD フェイスローション ¥1400+税

DSC02255-01

・BYRD ボディミスト ¥1600+税

DSC02254-01こうゆうのあったらいいよね~的な商品が出ました!

これらのプロダクトは洗面台に置くというより、カバンの中に入れておくことで真価を発揮するのではないでしょうか?

いままで無かったプロダクトなので便利だと思います!僕もカバンに入ってます!

日焼けした直後は極度な乾燥状態ゆえ、皮膚に及ぼす悪影響は計り知れません。

日焼けの症状が重度の場合、ほっとくと炎症になりシミとなって残ってしまうことも…

日焼け止めを塗るのが望ましいのですが、日焼け止めを塗ってもやはり日焼けはなかなか防げません

そんな時の肌に素早く適度な清涼感と潤いを与え、香水ほど強くないやわらかなトロピカルココナッツの香りが

汗のにおいをカバーしてくれます!本商品はやはり夏オススメ間違いなしです!

『トロピカルココナッツ』の香りは、いわゆるココナッツの香りより強すぎずライトな感じで夏の爽やかさがマッチします!

肌のデイリーケア・ディープケアプロダクトは、お持ちでらっしゃると思いますので

こういった用途の物も1つ持ってみるはいかがでしょうか?

まだ暑い日が続くとは思いますが、体調管理に気をつけつつ

身の回りに熱中症の疑いがある人には適切なケアをして、みんなで頑張って暑さを乗り越えましょう!

 

今回はここまでです。読んでいただきありがとうございました!

FSC – TOKTYO BARBER ナガオカ