FSC MADE TO MEASURE Vol.1

FSC MADE TO MEASURE Vol.2

TAILORED SUIT ~FABRICS~ #1

 

ここ数ヶ月、FSC – TOKYOのレストランを結婚式の2次会の会場として使っていただく機会が多く、

華やかなムードが2Fのテーラールームまで伝わってきます。

 

FSC MADE TO MEASURE Vol.1でもあったように、

FSCはレストランから始まったブランドですので、私も大変嬉しく思っております。

 

IMG_6605

IMG_6593

 

 

Tailored Suit ~FABRICS~ #2は、

結婚式やパーティなどのイベント事で最高のパフォーマンスを発揮する生地のご紹介です。

 

 

~SCABAL~

まずは今シーズンからFSCでスタートしたベルギーのスキャバル。

細かな説明は以前スタッフ石川から説明させていただきました。

生地の輝きや着心地の良さなど申し分ない仕上がりで、大切な場面でも活躍間違いなしのブランドです。

 

IMG_6644

IMG_6653

IMG_6647

IMG_6669

 

ちなみにスーツをオーダーする際に必ずご覧いただく生地の見本帳、バンチブック。

このバンチブックというものを世界で初めて導入したのがスキャバル。

 

こうして私達テーラーがお客様にご覧いただいているものを作り出したブランドであると知ると改めて考えさせられます。

 

 

~DORMEUL~

IMG_6696

 

最高級服地ブランドと位置づけされているDORMEUILもまた、SCABALと同じようなシチュエーションにおすすめです。

フランスに拠点を置きながら、イギリスのハダースフィールドにある傘下の毛織物工場にて最高品質の服地を作っています。

ドーメルの言う ”domus optima domous amica 最高の品質を最高のおもてなしで”

その言葉に納得がいくエレガントで機能的な生地に仕上がっています。

 

機能的というからにはプライベートに限らず、

ビジネスにおいて、年に数回の大事な会議、プレゼン発表、などでも

ここぞという時に使用すると気が引き締まります。

 

IMG_6698

IMG_6712

ドーメル

 

 

デニムのイメージが強いFSCには、

デニムスーツをお探しになって来られるお客様も沢山いらっしゃいます。

以前ARISTONの生地でデニムスーツをオーダーし、ハワイで行った結婚式で着用してくださった顧客様。

ハワイならではのカジュアル感と結婚式というフォーマルさを上手くFSC流に表現してくださいました。

 

IMG_0082

 

~LARUSMIANI~

今季から新しくFSCで取り扱うことになったLARUSMIANI。

この中にもデニム生地をいくつかご用意してあります。

 

ラルスミアーニの特徴は多彩なコットン地。

明るい色から濃い色、

春夏にも着用できるライトなものから、重厚感のあるヘヴィーウェイトなものまで

コットンならこの一冊でしっかりとお好みの生地をご案内できます。

 

IMG_6676

IMG_6682

IMG_6686

 

 

大事な場面にこそ大切に一着をオーダーしていただきたい。

生地の特徴を活かしてその大事な場面をより良い時間にしていただきたいと思っております。

 

IMG_6595

 

 

 

 

TEXT BY ISSEI

 

 

お問い合わせ先 :

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924

 

 

instagram : freemanssportingclubjp

facebook : freemanssportingclub_jp

 

 

 

 

こんにちは。

 

9月も終わりに近づきあっという間に10月に

 

今年もあと少しっていう感じがしてきますね。

 

本日はレストランより10月からのメニュー変更のご案内をいたします。

 

190705_fsc_sp_0144

 

ランチタイムもディナータイムも味わえる

 

グランドメニューの9品をご紹介します。

 

 

 

・FSC The Burger ¥1.600-

 

190705_fsc_sp_0044

 

牛肉を100%使用した自家製のパティに、レタス、玉ねぎ、トマト、ピクルスを挟んだ、レストランの人気メニュー。

 

 

 

・FSC The Cheese Burger ¥1.700-

 

190705_fsc_sp_0092

 

FSC The Burgerにチェダーチーズをトッピングしたハンバーガー。

 

 

 

・Ezo-Jika Deer Burger ¥1.800-

 

190705_fsc_sp_0059

 

一味違うFSCを体現した、エゾ鹿100%のパティで作ったハンバーガー。

 

 

 

・Angus Beef Steak 200g/300g ¥2.400-/¥3.500-

 

190705_fsc_sp_0103

アンガス牛のリブロースをグリルしたステーキ。200gと300gでお選び頂けます。

 

当店オリジナルカクテル”ウイスキーサワー”との相性抜群です。

 

 

 

・FSC Pastrami Sandwich ¥1.800-

 

190705_fsc_sp_0098

 

マリネした鴨胸肉を低温でじっくり火入れし、オリジナルブレンドのスパイスで仕上げたパストラミを贅沢に挟んだサンドイッチ。

 

 

 

・Meatball Spaghetti ¥1.500-

 

190705_fsc_sp_0119

 

ハーブを練り込んだミートボールとスパイス香るミートソースで仕上げたミートボールスパゲッティ。

やみつきになる一品。

 

 

 

・Biscuit & Honey Mustard Chicken ¥1.400-

 

190705_fsc_sp_0022

 

鶏モモ肉を粒マスタードや蜂蜜で煮込んだハニーマスタードチキンと自家製のビスケットがセットになった一品。

 

ビスケットにはハニーマスタードソースやメイプルシロップをかけてお召し上がりください。

 

 

 

・Biscuit & Fried Chicken ¥1.400-

 

190705_fsc_sp_0014

 

自家製のビスケットとオリジナルに配合した衣でカラッと揚げたフライドチキンでボリュームも満点。

フライドチキンにもメイプルシロップをかけるとより美味しく召し上がれます。

 

 

 

・Miura Vegetables Grilled Salad ¥1.400-

 

190705_fsc_sp_0029

 

神奈川県三浦半島で潮風に吹かれ育った野菜達をふんだんに使ったサラダ。

ワインビネガーとエシャロットのドレッシングとの相性抜群です。

 

 

以上。グランドメニュー9品を紹介させていただきました。

 

 

グランドメニュー以外にもTODAY’S SPECIALでなくなり次第終了の限定メニューもお出ししております。

 

そちらもインスタグラム等で発信していきますので要チェック!!

 

 

 

 

 

アルコールもオリジナルカクテル等、種類も沢山ご用意してますので是非お楽しみください。

 

190705_fsc_sp_0219

 

 

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

TEXT BY AKIYUKI KAMADA 

お問い合わせ先 :

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO / B1 RESTAURANT 03-6805-0494

instagram : freemanssportingclubtokyo

facebook : freemanssportingclub-tokyo

 

 

 

IMGP1498

 

いつもFREEMANS SPORTING CLUBのブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

この度はようやく入荷して参りました。

F.S.C.のアイコンとも言える、刺し子のアイテムをご紹介致します。

今シーズンは定番のシングルジャケットのセットアップに加え、ダブルブレストジャケットやワンタックパンツなど待望の新作もリリース致しました。

 

刺し子はもともと500年程前に生まれた技法であり、

かつて貴重だった布地を繰り返し補修し、長く大切に使う生活の過程で発達してきました。

また厳しい寒さを凌ぐ為に防寒、補強として、衣料に刺し子をした事がその始まりとも言われております。

こう言った生活の知恵から生まれた歴史のある物作りはいつになっても惹かれてしまいます。

 

実は皆さんにも馴染みのある剣道や柔道の道着に使われている生地も刺し子という生地で、懐かしく感じる方も多くいるかと思います。

私も子供の頃、剣道少年だった事も有り、大変馴染みのある生地でございます。

あの頃に着ていた道着は汗臭く、重たくてそして何よりも辛かった思い出がありますが、今こうして洋服として出会い、好んで着ている事を不思議な縁に感じております。

今になって着てく程に体に馴染み、味が出てくる刺し子の良さに気付かされます。

道着として使われていたという事も頷けます。

 

IMG_0164

 

Style: INDIGO SASHIKO DOUBLE BREASTED JKT

Col: INDIGO

Price: ¥43,000+tax

ラペルは他では珍しいショールカラーにしており、武骨になり過ぎず、柔らかい印象となり、生地とのバランスがとれたディティールのJACKETに仕上がっております。

ポケットはパッチにしているので嫌味なく単品でラフに羽織って頂けます。

 

IMG_0139

 

Style: INDIGO SASHIKO ONE TUCK PT

Col: INDIGO

Price: ¥26,000+tax

今までにSASHIKOシリーズで何型かボトムをリリースして来ましたが、今回はワンタックテーパードでゆとりのあるシルエットに仕上げております。シルエットが綺麗に上がったのでタックインでお召し頂く事をお勧め致します。

セットアップで着用して頂くのは勿論お勧めなのですが、セパレートでコーディネートに組み込みやすい一着となっております。

 

 

fsc19awlook6

 

 

シンプルな着こなしで、生地ならではの雰囲気のあるコーディネートとなります。

またINDIGO染なので、持ち主ならではの味わい深い経年変化を楽しむ事ができます。

店頭には他にも定番のシングルジャケットやノータックパンツなどのご用意もございます。

是非店頭までお立ち寄り下さいませ。

皆様も伝統手芸をコーディネートに加えてみるのは如何でしょうか。

皆様のご来店心よりお待ちしております。

 

 

TEXT BY MOTOHARU MASUDA

 

お問い合わせ先:

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

instagram : freemanssportingclubjp

facebook : freemanssportingclub_jp

 

 

 

 

FSC MADE TO MEASURE Vol.1

FSC MADE TO MEASURE Vol.2

 

 

 

オーダースーツは生地から選んでいくことが楽しみの一つで、

この生地選びは言わずもがな、スーツの印象を一番に決めてくれるとても大事な行程です。

色柄だけでなく、着用する場面に合わせて、オーダーする生地の特徴を変えていく事も大切になってきます。

 

作られている場所やブランドによってその特徴が違いますので、

当ブログのTailored Suit ~FABRICS~では、

ビジネス、イベント、プライベートの3通りの着用シーンに合った生地のご紹介をしていきます。

 

 

mtm_banner_01

 

 

初回はビジネスシーン。

ビジネスといっても業種は様々で、内勤の方であったり営業で一日中外出し歩き回る方など、

働き方が違えば身に纏うスーツの生地も違ってくるのです。

 

例えば、

知名度が高く、スーツ生地の中で一番人気と言っても過言ではないブランド、VITALE BARBERIS CANONCO。

 

IMG_6390

 

生地の世界三大産地の一つイタリアのビエラで作られているカノニコの生地は、

軽くて柔らかい質感でとても手触りが良く、光沢や色味も綺麗に出ています。

 

このブランドはコストパフォーマンスが高いことでも有名で、

“まず初めの一着”として選んでいただいたり、着数を増やしたいという方にリピートしていただくことも多いです。

 

カノニコ

IMG_6400 (1)

IMG_6403

IMG_6408

 

メリットは先ほどお伝えした通りで、着心地の良さや見た目の高級感。

自社内で接客されるご職業等、仕立て栄えを優先される方に特に人気があります。

お取引先やお客様からも好感を持ってもらえる生地です。

 

カノニコ2IMG_6411

IMG_6417

 

またカノニコは生地のバリエーションがとても豊富で、

カジュアルに着用したいジャケットでも十分ご対応できるラインナップとなっております。

 

カノニコジャケットIMG_6419 (1)

 

しかしデメリットとしては生地のウール繊維の細さを表すSUPER 110′sという表記が

高ければ高いほど、耐久性が特段強くはないということ。

営業で外出が多い方にはあまり向いていないかもしれません。

 

 

対して、

イギリスのブランド、HARRISONS of EDINBURGH。

1863年から始まり、伝統と歴史を感じさせてくれることから長く愛されているブランドであり、

「最上級の原毛のみが、最高級の服地を作り上げる」という哲学のもと、

最上の原毛を使用し、仕上げに至るまで全ての工程に於いて妥協を排して生み出されています。

 

IMG_6389

 

このハリソンズの生地の特徴は、しっかりとした打ち込みから生まれる、ハリとコシ。

伊カノニコほど生地の柔らかさや光沢はないものの、シワになりにくく耐久性が強く仕上がっています。

 

IMG_6424IMG_6428

 

渋い魅力を出すハリソンズ。

柄物をセレクトすると落ち着きと迫力の両方を演出することができます。

 

ハリソンズハリソンズ2

IMG_6440

 

外出が多くたくさん動くご職業の方には、

このハリソンズのようにハリコシがあり、耐久性の強い生地感のスーツが向いているわけです。

 

 

オーダーというからにはお客様一人ひとりに、

サイズだけでなく、着るシーンに合わせたスーツをお作りさせていただきたいと思っております。

 

次回は結婚式やパーティーなどのイベント事に、

特に向いている生地をご紹介していきます。

 

 

現在”2019AW FSC MTM PATERN ORDER SUIT FAIR”を開催中。

 

 

 

 

TEXT BY ISSEI (instagram : @1_seki)

 

お問い合わせ先 :

FREEMANS SPORTING CLUB – TOKYO 03-6805-0490

FREEMANS SPORTING CLUB – GINZA SIX 03-6263-9924

 

instagram : freemanssportingclubjp

facebook : freemanssportingclub_jp

 

 

 

 

 

 

NYバワリー地区の裏路地でレストランから始まったFREEMANS SPORTING CLUB。

東京・青山に上陸し、早6年。

多くのお客様にご愛顧いただき、都内に二子玉川店、銀座店を出店することが出来ました。

皆様の支えがあってこそ、ここまでやってくる事が出来ました。スタッフ一同心より感謝しております。

そして新たな一歩を踏み出すべく、2019年9月20日(金)遂に大阪・心斎橋に新店舗をオープン致します。

daimarushinsaibashi

カジュアクローズ・テーラーそしてバーバーショップを併設し、アメリカントラディショナルをベースにモダンライフスタイルを提供致します。

バーバーショップの扉にはFSCのトレードマークであるバーバーストライプがペイントされ、店内はウッドを基調としたクリーン且つ暖かみのあるデザインで、本国の店舗により近い空間となっております。

190912_shinsaibash_03

新店舗オープンに伴い2019年9月20日(金)より、誠に勝手ながらFREEMANS SPORTING CLUB – BARBERの料金改定がございます。

改定後料金

内容 価格
HAIR CUT (シャンプー&スタイリングを含む) ¥6,000
FULL SET (シャンプー&シェービング&スタイリングを含む) ¥7,500
SHAMPOO ¥2,000
SHAVING ¥3,500

※ 全て税抜き価格での表記となります。
※ ウォークイン、ご予約の場合も料金は上記一律となります。

今後もより良いサービスを提供して参りますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

既存店同様、新店舗もご愛顧いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

 

FREEMANS SPORTING CLUB 大丸心斎橋店
ADDRESS
〒542-8501 大阪府大阪市中央区心斎橋筋1丁目7番1号 大丸心斎橋店 本館6F

Osaka Metro 御堂筋線 心斎橋駅(南北改札、南南改札)より地下道直結

FREEMANS SPORTING CLUB – DAIMARU SHINSAIBASHI
Daimaru Shinsaibashi Honkan 6F, 1-7-1, Shinsaibashisuji, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka

OPENING HOURS
Shop / Barber : 10:30 – 20:30

REGULAR HOLIDAY
Shop & Barber : 不定休 (大丸心斎橋店の営業時間に準じる)

 

TEXT BY YOSHIO SUYAMA