Archives: 2019年4月

 

”KAPTAIN SUNSHINE”

往年のアメリカの製品に影響を受けながら、日本のファクトリーが持つ,

粋な生地拘りの縫製を 融合した服作りをしており、アウトドア、ミリタリー、ワーク、などを上手く取り入れ、

大人が着られるカジュアルウェアを 展開しているメンズブランド。

以前から当店で取り扱いをさせて頂いておりますが、

今回FREEMANS SPORTING CLUBでは初となる別注が実現致しましたのでご紹介致します。

1 (1)

“DECK TROUSERS “ ”FIELD WRAP S BREASTED”  “RIVERA GHURUKA SHORTS”

KAPTAIN SUNSHINEのアイコンとも言える3型で別注させて頂きました。

 

IMG_6982

style no:FSC DECK TROUSERS

col:BROWN

size:30.32.34

price:48000+tax

広々としたボディーからテーパードさせたシルエット。

U.S NAVYのデッキオーバーオールをデザインソースにしており、

ボリューム感あるボディーからテーパードしているためシルエットが綺麗に。

素材感も相まって非常に着やすい1着に なっております。

Tシャツにも、

IMG_7035

シャツにも、

IMG_7040

TROUSERSが主役となり、どのスタイルにもはまってくれます。

ディテールもさることながら、生地にもこだわっており

ブランドの定番の原料となるエジプト超長綿のGIZAの中でも選りすぐり10%のFINXを使用。

IMG_6980

そのFINXを太番にうねりタテ糸使用、横糸には太番リネンを使い高密度のツイルに織り上げ

極力薬品を使わずワッシャー仕上げを行い、

FINXの独特の光沢感、

リネン独特の風合い

ドレープを兼ね備えた オリジナルの生地を使用しています。

 

IMG_6979


style no:FSC FIELD WRAP S BREASTED

col:BROWN

size:36.38.40

price:48000+tax

 

ブランド定番型のこちらのジャケット。

シャツカーディガンのように軽やかに羽織ることのできる

普段使いしやすい1着になっております。

縫い目を減らすことで丸みおびた立体的なシルエットを作っており、とても着やすい仕様に。

IMG_6903

1枚仕立ての軽やかな素材感とあいまって上質なドレープを味わっていただけますので、

デニムやスラックスなどとの合わせも良いかと。

IMG_7016

また、春夏ならではの着こなしでショーツのスタイリングにもおすすめできます。


IMG_6962


style no:FSC RIVERA GURKHA SHORTS

col:BROWN

size:30.32.34

price:33000+tax


夏はショーツを履きたくなる方が多いかと思います。

今回3型別注致しましたが

私自身1番注目してるのがこちらのアイテム。

旧いイギリス軍のグルカショーツを参考に

深いプリーツ、ウエストのベルテッドなどはもちろんのこと

IMG_7070

シルエットがとてもワイドかつボリューム感抜群になっており

丈も短すぎず、長すぎずバランスが良いショーツになっております。

ショーツ好きな方、ショーツはちょっと、、、、なんて方も是非試しに履いてみてください。

気に入って頂けるかと思います。

IMG_6868

3型全て、

FREEMANS SPORTING CLUB世界観にマッチしているグレージュカラーにて別注生地をオーダーしています。

春夏に明るいカラーも良いですが、あえて落ち着いカラーを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

TEXT BY YUDAI IBA

お問い合わせ先 :

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924

 

Print

 

いつもFSC GINZA SIX店をご愛顧いただき、ありがとうございます。

FSC GINZA SIX店 2周年を記念して04/20  (土)一日限定にてイベント当日FREEMANS SPORTING CLUB GINZA SIXご利用いただいた方に新丸子に拠点を置くBIG BABY ICE CREAMによるアイスクリームを振舞う2周年アニバーサリーを記念したスペシャルなイベントとなります。(※なくなり次第終了)

 

 

56970987_406910750123187_3437508278291005440_n (1)

 

この機会にぜひ FSC GINZA SIX店へお立ち寄りくださいませ。

※詳細は店舗へお問い合わせください。

 

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX (フリーマンズ スポーティング クラブ ギンザ シックス)
〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 5F
tel. 03-6263-9924

1

『FREEMANS SPORTING CLUB』

私がその名を知ったのが2015年のちょうど今頃だっただろうか。

創立者であるターボソマーにより、コミュニティを重んじるブランドとしてレストラン『FREEMANS』から始まった。

当時オーダースーツの業界に身をおいていた私は、テーラーリングだけでなくカジュアルウェア、バーバー、レストランと幅広くおこなっているこのブランドに衝撃とともに、稚拙な言葉ではあるが単純に「なんかかっこいいな」と憧れを持った。

男というものは場所に合わせて服を選ぶ多面的な生き物であるという考えのもと、カジュアルからテーラーリングまで普遍的で高い品質を持った豊富なワードローブを提供し、腕の良い理髪師を揃え、クラシカルでありながら現代のニーズを反映したスタイルは、昨今も続いている簡略化した男性のスタイルに対し、男の嗜み方を改めて教わった気がする。

ブログを書いている今、2015年に感じたFREEMANSらしさを自分自身が体言できているのかと考えさせられる。

そして今回、FREEMANS SPORTING CLUBでは、『FOR THE FREEMANS』というドレスコードありのパーテーイベントを開催する。

創設者であるターボソマーの思いであるコミュニティを重んじるブランドとして、お客様であり仲間である皆様とお洒落をしてお酒を酌み交わす。

日本には少ないであろう、そんなコミュニティがライフスタイルの一部にあるのも素敵ではないだろうか。

ドレスコードと聞くとどうしても堅苦しいイメージを持ってしまうが、まずは気軽に来ていただきたい思いから、

男性は『ジャケット』の指定、もちろんスーツにタイドアップも大歓迎である。女性は『男性のドレスコードに見合う服装』とさせていただいている。

当日はスペシャルゲストに、singer song writer『soma』をお呼びし、彼の淡いギターを主に奏でる美しい世界感を楽しんでいただきたい。

3

ここからは、当日のドリンクやフードメニューのご紹介。

FSC – RESTAURANTを代表するシグネチャーカクテルでもあるウイスキーサワーをはじめとし

ウイスキーサワー画像

自家製レモネードシロップを使用したレモンサワーなど10種類ほどのカクテルを当日限定価格でご提供させていただく。

IMG-0554

また、当日のグラスワインはIndigoEyesの赤、白、泡をご用意。

IndigoEyesはナパヴァレーの地からハイクオリティなワインを安定して供給しているワイナリーで、アメリカらしいパワフルなテイストが特徴的である。

IMG-8549

お食事に関しましては当日限定の8種類のFingerFood、Snacksと2種類の軽食を取り揃えている。

こちらも是非ご賞味いただきたい。

FOOD MENU

各100yen

ひとつずつチョイスできるため、自分好みのワンディッシュをお楽しみ下さい。

Caprese/カプレーゼ

Prosciutto&Melon/生ハムメロン

Salmon&Cucumber/サーモン胡瓜

Olive&Cheese/オリーブチーズ

Mixed Nuts/ミックスナッツ

500yen

Flench Fries/ポテトフライ

Fish Fries/フィッシュフライ

Chicken Nugget/チキンナゲット

1000yen

Hot Dog/ホットドッグ

1600yen

Hamburger/ハンバーガー

170802_lunch_hbg

日時:2019.4.26(Fri)20:00~23:00 (START PLAYING 21:30~)
場所:FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO / B1 RESTAURANT
入場料:無料
ドレスコード:男性(ジャケット着用) / 女性(男性のドレスコードに見合う服装)
【GUEST SINGER】
soma
海外のインディ・ロック、オルタナティブ、アンビエントに影響を受け、淡いギターを主に美しい世界感を作り出す若きシンガーソングライター。都市と自然に注目したというメロディ、物憂げなリリックが生み出す音楽は、Prefab Sproutらが生み出した洗練された音を彷彿させると共に、Mac DeMarcoのようなローファイ・ソングライターの影もちらつかせる。

TEXT BY YOICHIRO MATSUYAMA 

お問い合わせ先 :

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO / B1 RESTAURANT 03-6805-0494

instagram : freemanssportingclubtokyo

facebook : freemanssportingclub-tokyo

 

季節柄ここ数日、桜を鑑賞しながらお酒をたしなむ方も多かったのではないでしょうか。

私自身もその一人ではございましたが、桜よりもお酒…….ではなく(飲みすぎはよくないですね…..)

今年は桜を鑑賞しながら地元の友人とお酒を楽しむことができました。

 

 

 

大勢の方がお花見を楽しまれている中、私は職業柄か皆様の足元についつい目がいくようになる季節でもあります。

お洒落は足元からと言わんばかりに季節柄明るめの履物を履かれている方が多く、そういった点でも春を感じられる季節になったのだなと実感します。

 

 

 

 

 

お洒落は足元からという言葉があるように、FREEMANS SPORTING CLUBでも今後の季節に相応しいアイテムが入荷致しましたのでご紹介させて頂きます。

 

 

 

 

IMG_6536

 

IMG_6535

FSC×SANDERS SADOLE LOAFER
col NAVY/SNUFFSUEDE
size 6.5/7/7.5/8
price 55,000+tax

 

 

 

IMG_6537

FSC×SANDERS MIL SANDAL
col TERRACOTTA
size 7/7.5/8/8.5
price 49,000+tax

 

 

 

FSC2019SSでは様々なブランドとのコラボレーションアイテムをリリースしておりますが、今回は伝統的なMADE IN ENGLANDシューズを製造していることで人気のある英国老舗のシューメーカーSANDERSとのFSCコラボレーション仕様でリリース致しました。

 

 

 

こちら、説明せずともお分かりの方は多いですね。

革靴といえば…SANDERSというブランドはきっても切り離せないのではないでしょうか。

 

 

 

 

IMG_6685

圧倒的なコストパフォーマンスも勿論のことですが、やはり英国靴。

上品さがどのシューメーカーよりも長けているのが何よりの魅力ではないでしょうか。

 

今回リリースさせて頂いたのは、LOAFER.SANDALの2型。

 

 

 

 

 

 

IMG_6707

カラーリングはNAVY.SNUFFSUEDE

共にFSC USAが得意としているカラーリングの別注となっております。

 

 

 

 

 

IMG-8160

スーツやジャケット着用時でも履いて頂けるようインラインでは展開していないレザーソールを使用。

 

 

 

 

IMG-8161

従来の物より、ドレッシーな印象を兼ね備え、よりフォーマルなスタイリングに合わせやすい仕様になっております。

 

 

 

IMG_6679

勿論カジュアルなスタイリングにも。

シャンブレーシャツ.オーバーオールにさらっと履いて頂くと、こってりとしたスタイリングにも上品さが加わり個人的にもお薦めです。

 

 

 

 

IMG-8162

SUEDE TERACOTTA

こちらはLOAFERとは対照的な明るめの配色を選んでおり、遊び心のある色味になっております。

アッパー部分にはスウェードを採用し、カジュアルな印象を持たせつつ、上品さも洗練されています。

 

 

 

IMG_8136

今シーズンは白パンにラフにルーズなシャツを羽織って……….なんていう合わせの足元にコレを履きたい気分ですね。

 

 

 

 

IMG_6708

MILITARY SANDAL
col BLACK/BURGUNDY
size 7/7.5/8/8.5
price 47,000+tax

尚FREEMANS SPORTING CLUBではコラボレーションアイテムの以外のSANDERSのお取り扱いもございます。

 

 

 

 

 

IMG_6702

米国靴もいいけれど……..

 

 

英国靴もいいんです。

 

 

 

 

是非店頭にてお試し下さい。

 

 

皆様のご来店心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

TEXT BY KEISUKE SASAKI

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

東京では桜が満開となり、笑顔と笑い声に満たされた季節がやってまいりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

春は別れと出会いの季節と言いますが、

FREEMANS SPORTING CLUB BARBERにも新たな仲間が加わりましたのでご紹介いたします。

 

reservakoya

TAKAHIRO KOYAMA  (FSC – TOKYO)

 

新メンバーと共に、これからも現状に甘えず切磋琢磨していきたいと思いますので今後もFREEMANS SPORTING CLUB BARBERを何卒宜しくお願い致します。

 

又、BARBER SHOPをお探しの方、是非お気軽にお立ち寄り下さいませ。我々一同常に新たな出会いを楽しみにしております。

 

事前のWEB予約はこちらから

⇒ http://freemanssportingclub.jp/barber_reservation/

当日予約はお電話でお願い致します。

sha

お問合せ先 :

FSC – TOKYO BARBER : 03-6805-0492

FSC – FUTAKOTAMAGAWA BARBER :  03-6805-7966

FSC – GINZA SIX BARBER : 03-6263-9925

 

 

BY YOSHIO SUYAMA